国際的なSEOのためのURLスラッグの翻訳

国際的なSEO対策のためにURL Slugを翻訳したいとお考えの方には、最適な場所です。

この記事では、それに役立つ方法をご紹介します。

国際化のための翻訳-url-slug
によって書かれています。

目次を見る

国際的なSEOのためのWordPress戦略の第一歩

国際的なSEO対策を始めようとすると、プラグインや多言語ツールをWebサイトに導入するだけで、自動的に翻訳されるため、他の言語でのSEO対策などはすでに最適化されていると考える人もいるかもしれません。

実際にはそうではなく、以下の点に注意して正しく行い、エラーを発生させて少しずつSEOやウェブ全体にダメージを与えないようにする必要があります。

このことについては、すでに前回のポイントで説明しましたが、その重要性を明確にするために繰り返し説明します。私のウェブサイトをSEOに対応させるためには、少なくとも15%の他言語からのトラフィックが必要です。

そのためには、Search Consoleなどを使って、どこからトラフィックが来ているのかを確認し、その上でリテンションがほとんどない場合には、何が問題なのかを知ることができます。

それはテーマとはあまり関係なく、どんなテーマでも異なる言語に翻訳したり、適応させたりすることができます。しかし、それは時間とお金のかかる作業であり、リスクを冒したくはありません。

この条件が満たされれば、次のステップに進むことができます。数あるWordPress翻訳プラグインの中から、お気に入りのプラグインを選びます。

これは、WordPressを使用している場合に考慮しなければならないステップです。

SEOプラグインを導入することをお勧めします。

YoastよりもRankmathの方が、スキーママークアップなどの機能が追加されているのでおすすめです。

Rankmathは、翻訳をはじめとする多くのWordPressプラグインと互換性があります。

Rankmathを使えば、最終的にURLやメタデータを翻訳し、コンテンツを分析することができます。

Seo

ワードプレス翻訳プラグインの選択

現在、SEOに対応した多言語ウェブサイトを翻訳するための無料・有料のプラグインやオプションが多数提供されていますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

現在、最も優れた選択肢はWPMLとWeglotの2つです。

WPMLは、Deeplで作られた自動翻訳だけでなく、より詳細な翻訳のコントロールが可能です。一方、Weglotは、非常に効率的で高速な翻訳を提供する翻訳プラグインです。

また、翻訳者を雇って、あなたが発信したい内容よりも安全な方法でウェブサイトを作り直すこともできます。これらのプラグインには、文法やスペルのミスがあったり、実際のコンテンツのローカライズが行われていない場合があるからです。

しかし、小規模なウェブサイトや、新しい言語でウェブサイトを更新する前に最後の修正を行うような場合にしか実行できません。

それは、あなたが下す最高の決断のひとつになるかもしれません。

これらのプラグインは、MetaData、HREF Canonical Tags、URL Slugsなどの重要な情報を翻訳するのに役立ちます。

WPMLでは、プラグインを購入した時点でURL Slugを翻訳することができますが、Weglotでは、URL Slugを翻訳する機能を持つためには、Avancedプランが必要です。

WPML対Weglotで述べたように、それはあなたのニーズに依存しますが、あなたの翻訳でより多くの制御をしたい場合は、WPMLはオプションになりますが、あなたは時間を節約したい場合は、Weglotはより良いWordpressの翻訳プラグインです。

詳しくはWeglot ReviewWPML Reviewの記事をご覧ください。

WeglotによるURLスラッグの翻訳

WeglotをWordpressの翻訳プラグインとして使用している場合は、Advancedプランを利用する必要があります。

翻訳」タブを開き、「URL Slugs」を選択するだけです。

translate-url-slug-weglot

翻訳エリアに移動したら、URL Slugを希望のキーワードに簡単に翻訳することができます。

translate-url-slug-weglot-example-1

WPMLでURLスラッグを翻訳

WordPressのWPMLプラグインを使ってURL Slugを翻訳するには、まず「設定」タブで「ページのURLを翻訳する」というオプションを設定する必要があります。

タイトルから自動生成することもできますが、これはあまりお勧めできません。なぜなら、他の言語で狙うべき正確なキーワードではないからです。

translate-url-slug-wpml-setup

その後、URLスラッグを翻訳したい投稿やページに移動し、翻訳マネージャから適切な変更を行えばよいのです。

保存すると、URLスラッグが希望の言語に翻訳されているのがわかります。

translate-url-slug-wpml-advanced-translation

よくあるご質問
URLスラッグの翻訳について

WordPressでURL Slugを翻訳するには、WeglotやWPMLなどの多言語プラグインを使用する必要があります。

適切な設定エリアに移動して、URLスラッグの翻訳を利用できるように設定する必要があります。

Weglotの場合はAdvancedプランで、WPMLの場合はMultilingual CMSプランで行うことができます。

国際的なSEO戦略を目指しているのであれば、URLスラッグを目的の言語に翻訳することも考慮しなければなりませんし、適切な文脈の検索を狙うために国際的なキーワード調査も考慮しなければなりません。

多言語SEOとは、ウェブサイトを異なる言語で最適化することにより、国際的なウェブサイトのトラフィックを生み出すことを目的としています。

多言語対応Wordpressの詳細はこちら