ブランド・アンバサダーとは何か、なぜ企業で育成する必要があるのか。

今日では、日常生活がソーシャルネットワークやバーチャルプレゼンスを中心としたものになっているため、マーケティング戦略をこのメディアに向けることが多くなっています。

その意味で、ブランド・アンバサダーのサポートを受けることは、あなたのビジネスを成長させるための最良の決断のひとつとなるでしょう。

ブランド・アンバサダーとは何か、なぜ企業で育成する必要があるのか
によって書かれています。

This post is also available in: English Español Deutsch Français 日本語

目次を見る

ブランド・アンバサダーとは?

ブランド・アンバサダーとは、企業や事業を代表して世間にアピールする人のことです。 つまり、特定の企業が持つ価値観や態度に似たイメージや人物のことです。

原則として、女優や俳優、芸術家などの著名人ではなく、ブランドの価値観に共感し、企業のイメージを代弁することで人気を博している人が対象となります。

明らかに、一般に認知されている人物を使うことで、ユーザーがすぐにその人物を識別し、特定のブランドを連想できるようにすることが、仕事の半分を占めています。

ただし、メディアで知られていない人がブランド・アンバサダーになれないということではなく、その人とブランドを結びつけるのに時間がかかるということです。

さらに、ブランドのブランドアンバサダーとなる人々のモラルや価値観は、非の打ち所がないものでなければなりません。なぜならば、彼らの評判が高く保たれるか、あるいは損なわれるかで、一般の人々の目に映る会社のイメージも変わるからです。

一方、ブランド・アンバサダーという言葉は新しいものですが、その概念は、広告が存在する限り、ブランドを代表する人物は存在していたからです。

これは、マーケティング戦略の前に人々の行動を最初に研究した人たちが、有名なキャラクターと企業を結びつけることの有効性に気づき、そこからこの利点を利用してきたことによるものです。

これらの戦略は80年代に大流行しましたが、その使用は比較的停滞していました。しかし、Covid-19パンデミックの到来により、多くの人が仕事や勉強、さらには社会生活をデジタル領域に移さざるを得なくなりました。

また、インターネットを利用した商取引が盛んになり、ユーザーはあらゆるものをインターネットで入手するようになり、バーチャルな存在である企業は、ブランド・アンバサダーの存在を利用する機会を得た。

電話で話すビジネスマン(都市景観を背景に
カフェで携帯電話を使う若い白人のインフルエンサー

ブランドアンバサダーの特徴

ブランド・アンバサダー(デジタル・メディアではブランド・アンバサダーと呼ばれる)は、この姿とそれに伴う要求を維持することができるように、ある特定の側面を持っていなければなりません。

ブランド・アンバサダーが企業に与える影響とは?

ブランド・アンバサダーが企業に与える影響は否定できず、ブランド・フィギュアやイメージの選び方や世間での振る舞い方によって、プラスにもマイナスにもなります。

ブランド・アンバサダーがブランドの価値を正しく表現し、企業のマーケティング戦略が適切に方向付けられていれば、その人物の影響は双方にとって非常に良いものとなります。

企業にとっては、成長して売上を伸ばし、ターゲットとなる人々の間で目に見える形で認知されることで利益を得ることができ、一方でブラン大使は、ユーザーの注目を浴びることで名声を高めることができます。

しかし、マーケティング戦略が失敗し、バンド・アンバサダーの姿がネガティブなものになると、企業もブランドを代表する人も間違いなくマイナスの影響を受けることになります。

オフィスでタブレット端末を操作するビジネスマン

なぜ企業にブランドアンバサダーを育成する必要があるのか?

ブランド・アンバサダーの存在は、ブランドの信頼性を高め、ユーザーのロイヤリティを高めるなど、ブランドにとって価値のあるものであり、企業にとって必要不可欠なものです。

ブランド・アンバサダーの姿が、ブランドのターゲットとなる人々に共感を示すことで、彼らの尊敬を集め、信頼と関心を呼び起こすことができるのです。 最後に、デジタルマーケティング戦略と連動して、新規顧客を獲得し、ロイヤリティを高め、消費者のライフスタイルの一部になることが可能です。

ブランド・アンバサダーは、ユーザーの目には見えないブランドのイメージを、最も人気のある、人目を引く企業やビジネスに変えることができます。

多くのユーザーは、そのブランドを象徴する特定のイメージや有名な人物と結びつかない限り、そのブランドを認識しないというのが一般的なので、どんな企業にとっても特に利益の大きい戦略となります。

コンテンツマーケティングの詳細はこちら