コンテンツマーケティング戦略|3つの大きなヒント

オンラインでの存在感を高めていくには、コンテンツマーケティング戦略が必要です。 コンテンツマーケティングの詳細と、デジタルマーケティングを向上させる方法をご紹介します。
によって書かれています。
動画再生

カルロスの意見-。
コンテンツマーケティング戦略。

コンテンツを作ることは、実は難しいことではありません。

何人もの人がインターネット上に様々なタイプのコンテンツをアップロードし、その成功率は様々です。

高度に作られたビデオからシンプルなミームまで、そして再生回数や「いいね!」の数が多いのはどれか?

最近では、あまり作られていない、あるいは考えられていないコンテンツであっても、実際にはより良い結果を得られる可能性があることは周知の事実です。

では、実際に本物のゲームプランや完璧なコンテンツマーケティング戦略はあるのでしょうか?

確かに、確実に結果を出せる完璧な道はないことを、インターネットは教えてくれています。

例えば、スペインのゴジラとコングのミームでは、Burger KingとMcDonaldsが追加され、さらにKFCがバットを持った犬を追加して適応したバージョンを作りました。

godzilla kong meme mcdonalds burger king kfc

それをデザインと呼べるのか? 恐らくないでしょう。

スマートで結果を出すことができると言えるでしょうか。 決定版!

そのような画像がコンテンツマーケティングプランの中に入っているでしょうか? 恐らくないでしょう。

しかし、企業は迅速に対応しなければなりません。

ソーシャルメディアやインターネットで検索する人は、新鮮で関連性のあるコンテンツを求めています。

もし、企業が最新のコンテンツを作成しておらず、現在のシナリオに関連したものでなければ、確かに企業は流れに逆らって泳いでいるかもしれません。

では、どのようなコンテンツマーケティング戦略を取るべきでしょうか?

Just Try!

私の場合、実際にやってみないと正解も不正解もありません。

決めるのは観客だ。

そして、実行する前に、ただ計画を立てて、AやBの何がベストになり得るかを考えて、時間を費やしているとしたら、それは時間の浪費です。

A-Bテストはそのためのもの、試すためのものです。

だからこそ、コンテンツマーケティングはサイクルなのです。

聞く」「テーマを決める」「作る」「広める」「測る」「評価する」「再利用する」。

Content-Marketing-Cycle

Practice makes the master。

そして、作業を続け、何が成果を上げていて、何がそうでないかを観察し続けることで、コンテンツマーケティングをチューニングしていくのです。

では、私が好む戦略とは何か。

これはあくまでも私が好むコンテンツマーケティング戦略であり、先に述べたように完璧な戦略はありません。

あなたが求めている結果を出すようになれば、完璧になるでしょう。

と言ったように。

異なる結果を望むなら、同じことをしてはいけない。

Albert Einstein

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングを定義するために

コンテンツマーケティングとは、価値のある、関連性の高い、一貫性のあるコンテンツを作成し、配信することで、明確に定義された視聴者を惹きつけ、維持し、最終的には収益性の高い顧客行動を促すことを目的とした、戦略的なマーケティング手法です。

Content Marketing Institute

コンテンツマーケティングを定義するために

デジタルコンテンツの種類

デジタルコンテンツとは、デジタルメディアに含まれるあらゆる情報のことを指しています。

これらは、テキスト、ビデオ、地図などで構成されています。

特にコンテンツマーケティングの場合は、質の高いコンテンツを提供することが成功の基本となります。

ここでは、Smart Insights社のコンテンツ・マーケティング・マトリックスを紹介します。

content marketing matrix

ブログ

ほとんどのオンラインビジネスでは、自分のページにブログ専用のセクションを見つけることができますし、それは同じの実装を介して、特定の部門に到達することが期待されています。

だからこそ、これをメインのデジタルコンテンツの一つとして挙げなければなりません。

これらのセクションでは、ユーザーが抱える問題の解決に役立つコンテンツを作成し、それほど難しくない実践的な解決策を提供することが理想的です。

同様に、SEOのポジショニングを向上させたい場合には、最も強力なツールの1つです。

ニュースレター

現在、企業が持っているお客様との直接的な接点の1つに「郵便」があります。

しかし、この手段で何かを送っても意味がありません。

メッセージを受け取ってもらうためには、コンテンツやデザインを工夫する必要があります。

このようなデジタルコンテンツは、ニュースやサービスの改善、新しいキャンペーンなど、ビジネスに関するさまざまな情報をお客様に知っていただく手段として、お客様とのロイヤリティ関係の構築に役立ちます。

