Carlos-barraza-logo-50

個人の成長・発展目標17例

個人の成長・発展目標例
によって書かれています。

それは、私たちを人間たらしめるものであり、より良い、より完全な人間へと進化させ、より多くの知識、知覚、アクティブリスニング、コントロール、能力、目標達成などを持たせるものです。

この記事では、最初の一歩を踏み出すために役立つ、自己の成長・育成目標の17の例を学びます。

まず、自分が成長したい、向上させたい分野は何かと自問する

個人の成長・育成目標を複数持つことは許されますが、設定した目的・目標を達成するために、より早く成長・向上しなければならない分野に優先順位をつけて、意識的・秩序的に行動することが必要です。

この利点は、多くの場合、自己開発目標を設定するために時間をかけ、目標に向かってステップを踏み始めると、別の意味で自分の習慣や側面を改善することにもなることです。

そして、成長目標と育成目標の例でもわかるように、目標と人生の目標が交差しているものがあり、それらの調和やバランスをとることができたとき、目標を達成する成長マインドに向かって前進していると言えるのでしょう。

私たちは、さまざまな分野における個人の成長・発展目標をいくつか選び、あなたが最も身近な目標は何か、あるいは自分でそれを発見できるようなインスピレーションを得られるようなものにしました。

知的目標

1.追加学位または修士号取得のための学習

多くの人は、高校卒業資格、中学卒業資格、高等専門学校卒業資格を取得することで勉強が終わると思っていますが、実際には、学びの世界にとどまることなく、プロとして成長し発展する可能性がたくさんあるのです。

例えば、すでに勉強したキャリアの専門性を高める役割を果たす修士号は必ず存在するはずです。

また、卒業した後、何か別のことを学ぶ必要があると感じたとしても、ゼロから新しいキャリアを勉強するのに年齢は関係ありません。

学位を取得するために必要なのは、専門的な開発目標に向けて努力することです。

2.新しいスキルを身につける

知的目標と混在させることができる個人的な成長・発展目標のもう一つの例は、新しいスキルの習得です。

通常、このような取り組みは、子供や青年のときに身につけるものですが、好きな個人的なスキルの適性を伸ばすには、いつでも良い時期なのです。

もっとわかりやすい例で言えば、好きな楽器を弾けるようになりたい、好きなら歌えるようになりたいと提案することです。

チェスをちゃんとできるようになるとか、プロとして絵を描けるようになるとか。

写真の世界にも興味があるなら、手を出してみるのもいいでしょう。

新しいスキルを身につけるという設定は、私生活を豊かにし、自分のコンフォートゾーン以外の領域で自分を動かせるようになるための目標設定でもあります。

3.ディプロマコースを受講する

通常、ディプロマコースは少し時間がかかりますが、やる気があって自分のキャリアに愛着がある人にとっては、もう一つのステップアップになります。

そしてもちろん、その分野でさらに地位を確立するために、もっとたくさんの知識を得たいと考えている人。

現在では、ディプロマ・コース(例えば、オンライン・モダリティ)の設備が整っているので、成長意欲のある人なら誰でも自分に合った学習方法を見つけることができ、それによって新しい目標に到達し、知性をもう少し発達させることができるのです。

4.語学の勉強

語学の勉強は、常に専門的な視点から見られるものですが、自己啓発を達成するための目標ともいえます。

新しい言語を習得することで、多くの扉が開かれるのは事実ですが、物事はそれだけにとどまりません。

新しい言語を学ぶことは、その国の文化に浸ることでもあり、今まで知らなかった習慣や表現方法、交流の仕方などを学び、日常生活に生かすことができます。

また、言語そのものだけでなく、ボディランゲージのノンバーバルコミュニケーションも海外では異なります。

脳に少しづつ知識を与えているのですね。

新しい言語を学ぶことは、新しい文化との交流の機会を広げ、異文化コミュニケーションによって、他の国がどのように問題を解決し、解決策を見出すかを学ぶことで、自己啓発もできます。

財務目標

5.パーソナルファイナンスプランの策定

月末になり、何にお金を使ったのか全く分からなくなったときに、パーソナル・ファイナンス・プランの重要性を実感します。

パーソナルファイナンスプランを作ることを学ぶと、より組織化された人間になります。

必要なものだけでなく、楽しみのあるものにもお金を配分し、さらに、常に貯蓄のための何かを残すように支出を整理することができるようになるのです。

個人の財務に関してもSMARTな目標を設定することで、キャッシュマネジメントに積極的になり、きちんと管理できないことで生じるストレスを軽減するためにも、重要な個人スキルとして身につけなければなりません。

