Carlos-barraza-logo-50

7種類の学習スタイル

学習スタイルには様々な種類があることを知ることは、自分の学習スタイルがどれに当てはまるかを見極め、情報の定着率を高めるためのテクニックに取り組む上で非常に有効なのです。

意外と知らない学習スタイルの種類や、暗記をしようとするときの癖と混同している可能性があることを知る。

ラーニングスタイルの種類
によって書かれています。

This post is also available in: English Español Deutsch Français 日本語

目次を見る

さまざまなタイプの学習スタイル

これからお話しする学習スタイルの種類は、多くの場合、教室とは関係なく、人は自分の視点や能力ともとれるものから、自分の周りで起こるすべてのことを吸収していくものなのです。

ビジュアルラーニング

ダイビング工房で働く父と娘 - ダイバータンクの目視検査

これは、情報の順序を実現するために、グラフィック・オーガナイザーや視覚的な方法を用いる学習スタイルの一種である。 企画力、抽象度の高さに直結する。

人間の脳は言葉よりも画像を高速で処理する能力があるため、情報が多く、時間がないときにはこの方法で情報を伝えるという、そのスピードのおかげで主に使われている。

さまざまな学習スタイルが存在する中で、複雑な概念を言葉よりも高いスピードで伝えたい場合に最適な学習スタイルと言え、正しいイメージを持てば、すでに人に伝えることができるのです。

また、ビジュアルで構成されたコンテンツは、言葉の壁を完全になくすことができるという大きなメリットがあります。 なぜなら、映像は世界共通であり、それを理解するために特定の言語は必要ないからです。

キネステティク・ラーニング

スケートボードを習う

キネステティク・ラーニングとは、運動学習とも呼ばれ、物の操作もそうですが、歩くなどの身体活動をしながら情報を記憶することが容易な、そういう学習スタイルのことを指します。

一般的には、常に動いている学生、席を立つ口実を探している学生に見られます。 一般的には、一日中座っているのが苦手な人が多く、スポーツや手先を使う活動では、得意な人が多いでしょう。

学習したことが冗長になり、脳に長く定着する可能性がある学習スタイルの一つです。 このタイプの学生は、一生情報を持ち続けることが証明されている場面もあります。 デメリットは、情報を入手するのに時間がかかることです。

このように勉強に共感する人は、勉強中に運動神経を刺激するのが常套手段です。 絵画や彫刻、大工仕事などは、多くの人に勧められる活動です。

聴覚学習

音楽を聴く笑顔の子供

聴覚学習を知ることは、すべての個人の発達に不可欠であり、これは主に聴覚システムの使用を通じて情報の理解と同化とは何かに焦点を当てているので、それは耳とそのすべての内部部品によって表されます。

一般的に、このタイプの人が使う学習方法は、「話す」「聞く」です。 私たちは生まれるずっと前から、周りの世界に耳を傾けることができ、それは時間の経過とともに完成されていく能力であることを考慮しなければなりません。

このようなスタイルをとる学生を見極めることができれば、情報の理解度を高め、よりスムーズで明確なコミュニケーションを実現するための方法を模索することが可能になるからだ。

しかし、「聞く」ということは、単に話し手の声を聞くだけではありません。 そのためには、自分の意見と異なる批判や意見を積極的に受け入れ、表現し、いわゆる議論をすることが必要です。 そんな学生にとって、勉強は自分を変えてくれるもの。

社会的学習

大学中2階の交流スペースにたむろする学生たち

社会的学習とは、心理学者のアルバート・バンデューラが提唱した理論に基づくもので、学習とは社会的な文脈の中で行われる認知プロセスであり、観察または直接指導によって行われるものであるとされています。

この学習スタイルは、日常生活の社会的側面をすべて含んでおり、「見て、聴いて、やってみる」ことで学ぶことができるとされています。 そして、新しい概念を理解することを意図して、聴覚、視覚、運動感覚などのスタイルを組み合わせたものです。

現在では、ソーシャルネットワークやソフトウェアなど、私たちの多くが私生活や仕事を通じてコミュニケーションする際に利用するテクノロジーと密接に関連した、さまざまなソーシャルラーニングツールがあります。

今日、私たちは、従来の学習環境では人々が本当に長い間情報を保持しないので、ユーザーの心に情報を格納する方がはるかに簡単であるという事実に基づいて、eラーニングコンテンツでソーシャルラーニングを活用することを検討しています。

イントラパーソナルラーニング

自宅で深く考え、計画を練る女性

個人内学習は、個人の能力と限界の認識と関係する個人内知能と直接結びついています。 自分が誰であるかだけでなく、その人が何を望んでいるのかを完璧に理解できる知能の一種である。

個人内学習とは、情報を自分の感情と結びつけて理解することを指します。 多くのことを関連づけ、他の人には理解できないような、非常に個人的な方法で意味を持たせることができること。

これは、新しいことを学ぶときに、その人の気分が大きく関係する、異なるタイプの学習スタイルの1つであるとも言えるかもしれません。 また、その人が生きてきた経験も、情報をより早く処理できるようにします。

また、このタイプの人は、自分自身の学習方法や情報関連方法を知っているだけでなく、そのような能力を持つことが期待されています。 しかし、自分の得意な分野もあり、それを最大限に伸ばすために直接行くことができる。

言語学習

おやつを食べながら話す元気なお父さんと子供

言語学習は、最も一般的な学習方法の一つで、話しながら情報を伝達することを扱います。 もちろん、情報の送り手と受け手の両方が必要なので、聴覚学習と直結している。

多くの場合、学生グループ間の関係を促進するツールとして使用されます。なぜなら、学生同士がコミュニケーションをとることで、特定のトピックに関するディスカッションという形で、一般的なアイデアに各自が貢献できるようになることが必要だからです。

この場合、さまざまなタイプの学習スタイルが存在する中で、メリットは情報の定着が非常に持続するもので、話題を提供しながら脳に刺激を与えることで、それほど複雑なことをしなくても情報が蓄積されるということです。

それとは別に、議論を構成する人々の間で尊敬の念を育み、寛容性、柔軟性を高め、人が他人に心を開く方法を改善するのに理想的なので、個人生活や職業生活の複数の分野で勝利を収めることができるのです。

数学的論理学習

算数を教える先生

論理数学的な学習とは、論理数学的な思考を用いながら、数字を効果的に使い、適切な方法で推論する能力を指します。 通常、抽象的な概念や複雑な論法で扱われる。

これは、子供の正しい発達のために不可欠となる異なる学習スタイルであり、これを通じて、人生の最初の数年間で不可欠となるオブジェクトの操作を達成するための最初の知覚と運動スキームの形成を開始する可能性を得るからである。

この範囲では、物事の論理や頭の中での整理の仕方によって推論を導き出すことができ、身の回りの出来事を見ただけで概念ややり方を正しく理解できることが多くあります。

例えば、設計図がない建物でも、風呂場という同じタイプの部屋であれば、配管の仕組みが決まっていて、すべて同じ方向に進むはずなので、それぞれのタイプの部屋がどこにあるのかを推測することができるのです。

マインドについて