Carlos-barraza-logo-50

異文化間マネジメントとは何か、なぜ重要なのか。

異文化間マネジメントについて、そしてそれがあなたにどのような利益をもたらすのか、もっと詳しく知ってください。

異文化間マネジメントとは
によって書かれています。
目次を見る

異文化間マネジメントとは?

異文化間マネジメントは、各国の文化や異なる組織文化を持つ従業員の相互作用を明示的に検討しようとするものである。

理論家は、文化の特徴的な行動を記述し、比較することで、誤解を減らし、より良いコラボレーションやビジネスの生産性向上に貢献することを目指しています。

その中で、異文化マネジメントは、マネジメントとして捉えられています。 異なる文化の存在を知ることができるフォーム、異なるビジネス機能のパフォーマンスで、これらの作物の価値を統合し、全体的な戦略的な命令と文化的に敏感を取って組み合わせるために。

Hanan Gouda

世界がテクノロジーでつながり、異文化間のコミュニケーションやコラボレーションが盛んになるにつれ、組織は多様性を管理する機会に直面しています。

異文化マネジメントは、異なる人や集団の間に存在する違いを認識し、その違いから望ましい結果を導き出すものである。

特に国際的なビジネスでは、そのDNAに内在する文化的多様性を、異文化マネジメントのスキルによって適切に管理する必要があります。

休憩時間に楽しむ異文化交流の若い仲間たち
正装した異文化間金融の若手グループ

なぜ異文化間マネジメントが重要なのか?

異文化マネジメントの重要性は、私たちが皆同じように考えているわけではないことを理解した瞬間から生まれます。 同じ国の人であっても、教育や育ち方、知る環境などによって、植えつけられた価値観が異なることがあります。

それに加えて、組織の中に異文化の人が多くいる可能性があるとすれば、担当者のビジョンを超えることが許されないという壁が立ちはだかることになります。 そして、これは非常に深刻な問題になりかねません。

どのような組織においても、最も重要なことは、誰もがプロセスの重要な一部であると感じ、会社の価値を理解し、同じ目標に向かって日々仕事を充実させることができる職場環境を作ることであると心に留めておくことです。

これは、新しい市場に製品やサービスを拡大するために本社から移転する際に、多くの企業が経験する可能性のある問題でもあります。 これが、コンフォートゾーンの外に自分を位置づけることができない大きな問題の一つである。

文化経営は、新しいターゲットに向けて製品やサービスを発売する際に、中身を理解するだけでなく、外で何が起こり得るかを理解するために働くことを心に留めておいてください。 そうすることで、拒絶反応を起こして破滅するようなことを避けることができるのです。

また、目標を他国に向ける場合、その国の価値観を尊重し、文化を高め、融合することができなければ、生み出されるのは、住民の拒絶反応です。なぜなら、住民は、あなたが提供するものに適応しなければならないという実感ではなく、あなたが彼らと混ざり合っていることを本当に欲しているからです。

異文化間マネジメントのメリット

このコンセプトをもう少し理解していただくために、異文化間マネジメントの一連の利点についてお話します。

以下の点に注意してください。

1.人材争奪戦に勝つための重要な要素である。

今日、私たちは企業をそのありのままの姿、つまり文化的、社会的に広い範囲で見なければならず、そのために人材獲得競争はますます複雑になり、基本的な技術スキルの知識を問うだけで十分になっているのです。

市場にとっては、広く複雑な文化的背景を持つ人物は魅力的に映るのである。

これは、持続的な発展の基礎を作る包括的かつグローバルなビジョンを持つ必要性を認識し、新しい時代の課題に立ち向かうためのものです。

2.多様性=イノベーション

変化を受け入れることは、変革やイノベーションへの窓を開くことでもあるのです。

現在の環境では、パラダイムの再定義、新しいアイデア、企業の競争優位性を再発明する開かれた職場が求められています。

なぜなら、違いを活用することで、ワークチーム間のコラボレーションが促進され、複雑なだけでなく、革新的な解決策に到達する窓が開かれるからです。

3.多様性は、分けるだけでなく、加えるもの

視点の違いを受け入れれば、既成概念にとらわれないアイデアや解決策を導き出すことができます。

文化の違いによる対立があることは承知していますが、共通点に向かって団結すれば、すべては救われるのです。

異文化間マネジメントは、いくつかの違いが何を損ねるかよりも、どのようなシナジー効果を生み出せるかに焦点を当てようとするものです。

シンプルなWin-Winの思考に視点を移すことが狙いです。

異文化交流代表者

企業における異文化マネジメントとは?