電子ブック

自分の知識をユーザーのための方法として提供したい場合に最適なコンテンツです。

また、インフォグラフィックやクリエイティブなど、情報を裏付ける要素も盛り込むことができます。

リードジェネレーションを向上させたいのであれば、このようなコンテンツを考えてみてはいかがでしょうか。

何をしてくれるかというと、電子書籍をダウンロードするためにユーザーに連絡先を登録してもらうことで、簡単に楽にデータベースを増やすことができるのです。

Videos

これはおそらく、ウェブサイトやブログ、ソーシャルネットワークで最も効果を発揮するデジタルコンテンツです。

製品やサービスを紹介したり、疑問を解決したり、必要なことをすべて伝えることができるので、本当に便利なツールです。

例えば、ソーシャルネットワークで使用すれば、人間的な側面とつながり、プロジェクトの創造性を発揮するための素晴らしいツールになります。

ウェブページやブログ記事のセクションでは、ユーザーのサイト滞在時間を長くし、ウェブ閲覧時間を増やすことができます。

Images

写真、つまり画像を使ったクリエイティブの場合、最も利用されるコンテンツの一つと言えるでしょう。

また、これらを使用することで、ユーザーにとってより視覚的で魅力的なものとなり、ユーザーの体験を向上させることができます。

信じられないという方は、Facebookでは画像付きの投稿の方がそうでない投稿よりも53%も「いいね!」を獲得していることや、写真付きのツイートはシンプルなものよりもクリック数が18%、お気に入り数が89%も多いことを知っておくといいかもしれません。

インフォグラフィックス

ご存じないかもしれませんが、インフォグラフィックスとは、情報を視覚的かつ魅力的に伝えるためのコンテンツです。

このタイプのデジタルコンテンツは、ウェブページをより好きになってもらうことを意図してデザインされており、中身がより興味深く共有されるようになっています。

ポッドキャスト

ビデオと同じように、コンテンツの制作がポッドキャストに向いていると、ウェブサイトやブログへの訪問者の滞在時間を増やすことができます。

そして、楽しく情報を伝えることができます。

用語集、FAQ、辞書

ユーザーから何度も質問を受けたり、ウェブサイトに非常に専門的な言葉が使われていたりする場合、このようなデジタルコンテンツは非常に有効です。

それは、疑問や問題に対する解決策を提供して、体験を向上させることです。

ウェビナー

ウェビナーとは、オンラインプロジェクトに大きな権限を与え、プロジェクトに関心のあるユーザーからリードを獲得することができるコンテンツのことを指します。

教育機関のウェブサイトに最適です。

ホワイトペーパー、スタディ、オブザーバ

電子書籍と同じように、これらのデジタルコンテンツを自分たちの業界に関連付けることで、プロジェクトの位置づけだけでなく、リードの獲得にもつながります。

様々なメディアでのプレスリリースに適したコンテンツなので、より多くの人に知ってもらう機会にもなります。

コンテンツマーケティング戦略とは?

コンテンツ制作戦略とは、オンラインでの存在感を高めるための計画のことを指します。

そして、どのようにしてオーディエンスにリーチするかを知りたい場合には必須です。

これらの戦略を理解するためには、コンテンツとは、私たちが毎日ネットワーク上で消費するすべてのものであることを認識する必要があります。

しかし、これは単にランダムに構成されているのではなく、私たちが興味を持ちそうな方法で行われています。

最初の頃は、すべてが同じように表現されていた方が便利だったかもしれませんが、時代の流れや、オンラインコンテンツの様々な分岐点を考慮すると、正しい表現方法を知ることが必要です。

例えば、商品の比較や、サービスに関する情報を探している場合は違います。

そう、本当はすべてがコンテンツなのですが、制作戦略は、私たちの役に立つように、ハトメがあるカテゴリーの特定の基準に従わなければなりません。

なぜコンテンツ制作戦略が必要なのか?

コンテンツマーケティング戦略の重要性は非常に大きい。

なぜかというと、ウェブサイトを作るときに、ただ作りたいから作るというわけにはいかないからです。

それには、読者の目に留まるような成功を収めるための、手順を踏んだ企画が必要です。

誰かがコンテンツを作るのは、オンラインでの存在感を高めるためだということは誰もが知っていますが、その意図だけでは成功しません。

企画があれば、訪問者が頻繁に訪れるようになり、その頻繁な訪問者が顧客になることができます。

コンテンツ制作戦略を持つことは、どんなウェブサイトにとってもプラスになることは間違いありません。ここで言うプロセスとは、すでに考えられ、計画され、実行されたものであり、それぞれの目標を達成するのに役立つ方法でマークされ、整理されたガイドラインに従ったものです。

すぐにわかるメリットは、ウェブサイトへのアクセスがめちゃくちゃ増え始めることですが、それ以外にもさまざまな面で目標達成に役立つ側面を考慮することができるようになります。

それは、自分が何をしているかを知っているということです。

コンテンツ・マーケティング・ストラテジストとは?

