海外SEOにおけるHreFlangsの重要性について

HreFlangsとは何か、何のためにあるのか、と考えるのは今では普通のことです。

そして、より良いポジショニングを得ようとするならば、ウェブサイトのあらゆる面に気を配らなければならないことはすでにわかっています。

HreFlangsが何であるかはさておき、国際的なSEOにとってHreFlangsの重要性とは何かを知るためにお読みください。

海外SEOにおけるHreFlangsの重要性について
によって書かれています。

This post is also available in: English Español Deutsch Français Русский 日本語

目次を見る

HreFlangsとは?

HreFlangsとは、Googleが2011年12月に導入した属性で、異なる言語で書かれたWebページ間の関係を検索エンジンに表示することができます。

このタグは、ユーザーが特定の言語でクエリを実行し、同じ言語で結果を見つけようとしたときに、検索エンジンに信号を送ることができるため、ローカルユーザー向けに特定のコンテンツを作成する際に非常に便利な属性です。

例えば、スペイン語のホームページを英語で作成した場合、英語であることを示すためには、hreflang = “en “を使用する必要があります。

これにより、検索メカニズムがその言語が話されている国にあると信じる理由があるIPアドレスを持つ人々は、あなたのウェブサイトを本来のデザインであるスペイン語ではなく、英語で発見することができるようになるのです。

HreFlangsによる国際的なSEO対策の効果は、拒否率、コンバージョン数の増加に直接表れています。 これにより、ターゲットとなるユーザーが自分の特性に合ったバージョンのサイトに簡単にアクセスできるようになります。

ブルーの背景にSEOの文字が入ったアルファベットブロック
仕事場でパソコンを使っているSEOの成功者の写真を切り取ったもの

なぜHreFlangsは海外SEOで重要なのか?

また、ユーザーのブラウジング体験を向上させるためには、ユーザーが理解できない言語で書かれたバージョンのウェブサイトにたどり着かないようにしなければなりません。

国際的なSEOにおけるHreFlangsの重要性は、恐ろしい直帰率に明確に落ちています。

その結果、すべてのウェブサイトの目標であるGoogleの検索結果でより良いポジションを得ることができます。

同様に、この種のタグを導入すると、いわゆる重複コンテンツがある場合に生じる問題を解決することにもなります。

その主な理由は、2つのバージョンの内容がほとんど同じになり、ある表現や語彙の一部が変わるだけということが多いからです。

上記のような悪影響をウェブサイトに与えたくない場合には、HreFlangsの導入を始めるべきです。

そうでなければ、これらのタグを使用することに比べて、あなたが考える解決策は、表面的な回避策に過ぎません。

HreFlangsを設定するWordpressプラグイン

Weglot

Weglot

Weglotは、多言語サイトを作るための市場で最も優れたプラグインの一つです。その理由は、インターフェースが使いやすく、すべての機能が非常に便利だからです。

ただし、ターゲット言語を選択できるのは無料のときだけで、追加のターゲット言語はすべてプラグインを有料で購入したときにしか利用できません。

起動すると、Weglotの機械翻訳がすべての作業を行い、すべての単語を読者の好みの言語に翻訳してくれます。

Weglotが持つ最も優れた利点の一つは、SEOを考慮したURL構造を生成できることです。

Weglotは言語を定義するためにCanonicalタグを自動的に設定しますので、ヨーヨーはそれを気にする必要はありません。

これにより、異なる言語のすべての検索エンジンにあなたのウェブサイトが表示されるようになります。

Weglotの仕組みについて詳しく知りたい方は、Weglotレビューをご覧ください。

WPML

wpmlとは?

WPMLは、WordPress用の翻訳プラグインをお探しの方に最適なWeglotの代替製品のひとつです。 原理的には、その通りの意味です。

WordPress Multi Languageの頭文字をとったもので、多くのSEO専門家によると「最も完成度の高い翻訳プラグイン」という特徴があります。

WPMLは有料のプラグインですが、多くの人がそのコストに見合う価値があると言っています。

WPMLのインターフェイスは最も使いやすいものの一つで、Eコマースのウェブやそれ以上のものであっても、多くのオプションが可能です。

WPMLは現在、WordPressの自動翻訳プラグインとしての役割に重点を置いています。

WPML Deeplの統合により、その翻訳は改善されましたが、まだ調整が必要な単語もあります。

しかし、WPMLには、使いやすい高度な翻訳マネージャーがすでにあります。

WPMLは、メタデータの翻訳、URLスラッグの翻訳、メディアのAltテキストの翻訳など、多くのSEO対策をサポートしており、もちろんHreflangsの設定も自動的に行われるので、余計な設定をする必要はありません。

つまり、スピードと正確さを求めるならWeglotを、翻訳のコントロールと単語数や言語数の制限がないことを求めるならWPMLを選ぶといいでしょう。

この多言語プラグインについて詳しく知りたい方は、「WPMLレビュー」をご覧ください。

SEOについて詳しくはこちら