Carlos-barraza

Eコマースとは?

現在、テクノロジーはすべての人の日常生活の一部となっており、Eコマースの存在により、家にいながらにして商品やサービスを売買することが可能になっています。

これにより、日にち、時間、支払い方法などの制限なく、世界中のどこからでもオンラインストアやウェブサイトにアクセスすることができます。 この記事を読んで、これが何であるかを確認してください。

Eコマースとは
によって書かれています。

目次を見る

Eコマースとは何か?

電子商取引(Electronic Commerce、通称eCommerce)とは、さまざまなウェブサイトやソーシャルネットワーク上での製品やサービスのオンライン取引に基づくビジネスモデルです。

つまり、直接的な物理的接触を伴わない、WWWを通じて行われるあらゆる種類の商業活動を指す。

インターネットに接続された携帯電話、パソコン、タブレット、iPadなどのスマートデバイスからウェブページにアクセスするだけで、デジタルメディアを通じて製品やサービスを提供する経済活動で、多くの起業家が利用しています。

空白の画面でラップトップ上の小さなカートンボックス, 電子商取引の概念
ECサイトでのお支払い

電子商取引の例としてはどのようなものがありますか?

電子商取引は、購入、販売、財務、製品の流通、収入の収集、費用の計算、税金などを容易にするため、情報や文書のやり取りが必要なあらゆる環境で利用することができます。

しかし同時に、WoocommerceやShopifyなどをベースにした多くのオンラインストアが、自宅や職場から移動することなく、商品やサービスの豊富なカタログを必要としているすべてのユーザーに提供するために使用している強力なツールでもあるのです。

スペインのスーパーマーケットチェーン「Mercadona」、世界各国の「Amazon」、米国のファッション企業「Maaji」、コロンビアの配送システム「Rappi」、チリの「Farmalisto」など、多くの企業が電子商取引を成功させていますが、これは間違いなく、Covid-19パンデミックの発生時に、多くの企業が実施した手法です。

電子商取引のメリットは何ですか?

近年、デジタルチャネルを通じた取引が大幅に増加しています。その成長は、ソーシャルネットワークを最大限に活用し、オンラインで入手可能なさまざまなブランドの製品に関する知識を持つ、より多くのユーザーにインターネットを届けるために使用される技術の範囲に起因しています。

電子商取引は、企業や消費者にとって、以下のような多くのメリットがあります。

ラップトップを使ってeコマースの小包を発送する女性のオンラインビジネスオーナー。

Eコマースのリスクとは?

電子商取引には大きなメリットがある一方で、制限やリスクもあります。そのため、消費者の中には、以下のようなデメリットに加えて、日常の買い物は従来の方法で行いたいと考える人もいます。

多くのお客様は、Eコマースでは不可能な、商品を実際に手に取って鑑賞したいと考えています。 しかし、このリスクは、すでに購入した他のユーザーのレビューを知ることで、その品質やメーカーの信頼性を知ることができ、かなりの部分を解決することができます。

多くのユーザーは、インターネット上での詐欺事件が発生していることから、銀行やクレジットカードの情報を提供することに抵抗を感じていますが、それは、サイバー犯罪者が自分の利益のために取って代わることができる、メーカー側も想定しているリスクです。 しかし、プラットフォームが不死身のオンラインショップもあります。

ウェブホスティングシステムは、障害や故障の影響を受けやすく、その場合、顧客の喪失、売上の減少、訪問者の割合の低下など、ビジネスに深刻な影響を与えます。 そのため、常にメンテナンスをしておくことが不可欠です。

実店舗と違って購入プロセスに時間がかかるため、食品などの生鮮品をEC化するのは不便で、状態が悪いまま購入者に届いてしまい、投資が無駄になってしまいます。

電子商取引は、さまざまなメリットやデメリットがあるにもかかわらず、世界中の何百万人ものユーザーにとって欠かせないものとなっています。物理的な所有物を持たず、大人数の従業員を一定のスケジュールに合わせて配置することなく、離れた場所で売買するための最良の方法です。

Shopifyの詳細はこちら。