Carlos-barraza-logo-50

職業倫理とは何か、なぜそれが重要なのか。

職業倫理とは何か、なぜそれが重要なのか
によって書かれています。

職業倫理が重要なのは、プロがプロとして関係する人々に対してどのように行動するか、一連のルールをプロに指示するからです。

哲学的な観点から言えば、倫理は道徳と関係があり、善悪の意味での人の行動の仕方に関係があります。

この記事では、職業倫理について、倫理の種類、職業倫理の特徴、職業倫理の根拠となる原則、職業倫理が重要である理由をお知らせします。

職業倫理とは?

仕事に対する姿勢

職業倫理とは、専門家の行動や行為を規定するすべての道徳的基準によって構成されています。 なお、これらのルールは、職業によって異なるかもしれませんが、常に原則や価値観に基づいていることは言うまでもありません。

また、プロフェッショナル、モラル、エシックスを概念化することも適切である。


プロフェッショナル
. 一般的には、学位を取得した大卒者で、能力と応用力を持って職業を遂行している人を指す。


モラル
. この言葉は、その人の社会生活や個人生活において、この行動を善と悪、あるいは善と悪に関連づけて考える行動様式のことを指します。

倫理。倫理とは、個人、社会、職業など、その人が成長する環境において、その人の行動の基礎となる道徳的規範を指します。 倫理学は、メタ倫理、規範、応用の3つの枝やタイプに分けられます。

職業倫理は応用型であり、論争の的となる問題を道徳的観点から取り扱う。

職業倫理はなぜ重要なのか?

同僚の話を聞く同僚

職業倫理が重要なのは、道徳的な行動基準に基づいて組織を作るために役立つからです。

職業倫理が重要である理由はいくつかあります。

職業倫理の一般的な特徴

職業倫理には一般的な特徴があり、そこからさらに具体的な特徴を導き出すことができます。

それは道徳と関係があります。

職業倫理は、人間のパフォーマンスを秩序立ててルールのもとに維持したいという衝動から生まれます。

職業倫理は、専門家が提供するサービスを支え、改善することを目的としています。

職業の道徳的な正しさを追求するものです。

職業倫理は、職業がそれぞれの社会で確立されたポジティブな道筋に沿っていることを確認しようとするものです。

職業倫理とは、価値観の遵守を意味します。

プロが実践している美徳を紹介しています。

職業倫理の原則

職業倫理は、利得、自律、非利得、正義の原則に基づいています。

恩恵の原則

その基盤となるのは、財や美徳であり、プロフェッショナルの行動は、サービスを依頼する人や社会一般に対して好ましい行動を維持することを目的としています。

自律性の原則。

それは、自由を尊重し、プロフェッショナルとクライアントとの関係において、バランスと公平性を追求することであり、利益相反がなく、倫理的にも問題がないようにすることです。

非マレフィセンスの原則

これは、危害を加える可能性のある行為を一切行わないことに基づいており、専門家は自分が扱う人々をいかなる形でも傷つけない義務を負っています。

正義の原則。

それは、職業の社会的感覚に基づいており、共通の利益、尊厳ある生活、正義と公平の確立を求める職業のコミットメントを追求しています。

職業倫理の種類

職業倫理とは、職業人の行動を規制する原則や基準のことですが、職業倫理にはいくつかの種類があり、それぞれが職業に関連しています。 その中でも、特に関連性の高いものを紹介します。

職業倫理規定

専門家の行動指針となる倫理原則は、個人の業務分野によって異なるため、万能の倫理規定は存在しません。

しかし、正直さ、誠実さ、他者への敬意など、すべての専門家が守るべき一般的な倫理原則があります。

さらに、専門家は常にクライアントや患者の利益を第一に考え、利益相反を回避する必要があります。

懲戒倫理基準の枠組みは、組織が定めなければなりません。

その職業に従事する者の行動規範・倫理規範に従うことが義務づけられることになる。

倫理規範を持つ目的は、倫理的な意思決定プロセスにおける疑念を減らすことです。

さらに、業界を問わず、プロフェッショナルは企業の誠実さと評判を維持しなければなりません。

倫理規定があれば、従業員の行動を完全に保証することはできないかもしれませんが、最低限の倫理的行動を規定することで、苦情や機密情報漏洩、企業イメージを損なうような倫理的問題を減らす、あるいは排除することが期待されます。

より高い職業倫理を身につけるには?