6.より高い給料で新しいポジションに就く

また、自己の成長・発展の目標の例として、より高い給料で新しいポジションに就くことが挙げられます。

そしてこれは、例えば修士や博士の学位を取得する、新しい言語を学ぶなど、他のものと混在させることができるものです。

あなたが探しているものは、あなたの給料の改善を得ることができる新しい仕事の基準に達するような方法で、あなたの専門的な開発目標です。

もちろん、それは仕事上だけでなく、経済的、心理的にも役立つことでしょう。

人生の目標の一つとして会社勤めをすることを決めた人は、成長するためのマインドセットと、会社で前進するためのコンフリクト解消スキルを身につけることが必要です。

7.アントレプレナーシップ

起業家になることは、今日、多くの人々の個人的な目標の1つであるように思われるかもしれません。

しかし、新規事業を成功させるために必要なことを考えると、やはり少しパニックになる活動ではあります。

起業は、自分が引き受けたい分野で、プロとして成長し、日々新しいことを学び、プロジェクトとともに進化していくことが求められるので、これはまさに好例と言えるでしょう。

個人的な満足感や、それによって生まれる強さ、自信はさておき。

健康目標

8.より元気になった気がする

自己啓発や成長というものの中では、こういう個人的な目標が重要であり、元気が出るというのもそうです。

それはあなたがいくつかの他の人を達成するために必要なものを行うことができることを依存するこの要因であるため。

それを達成するつもりで、宿題を決まった時間にすべて用意する、夕食を決まった時間にとる、日中は寝ない、夜もう少し寝るようにする、さらには日中もっと疲れる活動をする、などのミニ目標を設定することができます。

元気を出すためには、いくつかの基本的なことに気を配ることが大切です。

私たちが推奨するのは、早朝に少なくとも15分間日光に当たることで、これは主に免疫システムを強化するのに不可欠なビタミンDの摂取に重点を置いています。

また、ジュース療法は、さまざまな果物や野菜を組み合わせて食べることで、1日の始まりに最適な方法となります。 そうすることで、体に必要な栄養素を適切に摂取することができます。

それと同様に、睡眠も大切にしてください。 眠る時間の2時間前までに電子機器の電源を切り、いつもより早く眠るようにしましょう。

目標を達成するためには、日々治癒に専念できる体が必要であり、個人的に大きな目標を目指すのであれば、体のケアは非常に重要です。

9.体重減少

私たちが設定することができる最も個人的な目標の中で、我々はそれがこのケースでは、健康などのさまざまな要因に基づいて必要であることを決定することができ、この1を見つけることができます。

そして、人によっては、それを実現するのが最も複雑なことのひとつかもしれません。

体重を減らすつもりで、習慣を改善することに関係するミニ目標を持つことができます。

例えば、食生活を改善する、1日に数分~数時間運動をする、水分を多く摂る、よく寝るなど、目標達成に役立つ行動なら何でもOKです。

また、太りすぎの背景には心理的な側面もあります。

運動や食事制限をやりすぎている人は、その逆を試してみて、希望の体重になることを妨げている根本的な原因を見つけるために、メンタル面も鍛えてみてください。

10.持病が治った

医療は予測できないことが多いので、この設定は不要と思われる方も多いかもしれません。

しかし、種類に関係なく、慢性疾患を経験する際に最も重要なのは、個人の成長・発展目標の例の一つです。

治療をするにしても、食生活を改善して健康になる、睡眠時間を増やして体を休める、といった小さな目標を設定し、それを達成することで健康を増進させるという大きな目標を常に意識することができます。

橋本甲状腺炎でも触れましたが、自己免疫疾患の中には、バランスを回復するためにホリスティックなアプローチが必要なものがあります。

目標を設定することは大切ですが、慢性疾患の場合は、厳密な秩序を確立し、最初に自分を落ち込ませたものに対して境界線を引いてNOと言えるようになることが肝要です。

自分の成長目標のひとつは、気持ちよく過ごすことです。自分のことを第一に考え、回復に役立つステップを踏むと決めれば、それは可能です。

個人的な恋愛の目標

11.友達を増やす

これは、多くの人が人生のある時期に直面することですが、それは、同年代の他の人たちを見て、自分の社会生活が面白くないことに気づいたとき、それを変えるために何かしなければならないと自動的に考えてしまうことです。