デジタルコンテンツマーケティング戦略家のプロフィールを知りたい方は、デジタル環境で共有される価値ある資料の企画・開発を担当する専門家であることを知っておくべきでしょう。

一般的に、デジタルコンテンツの制作は、包括的なオンラインマーケティング戦略に基づいて行われます。

そのためには、やり方を知っているだけでなく、どの方向に行くべきか、なぜこうでなければならないのかという概念を持っている人でなければなりません。

コンテンツマーケティング戦略の利点。

コンテンツ制作戦略の利点は何かというと、今すぐにでも計画を立てたくなるような3つの利点があります。

そして、今までこのような形で見ることはなかったかもしれません。

付加価値を提供する可能性を与えてくれます。

万が一、潜在的な顧客の質問に答えを与えたり、問題が発生したときに必要な情報をサイトから直接提供できるような計画があれば、彼らの心を掴むことはできないでしょう。

そうすることで、疑問を解決したり、商品を購入したり、サービスを受けたりする際に、常に最初の選択肢として相談を受けられるようになります。 彼らは、あなたのオンラインスペースで、自分が探しているものを見つけることができると知っています。

ユーザーに知ってもらうことができます。

これらの戦略を立案する際には、必ずパーソナライズされた情報をユーザーと共有するという段階に至ります。

それによって、あなたが誰なのか、どんな分野で活躍しているのかを知ってもらったり、ニーズに応じて適切な製品を選んでもらうことができます。

何を言おうか、何を書こうかと計画することは、冗長性がないという考えと密接に関係しています。

そして、それぞれのテキストが情報提供の使命を果たしていること。 そうすれば、あなたのウェブサイトで見つけたコンテンツはすべて関連性があり、信頼できるものだとわかってもらえるでしょう。

参考になるでしょう。

もし、あなたのコンテンツ制作戦略が成功し、あなたが共有するすべての情報が正鵠を射たものであれば、人々はあなたを、イメージを売ろうとする巧妙な人物ではなく、アドバイザーとして見るようになるでしょう。
押しの強い営業マンが忘れ去られ始め、商品やサービスを宣伝しながらも、日常的におしゃべりをしているような信頼できるアドバイザーに大衆がついていく時代であることを忘れてはいけません。

いつも友達と話すような感覚でプロモーションをしています。

コンテンツマーケティングプラン

ここでは、コンテンツ制作戦略を立てる際に考慮しなければならないポイントを踏まえて、コンテンツ制作戦略の例をご紹介します。

プランを作成する際には、いくつかのポイントがあります。

1.聞いてください。

視聴者の年齢層、居住地、関心事、コンテンツへの到達方法などを知ることができる調査を実施する必要があります。

その他の変数としては、例えば、彼らが普段接しているコンテンツなどが考えられます。

2.テーマを決める

テーマとは、取り上げられるべき全体的・総合的なメッセージのことです。

コンテンツのテーマを決めることで、次のコンテンツを作るための枠組みができあがります。

3.トピックを決める。

テーマの中には、トピックとサブトピックがあります。

特定のトピックの下にあるコンテンツは、より具体的な情報を提供します。

例えば、このサイトの全体的なテーマは「デジタルマーケティング」ですが、より具体的なテーマにすると「コンテンツマーケティング」になります。

さらに絞り込んでいくと、サブテーマとして「Audio Content Creation」という話になるでしょう。

4.作成

そして、ここでは、どのタイプのコンテンツが作られたのかを話します。

オーディオコンテンツ制作の話であれば、ポッドキャストの作り方を紹介する記事も選択肢の一つとなるでしょう。

そして、手順を追ったビデオがそれを補完し、最後には必ず、ポッドキャストがどのようにして作られたかを関連付けるポッドキャストを用意します。

5.推進する。

ここでは、広めるための方法を重視する必要があります。

ソーシャルメディア、SEO、SEM、ニュースレターなどを利用していますか?

あなたは、コンテンツがどのような方法でターゲットに届くべきかを定義します。

6.計測する。

まずは、自分が達成したい目的を知ることが大切なので、ただ目的のために出版する人はいないはずです。 これらは、私たちが必要とする戦略の種類を示すものです。 それらを定義するために、SMART戦略(Specific, Measurable, Achievable, Realistic, Time-Bound)を使うことができます。

例えば、以下のように。
– コミュニティのフォロワー数をX倍にする。
– 選択されたトピックでX個の新しいライティングコンテンツを作成する。
– 書き損じ率をx%削減する。

コンテンツ制作戦略がある程度の期間実行されたら、何が効果的で何が効果的でなかったのか、いつでも統計を見ることができます。

7.再利用

何ができたのか、何ができなかったのか、何を改善すればいいのかを分析した上で、コンテンツを再利用することができるのです。

リパーパスとは、コンテンツを更新することであり、より良い結果や異なる結果が得られるようにリフレッシュすることです。

コンテンツマーケティングの詳細はこちら