WPML vs Polylang | 無料のプラグインを選ぶタイミングは?

異なる言語でのWordpressウェブサイトを目指している方は、2つの多言語Wordpressプラグイン「WPML」と「Polylang」の詳細をご覧ください。
によって書かれています。
Polylang
Polylang 評価
4.5/5
小規模サイトにおすすめ
価格単価
99%
使いやすさ
80%
翻訳速度
90%
自動翻訳の精度
95%
速いウェブサイトのスピード
90%
文字数制限
95%
wpml-logo
WPML 評価
4.5/5
コンテンツサイトにおすすめ
価格単価
95%
使いやすさ
95%
翻訳速度
85%
自動翻訳の精度
90%
速いウェブサイトのスピード
80%
文字数制限
100%

カルロスの意見-。
WPML vs Polylang.

多言語化プラグインの中でも「Polylang」は試してみたいと思いました。

私のサイトではWPMLを使用していますが、ダミーのサイトではPolylangをインストールしました。

Polylangの大きな利点は、追加機能を得るためにはアドオンを購入しなければなりませんが、無料であることでした。

そのため、数ページ程度の小規模なWordpressサイトにはお勧めです。

最初から1セントも使わずに、時間をかけてインストールすればいいのです。

WPMLやWeglotのようなプラグインのユーザーインターフェースに比べて、最初のうちはユーザーの経験が少し古いように感じられて、少し戸惑いました。

Polylangには自動翻訳機能もありますが、そのためにはLingotekをインストールする必要があります。

10万文字までは無料ですが、手動で翻訳することもできます。

WPMLレビュー」や「Weglot vs WPML」などの他の記事でも紹介しましたが、WPMLは、テキストが多いWordpressサイトを語る上で、とても優れたプラグインです。

WPMLには文字数の制限がなく、言語の追加や削除も簡単にできます。

PolylangにはElementor用の直接のウィジェットがありませんでしたが、それに対してWPMLにはウィジェットがあります。

WPMLは最近、自動翻訳にDeeplを追加したため、自動翻訳が充実しています。

しかし、この自動翻訳を利用するには、いくつかのクレジットを購入する必要があります。

以上のように、Polylangはコンテンツの少ない小規模なウェブサイトに、WPMLはワード数の制限がなく、複数の言語を持ち、さらにRank MathやYoastなどのSEOプラグインとの相性が良いことを目的としたウェブサイトにお勧めです。

WPMLとは何ですか?

WordPress Multilingual Plugin(WPML)とは、単言語のWebサイトやブログを多言語プラットフォームに変換する役割を持つWordPressプラグインのこと。 今の時代だからこそ必要なことだと思います。

これは、ユーザーのドメインのコンテンツを40以上の言語に翻訳することができ、SEOの作業が全く損なわれないというメリットがあるため、非常に人気のあるツールです。

直感的に操作できるという特徴の他に、複数のリソースを持つことで、翻訳作業全体を容易にしています。

このプラグインを使用すると、手動翻訳だけでなく、自動翻訳も達成され、両方が並行して動作することができるので、ユーザーは彼らのコンテンツで良い仕事が行われていることを確認することができます。

多言語化プラグインでは、世界中で最も使われているのがWPMLであると認識しています。なぜなら、WPMLは何年も前に誕生したツールであり、ユーザーに最高のものだけを提供するために、定期的にアップデートが維持され続けているからです。

WPMLを利用するためには、ライセンスを購入する必要がありますが、これはブランドのプラットフォームを通じて行います。 購入後、WordPressにインストールすることができます。 このツールの価格は29米ドルからで、1年後の更新料は21米ドルに設定されています。

すでに多言語サイトを運営しているユーザーの多くが、このプラグインはレパートリーに欠かすことのできないプラグインの一つであると断言していますので、このプラグインを放置せずに、その利点や効果が自分のドメインにも適応されるかどうかをテストしてみるとよいでしょう。

WPML機能

誰にとっても、多言語のウェブサイトを構成することは頭の痛い問題です。

しかし、WPMLの機能は、その作業をはるかに容易にする役割を担っています。というのも、WPMLには多くの機能性と利点があり、これらがツール全般に与えているからです。