友達を増やしたいなら、ある場所に行ってみる、顔見知りの人ともっと仲良くなる、会話をする機会を増やす、ソーシャルネットワークの魅力を知る、といった小さな目標を設定することができます(ただし、常に注意が必要です)。

自己啓発の達成はセルフジャーニーのことですが、他の人のコメントや意見があると、確かに豊かになりますね。

私たち人間は、コミュニティの中で生活しており、そのネットワークに依存しています。

長期的には他の自己啓発の目標に到達できるように、自分と自分の目標にプラスになるような健全な友人のネットワークにいることを確認しましょう。

結局、あなたの成功を願う人たちに囲まれることが、あなたの旅をより充実したものにするのです。

12.家族関係の改善

私たちは、家族は家族でいつもそこにいるという誤った考えを持ち、時には家族も大切にしなければならない関係であることを忘れてしまうことがあります。

そして、そうとは思えないほど、一人ひとりの人間的な成長や発達に大きな影響を及ぼしているのです。

家族との関係を良くするためには、例えば、週に一度は一緒に食事をする、お互いの日常に気を配る、必要な人には手を貸す、もっと心を開いて感情を表に出す、などの行動を確立することができます。

また、境界線を設定し、自分のキャラクターに合ったヒントを受け入れることも忘れないでください。

13.パートナーとの関係改善

パートナーとの関係改善も、自己の成長・発展のための目標としてとらえるべきでしょう。

多くの場合、失敗する理由は、他の実現したいことと同じようにとらえ、そのために必要なことを満たしていないからです。

一人一人異なるように、それぞれのケースで異なります。

しかし、気配りをする、2人のコミュニケーションを深める、昔、新しい場所に出かけていた頃に戻る、新しい体験をして新しい思い出を作るなど、自分で設定できるミニ目標があります。

精神的な目標

14.感謝の気持ちを実践する

感謝の気持ちを実践することで、自分にとって大切なものに感謝しながら、人生に「ありがとう」と言うことができるようになるのです。

そのためには、1日の終わりに、感謝したいことを考えたり、書き出したりする時間を持つとよいでしょう。

目標を設定し、そこに到達していることを確認できることで、感謝の気持ちを持つとともに、努力している自分に感謝する時間を持つことができます。

そのためには、自分に良い影響を与えた人、出来事、経験などを常に心に留めておく必要があります。

また、その日があまり良くなかった場合、悪いことも勉強になったと思えば、感謝することもできるのです。

15.ネイチャーワーク

人間の本質は、自分自身の存在のエンジンとして理解されなければならない。

感覚という限られた認識を超えて、超越的なものから物質的なもの、独断的なものから俗なものまでの領域で、常に取り組むことが推奨されます。

そのためには、ネイチャーワークを通じて、自分自身ともっと仲良くなるための練習を始めるとよいでしょう。

動物や植物のエネルギーとつながることで、私たちの中に持っているエネルギーの変換が生まれます。

ネイチャーワークは、すべてがつながっていることを思い出しながら、生命の源とつながるために欠かせないものです。

これは、自分が何者であるかということだけでなく、人生やその紆余曲折に対して自分が何者であるかということをより強く感じたいときに取ることができる、個人の成長と開発の目標の例の一つです。

16.瞑想やスピリチュアルな実践を求める

通常、人々は、精神的に人生を好転させ、心の平和と落ち着きを得る必要があると感じたときに、このタイプの練習をする傾向があります。

以上のように、できることはたくさんあるので、この場合、パスはあまりトレースされません。

いつも申し上げているように、瞑想やスピリチュアルな修行法について調べ、気になるものがあれば、基本的なことから実践し、新しいライフスタイルとして定着させるなど、小さな目標を設定することから始めるとよいでしょう。

17.チャクラのブロックを解除する

チャクラはエネルギーの通り道で、時間が経つとブロックされてしまうことがあるため、個人の成長と開発の目標として、時間をかけてブロックを解除することができます。

人体のいたるところに存在し、さまざまな表面から浸透することができます。

この目標を達成するために、まずチャクラについてもう少し学び、次にチャクラがなぜブロックされているのか、あるいは生活の中でどんな状況がその反応を引き起こすのかを理解し、最後にブロックを解除する方法を探し始めるというように、いくつかのミニ目標を設定することができます。

マインドについて
目次を見る