プロフェッショナルは、倫理的な手続きとそれを業務に適用する方法を学ぶことができます。

より高い職業倫理は、教育・訓練によって身につけることができます。

倫理基準における専門的な行動を身につける方法としては、倫理に関する講座やワークショップを受講したり、専門会議に出席したり、専門誌を読んだりすることが考えられます。

また、職場でプロ意識を持って倫理的責任を果たしているメンター、上司、ロールモデルを探すこともできます。

また、倫理的ジレンマへの対応や関連する法律についての指導も受けることができます。

さらに、組織は、従業員に対して明確な期待を示し、従業員が倫理的な判断を下すのに役立つリソースを提供することで、倫理的な文化を作り出すことができます。

職業倫理は意思決定にどのような影響を与えるのか?

倫理的なジレンマに直面したとき、専門家は倫理原則を考慮し、道徳的価値観と専門家としての義務に沿った、十分な情報に基づいた決断を下すことが求められます。 倫理的な意思決定には、利害関係者や社会全体に対する行動の潜在的な結果を評価することが含まれる。

専門家としての義務と倫理的配慮のバランスを取るには、意思決定プロセスにおいて倫理基準と誠実さを優先させる必要がある。 利益相反に対処し、透明性を維持することは、職業倫理を守るために不可欠な側面である。

職業倫理は、個人の職業上の選択に影響を与えるものであり、仕事のあらゆる側面における倫理的行動と責任ある意思決定の重要性を強調する。

プロフェッショナルな場における一般的な倫理原則にはどのようなものがありますか?

守秘義務は専門家としての実践における基本的な倫理原則であり、機密情報を守り、クライアントのプライバシーを尊重することの重要性を強調している。 守秘義務を守ることは、信頼を築き、専門的なサービスを求める個人の利益を守ることになる。

プロフェッショナルは、あらゆる努力において卓越性を追求し、プロとしての誠実さを維持することが期待されている。 この卓越性へのコミットメントには、継続的な学習、倫理的ガイドラインの遵守、各分野における高いレベルの能力の発揮が含まれる。

個人の尊厳を守ることは、専門家が守らなければならない倫理的義務である。 顧客と同僚の自主性と権利を尊重することは、相互尊重の文化を育み、協力的で包括的な職場環境を促進する。

プロフェッショナルとしての実践において、倫理的課題をどのように乗り越えるべきか?

倫理的意思決定の枠組みを確立することは、専門家が倫理的課題を効果的に乗り越えるために不可欠である。 この枠組みは、倫理原則、倫理規定、専門職における倫理的行動のガイドラインを包含するものでなければならない。

あらゆる行動において倫理的配慮を怠らないことは、職業人としての誠実さを維持し、倫理的責任を果たす上で極めて重要である。 プロフェッショナルは、自らの決断がステークホルダーや社会に与える影響に留意し、自らの行動が倫理基準に合致するようにしなければならない。

倫理的ジレンマに直面した場合、専門家は確立されたガイドラインを参照し、職業倫理に関する関連委員会に助言を求めることができる。 倫理的な課題に対処するには、倫理的価値観と原則を優先させた、熟慮に熟慮を重ねたアプローチが必要です。

職業倫理の遵守の例

ビジネスマンが働く会議

職業倫理の遵守は、以下の場合に明らかになります。

結論として、あらゆる分野の専門家は、他の人間に対して自発的に悪いことをしないという原則のもとに行動し、集団の発展や社会福祉に貢献することで倫理を遵守しなければならないため、倫理と職業には密接な関係があります。

リファレンス
プロフェッショナル・キャリアの詳細
目次を見る