今回のWPMLレビューでは、そのメリットとデメリットをご紹介します。

WPMLの利点

SEO対策が可能です。

翻訳された後のウェブサイトの構造は、やはりテクニカルSEOと呼ばれるものと連携しています。 さらに、これだけでは物足りないと感じた場合は、コンテンツを完全にコントロールすることができるので、あなたが考えている他の詳細を最適化することができます。

テーマとの親和性も高い。

WordPressの強みのひとつは、テーマの種類が豊富で、しかも増え続けることだというのは皆さんご存知のとおりです。 WPMLの互換性は非常に広いので、大多数のものとは完璧に相性が良いでしょう。

また、プラグインとの互換性も高い。

このプラグインの新バージョンは頻繁に承認されているので、テーマを使用しているときに違いが生じることはありません。 しかし、もう一つの強みは、最も使用されているプラグインと完全に互換性があるということです。 Rankmath, Yoast, Woo commerce , Contact Form 7 などがそうです。

トランスレーションの観点から最適な管理を行います。

これは、自動翻訳だけに頼るのではなく、手動で細部を作り込んでいくことができる翻訳プラグインだからこそ実現できたことです。

このツールは、翻訳者のネットワークにアクセスすることができます。

また、翻訳者がいない場合には、翻訳者を探すことができるネットワークも用意されています。 これは、自分のプロジェクトに嫉妬して、誰にも預けたくないという人には最適です。 オプションのカタログがツールによって付与されているという事実は、彼らが言語だけでなく、WPMLがどのように機能するかを知っているだろうということを物語っています。

WPMLのデメリット

ウェブサイトが遅くなる。

データベースに余分なテーブルを作成するため、WordPressのウェブサイトの管理が遅くなることがありますが、パフォーマンスは向上しています。

手動翻訳は時間がかかります。

自分で翻訳すると、時間がかかってしまいます。 Deeplで自動翻訳を追加していますが、まだ時間がかかりそうです。

アンインストールすると、WordPressが乱れる可能性があります。

何らかの理由でWPMLプラグインを停止またはアンインストールした場合、WordPress環境に重複したページや投稿が残っている可能性があります。

WPMLの価格

WPMLの価格は、年間プランに基づいています。

ここでは、WPMLの料金プランをご紹介します。

Multilingual Blog

$ 29
/ 年間
  • 投稿、ページ、カスタムタイプの翻訳
  • タグ、カテゴリー、カスタムタクソノミーの翻訳
  • WordPressのメニューを翻訳する
  • 1 登録可能なウェブサイト
  • 1年間の無料アップデート
  • リニューアル1年 $21

Multilingual CMS

$ 79
/ 年間
  • 多言語ブログ機能
  • ウィジェットの翻訳
  • テーマやプラグインの管理画面でテキストを翻訳
  • 異なる言語での添付ファイルの管理
  • 3 登録できるウェブサイト
  • 1年間の無料アップデート
  • リニューアル1年 $59

Multilingual Agency

$ 159
/ 年間
  • 多言語CMSの特徴
  • 登録できるウェブサイト数は無制限
  • 1年間の無料アップデート
  • リニューアル1年 $119

WPMLを使うべきか使わないべきか?

このWPMLレビューでも推奨されているように、WPMLは、翻訳すべきWordpressのコンテンツが豊富にある場合に使用するべきです。

WPMLにDeeplが搭載されたことで、より早く、より質の高い翻訳ができるようになったのがメリットです。

しかし、それと同様に、WooCommerceを使った商用面に重点を置いたWordPressサイトをお持ちの方には、Weglotの方が、間にバグが発生するリスクを減らすことができるのでおすすめです。

ここでは、WPMLで考慮すべき点をご紹介します。

WordPressの管理画面には、すでに翻訳エディタが組み込まれています。

充実した言語ディレクトリを持っているので、好きな言語を制限なく選択することができます。

翻訳マネージャや商品・ページの投稿から直接言語ファイルを作成・更新することができます。

WPMLでは翻訳をより細かくコントロールすることができ、WordPressウェブサイトの翻訳を自分でコントロールできるようになります。

何を翻訳するか、何を翻訳しないかは自分で決めることができます。

多くの翻訳プラグインと同様に、長所と短所がありますが、WPMLについてで述べたように、大量のコンテンツ翻訳を目指すのであれば、ぜひ使ってみてください。

ぜひ試してみてください。

Polylangとは?

