デジタル・アントレプレナーシップ|重要性と事例

パンデミックの発生により、デジタル・アントレプレナーシップの世界は最高潮に達しています。アントレプレナーは、以前は不可欠ではなかった一連のデジタルツールを加速度的に学ばなければなりません。

デジタル・アントレプレナーシップについて、その重要性や事例などをご紹介します。

によって書かれています。

目次を見る

デジタル・アントレプレナーシップとは?

ResearchGateに記載されているように、デジタル・アントレプレナーシップとは、新規のデジタル技術および/またはその技術の新規の使用法を開発することによって、新しい事業を創造し、既存の事業を変革することと広く定義されています(European Commission, 2015)。

デジタル起業家精神は、EU加盟国を含む多くの国で、経済成長、雇用創出、イノベーションの重要な柱とみなされています。

デジタル・アントレプレナーシップの重要性

急速に変化するデジタル社会の中で、デジタル・アントレプレナーシップは重要な役割を果たしています。

OECDによると、デジタル経済は、生産性、所得、社会的福利を向上させる可能性があります。

新しい市場で雇用機会を創出し、一部の既存職種では雇用を増やしています。

デジタル技術は、より少ない労働力でより多くの商品やサービスの生産を可能にする一方で、一部の労働者を失業や低賃金のリスクにさらすことになります。

また、労働市場への参入、仕事の質の向上、技能開発を確保するための既存の政策やプログラムの能力にも影響を与え、仕事の組織にも変化をもたらします。

スマートフォン...デジタル時代のビジネスカード
デジタルグラフィックタブレットでスケッチしている女性デザイナー。

デジタルトランスフォーメーション、イノベーション、アントレプレナーシップ。

テクノロジーが進歩し、買収のコストが下がるにつれ、すでに設立されたビジネスでも、デジタル化の波にゆっくりと巻き込むことが容易になっています。

一方、デジタルアントレプレナーも、インターネットをベースにしたビジネスモデルを展開しており、彼らにとっては、テクノロジーを利用したビジネスがすでに確立されています。

アナログからデジタルへの移行を行っているか、あるいは既にデジタル化されているかのいずれかであるが、デジタルビジネスには、テクノロジーが彼らのプロセスに革新をもたらしたという利点がある。

デジタル・アントレプレナーシップの事例

起業家が始められるデジタルビジネスモデルはさまざまです。

Software as a Serviceの構築、現在のスモールビジネスのEコマースストア化、アプリの作成など。

インターネットは、新しいプロジェクトを開発するための世界的なビジネスチャンスをもたらしました。

アマゾンアフィリエイトは、スペイン、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国で成長しているデジタル環境のリーダーとしての地位を確立していますが、最も有名で成功しているオンラインビジネスの一つです。

あるいは、機械学習や人工知能をベースにしたような、より高度なプロジェクトに入ること。

何が正しくて何が間違っているのか、成功を保証する公式はありません。

デジタル・アントレプレナーがこの道で絶えず発展しているかどうかは、結果が物語っています。

続いて、デジタル・アントレプレナーシップの事例を紹介し、自分がやってみたいと思う道があるかどうかの参考になればと思います。

デジタル・アントレプレナーシップ・スキル

デジタルマーケティング

キーワードリサーチ、SEO、SEM、ソーシャルメディア、Eメールマーケティングなど、市場に到達し、育成する方法を知り、理解することは、デジタル起業家にとって重要な要素です。 もちろん、デジタル起業家は一人ではできません。だからこそ、次のスキルが必要なのです。

人的資源管理

ビジネスでもそうですが、起業家は自分の強みと弱みを知らなければなりません。 他の人のスキルや専門知識を活用することで、起業家はデジタルビジネスを成長させることができます。 だからこそ、起業家はチームメイトをいかに管理するかが重要なのです。

デジタルビジネスアーキテクチャ

デジタルビジネスにも適切な建築構造が必要であることを理解することで、デジタル起業家は今後どのようなステップを踏んでビジネスを構築していけばよいのかを知ることができます。 サイロ・アーキテクチャ は、オンラインコンテンツを組織的に発展させるのに役立ちます。

創造性

デジタル起業家は、デジタルの世界では完璧な仕事は存在しないことを理解しなければなりません。 何が効いて何が効かないのかを検証することが必要です。 だからこそ、A/Bテストが重要視されているのであり、起業家は創造性を発揮して必要な解決策を見つけるべきなのです。

エレベータピッチ

投資家を探しているのであれば、起業家に求められるデジタルスキルの一つは、ビデオ通話でも説得力のあるプレゼンテーションを展開できる能力です。 エレベーターピッチ ビデオ通話でも相手を引き込むことができる能力は、日常生活の一部になっています。

インカム・ジェネレーション

デジタル起業家は、自分のビジネスモデルとその収益源を知らなければなりません。 商品販売、オンデマンドサービス、サブスクリプションのいずれを目指すにしても、起業家は自分の収入源をさらに発展させることに集中しなければなりません。 また、起業家が新たに身につけなければならない能力として、次のようなものがあります。 受動的収入 さまざまなアフィリエイトプラットフォームや広告を通じて、最終的には彼のオンラインビジネスを発展させるのに役立ちます。

よくあるご質問
デジタル・アントレプレナーシップについて

デジタルアントレプレナーになるには、さまざまな道があります。

Youtubeチャンネルを開設し、アフィリエイトに関連したコンテンツを作成するのも簡単な方法です。

もちろん、ブログやオンラインストア、アプリなどを開発するという道もありますが、ブログのやり方など、より専門的な知識を学ぶ必要があります。

しかし、全体的にそうであるように、考慮すべき重要なポイントは以下の通りです。

  1. 潜在的なプロジェクトのアイデアを書く。
  2. 潜在的な市場があるかどうかを定義するためのキーワード調査。
  3. ブログ、デジタル製品、Eコマースストア、SaaS、またはフリーランサーのキャリア開発に取り組みます。
  4. 必要に応じてチームを集める。
  5. 市場への投入。

もちろん、起業のプロセスにはより詳細なステップがありますが、全体的に見ると、私は行動が最も重要な部分だと考えています。なぜなら、計画を立てすぎるとデジタル起業家にはなれないからです。

OECDによると、デジタル経済は、生産性、所得、社会的福利を向上させる可能性があります。

新しい市場で雇用機会を創出し、一部の既存職種では雇用を増やしています。

デジタル・アントレプレナーシップが普及したのは、起業のコストがほとんどかからなくなり、誰もが簡単にネットビジネスの展開を始められるようになったからです。

さらに、潜在的な市場にリーチし、ターゲットを絞ることもこれまで以上に容易になりました。

デジタルビジネスの詳細