経済のグローバル化に伴い、企業の内部組織にも重要な影響を及ぼす結果を見出すことができます。

また、国際的に活躍している企業だけでなく、ローカル市場で事業を展開している中小企業でも同様です。

その結果、新しいグローバルなトレンドに対応するために、組織構造を変えなければならなくなったのです。

このように多くの組織で起きている多文化主義では、人事と管理者の間に存在しうる価値観の違いによって、内部機能に一群の摩擦が生じる可能性があります。

そこで、企業の規模や範囲にかかわらず、働く人々の理解を深めるためのマネジメントのアプローチとして、「異文化間マネジメント」が注目されています。

この直接的な結果として、私たちは異なる文化的価値観の理解を促進し、ある文化と他の文化の間に存在する可能性のある異なる慣習や仕事の方法に対する解決策を提案することになります。

企業における異文化マネジメントとは何か、そして、それが成功への道筋をつけるものであることを理解していただくことが重要です。

だからこそ、押しつけや変えようとするのではなく、「含む」「受け入れる」「尊重する」ということを常に念頭に置いておく必要があります。

5 異文化間マネジメントスキル

異文化対応力の記事で定義したように、組織における異文化マネジメントに役立つマネジメントスキルは5つあります。

ここでは、異文化間マネジメントスキルについて簡単に触れました。

1.数ヶ国語を話す

シニアレベルの管理職は、特に国際的なビジネスにおいて、複数の言語を知っておく必要があります。

しかし、すでに複数の国に進出している企業では、共通の言語でうまく対話できることが、効果的な異文化間コミュニケーションのために必要です。

英語はWorldWideでビジネスをするためのベース言語と言えますが、それでもビジネスは世界中にあるので、言語も違ってきます。

経営者や事業主は、特に顧客の母国語を扱う場合、異なる言語を話すことによって異文化間能力を向上させることができます。

2.オープンマインド

異文化間ビジネスマネジメントには、文化の違いによるオープンマインドが必要です。

習慣や行動は国によって異なるため、企業は自分たちのやり方を他の地域に完全に押し付けることができないことを理解しなければなりません。

問題解決のためのオープンマインドを持つことは、ビジネスにおいてオペレーションを改善するための代替案を見つけることにつながります。

3.共感、寛容、尊重

共感、寛容、尊重といった異文化マネジメントのスキルを持つことは、管理職が異文化とどのように仕事をするかを理解するのに役立ちます。

もちろん、経営者は優秀な社員を好むでしょうが、違いを認め、それを尊重することで、適切な異文化コミュニケーションのためのより良い雰囲気が生まれるのです。

4.文化認識

事業部が本社から海外に進出する場合、進出先の文化を勉強する必要があります。

外国で普通に生活している日常こそ、制度や文化の仕組みを理解することで、異文化マネジメント能力が向上するのです。

異文化の中で時間が経過すればするほど、特に相手が自分の言葉を話さない場合は、異文化間コミュニケーション能力の向上を余儀なくされる。

また、言語構造には、文化がどのようにつくられるかが書かれていた。

5.クリティカルシンキング

異文化マネジメントスキルのうち、クリティカルシンキングは、国際ビジネスの周辺で起こる状況を特定し、評価、分析、解釈できるようにするために必要なスキルです。

クリティカルシンキングは、国際的な文脈の中で適切な判断を下し、より良い異文化マネジメントを行うための異文化コンピテンシーをサポートします。

プロフェッショナル・キャリアの詳細