もし、あなたが無料ユーザーで、あなたのウェブサイトで収入を得ることができるときに有料版にアクセスする可能性を提供する代替手段を探しているなら、Polylangはあなたの理想的な翻訳者のプラグインです。

Polylangには100種類以上のターゲット言語があり、そのすべてを手動または自動で翻訳する必要がありますが、PolylangにLingotekサービスを追加することで、多くのプロの翻訳者がサポートしてくれます。

Polylangプラグインは人力翻訳で使用するため、ウェブサイト上で翻訳したい内容をすべてコントロールすることができ、システムの機能や文章を翻訳することもできます。 Polylangには、無料で使える基本機能と、そのプレミアム機能があります。

プロバージョンでは、エントリーやページを複製してお好みの言語に翻訳したり、お好みで言語を無効にしたり有効にしたりすることができ、機能も充実しています。

そしてもちろん、プレミアム品質のテクニカルサポートでは、できるだけ早く対応させていただきますが、1つのドメインに対してわずか99ユーロです。

Polylangでは、Wordpressのプラグインダッシュボードから直接プラグインをダウンロードするだけで簡単に始めることができます。

Polylangの特徴。

Polylangのインストールに成功したら、あなたのウェブサイトの翻訳が完了していることに気づくでしょう。

ボタンやタブ、メニューなど、ウェブサイトが持つすべてのテキストが簡単に翻訳されます。

ウェブサイトのURLを、それぞれの言語の好みに合わせてプログラムすることができます。

経験豊富な開発者に依頼すれば、さまざまな言語に対応した画像を作成することができます。

また、自動翻訳を実現することもできますが、必ずしも正確ではありません。

また、マニュアルのみの翻訳では、すべての言語に必要な項目を作成し、言語セレクターで調整する必要があります。

多くの機能が不足していると考えていますが、さらに長くならないように、詳細はWordPress Polylangのウェブサイトをご覧ください。

Polylangの利点。

多くのオプションがあります。

Polylangは、WordPressのために作られた最も完成度の高いプラグインの一つです。 また、同じ特徴を持つ有料の他のプラグインとの違いもあまりありません。

簡単に使える。

インストールは簡単で、設定も非常に直感的です。

時間を節約できる。

少ない時間で連鎖的な翻訳ができます。

Polylangのデメリット。

あなたは統合に問題があります。

Polylangは、WordPress用に開発されたほとんどのプラグインやテーマと100%の互換性はありません。

Polylangを使うべきか使わないべきか?

もしあなたが小さなウェブサイトを運営していて、数ページだけを翻訳しなければならないのであれば、Polylangのようなプラグインを導入するだけでも価値があるでしょう。

Polylangを使えば、翻訳は簡単です。

しかし、より多くの機能をWordpressウェブサイト内で翻訳することを目的としているのであれば、追加のアドオンを購入するべきです。

小さなウェブサイトをお持ちの方は使ってみてください。

前述のように、コンテンツ重視のウェブサイトをお持ちの場合は、WPMLがお勧めです。

Polylangや、Gtranslateは小さなウェブサイト用のプラグインです。

また、Woocommerceのストアをお持ちの方は、Weglotを検討してみてください。

Face to Face

WPMLとPolylangの価格比較。

WPMLとPolylangの比較をしてきましたが、ここでは価格を比較してグラフで示しています。

WPMLの価格は米ドルで、Polylangはユーロで表示されます。

なお、Polylangの価格は1つのWebサイトに対するものであり、より多くのWebサイトのライセンスをご希望の場合は、より高いプランをお選びいただく必要があります。

WPMLの場合、プランを増やすとウェブサイトの数も増えていきます。

多言語ブログは1サイト、CMSは3サイト、エージェンシーは無制限のサイトが対象となります。

したがって、その場合、ロングランでも、ウェブサイトの数でも、WPMLの方がPolylangよりも安くなります。

WPMLの多言語CMSプランの3つのウェブサイトを正規の価格で割ると、ウェブサイトの1年間のライセンス価格は26.33ドルになります。

多言語対応Wordpressの詳細はこちら