Carlos-barraza-logo-50

有名な起業家の例|インスピレーションを得よう

によって書かれています。

目次を見る

有名な起業家の例

カルロスの意見-。
有名な起業家の例。

アントレプレナーシップの文献では、起業家を目指すすべての人に推奨されている点があり、それはロールモデルの重要性です。

起業家になって自分のビジネスを立ち上げ、目的を持って働こうとする人たちがいます。

どのくらいの規模のビジネスが必要なのか?

私の考えでは、起業家の使命が果たされるのであれば、それが小さなビジネスであろうと大きなビジネスであろうと、あまり関係ありません。

ミッションが大きければ大きいほど、最終的にはビジネスがどのように成長していくかを示すことができます。

しかし、アントレプレナーとしては、時には道をたどることも必要ですし、すでに作られた道から新たな道を作ることも必要です。

成功した有名な起業家は、目標に向かって最初に仕事を立ち上げたからこそ、今の自分があるのだと思います。

有名な起業家の例を使うことで、それらの新しい起業家が、ビジネスや組織を構築するために達成した異なる一般的な人々についての詳細を学ぶのに役立ちます。

ベンチャー企業を立ち上げる際にロールモデルがいると、刺激を受けられるだけでなく、直面した問題をどのように解決したかを知ることができます。

私の個人的な経験では、起業における最初のロールモデルを持つ機会がありましたが、それは私の母親でした。

ファミリービジネスでは、2代目は創業者の起業家精神を受け継ぐことができます。

私の母がビジネスを始めた経緯は、実にシンプルなものでした。

私が彼女に尋ねたように、あなたはどのようにビジネスを始めたのですか?

彼女は「基本的には、秘書の仕事をしながら最初のお金を得るようになりました」と答えた。

“少しずつお金を貯めて、売れる靴を買うまでになりました。”

“そして結局、売っては買い、売っては買いを繰り返して、お金がどんどん増えていった。”

簡単な話に聞こえますが、40年近くビジネスを続けてきた彼女は、5つの異なるビジネスを構築し、継続して成長し続ける家具ビジネスを維持する方法を扱いました。

もちろん、ビジネスについて直接教えてくれる父親や母親がいない起業家もいるかもしれませんが、ロールモデルや、コーチがいれば安心です。

この記事の次の部分では、さまざまなビジネスストーリーを知る上で役立つ、有名な起業家の例をご紹介したいと思います。

もし、あなたが素晴らしいアイデアを持っているなら、これらの有名な起業家の例を読むことで、それが億万長者になるだけでなく、歴史に名を残すのに必要なことだと気づくかもしれません。

現代の偉大な企業を支えた男たちについてご紹介します。

ジャック・マー - アリババ創業者

ご存知ない方のために説明しますと、アリババは同名のグループ(TaobaoやTmallもある最大級のウェブサイト)の一員であり、B2Bのオンラインマーケットプレイスで、特に小売業者に手頃な価格で卸売製品を購入する機会を提供しています。

創設以来、今日に至るまで、製品、記事、または低コストで入手したいあらゆる供給物を購入するための優れた選択肢として認識されています。

すべてが中国からの直輸入で、本当に必要なものがすべて揃うプラットフォームです。

この物語の主人公であるジャック・マーは、英語教師であったが、1999年に資本家のパートナーと17人の友人と一緒にアリババを設立した。 とはいえ、中国企業向けのウェブサイト・ポータルを初めて作ったのは1995年のことで、多少の経験はあった。

今でこそ有名な起業家の一人とされているが、マー氏のスタートは決して楽なものではなかったことを忘れてはならない。

彼は仕事を見つけるのに苦労し、少なくとも30件の応募書類が却下されたことが知られている。

また、ハーバード大学にも出願したが、10回ほど断られたという。 故郷の大学では2度失敗した。 今日、彼は「粘り強くやれば勝てる」という顔を見せてくれたので、忍耐力のお手本とされている。

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン - Google創業者

今日、グーグルは世界で最も重要な企業のひとつであると言っても過言ではありません。

この会社は、インターネットと新技術に特化したビジネスを展開しており、すべての活動の中心であり、人気も高いウェブ検索エンジンで知られています。

しかし、Googleの主な機能は、ユーザーがより簡単にインターネットを利用できるようにすることです。

そのおかげで、誰もが2、3の単語を入力するだけで、必要なものを入力し、検索することができます。

他にも、旅行の手配や買い物など、様々なアクションがあります。

この場合の成功した起業家の例としては、創業者であるアメリカ人のラリー・ペイジとロシア人のシャーゲイ・ブリンが挙げられます。

1995年にはミシガン大学を卒業し、カリフォルニア州のスタンフォード大学の大学院に進学しました。

この大学で、当時21歳だったブリンと出会い、彼にキャンパスのことを教える立場になったのである。

それから何年も経って、この出会いがうまく発展して、今日のような発明で世界に革命を起こすとは、誰が考えただろうか。

しかし、ラリーとシャーゲイは、Googleが誕生する前に、すでに「BackRub」という別のインターネット検索エンジンを作っていたが、これは大学生にしか使われていなかった。

Facebookが始まった時のように。

これは、正しい人を知ることがいかに重要かを物語っています。

ディーター・シュヴァルツ - Lidl & Kaufland創業者

このケースでは、Lidl Stiftung & Co. KGは、Lidlとして知られており、ドイツに起源を持つディスカウント・スーパーマーケット・チェーンです。

現在、世界30カ国で11,200以上の店舗を展開しており、シュワルツグループの一員です。

一方、ドイツのハイパーマーケット・チェーンであるKauflandは、Schwarz Gruppeの一員でもあります。

1984年にネッカーズルムに第1号店をオープンしてから、旧東ドイツで急速に店舗数を増やしていきました。

このケースで有名な起業家の例として挙げられるのは、ディーター・シュワルツです。彼は匿名での生活を好んだため、必要なこと以外はあまり知られていません。

ドイツで最も裕福な人の一人であるにもかかわらず。

1939年にハイルブロンで生まれたことがわかっている。八百屋のヨーゼフ・シュヴァルツの息子で、彼にはもう一人、リドルという名字のパートナーがいて、果物の卸売業を営んでいた。

高校を卒業したディーターは、父の指導を受けながら仕事を始めた。

1973年、シュワルツ家は、ドイツで展開を始めていたアルディに倣って、最初のスーパーマーケットを開くことを決めた。

黒を意味する自分たちの苗字を使うと、ブラックマーケットという表現を連想させるので嫌だったため、パートナーの名前を名乗り、Lidlが誕生しました。

1977年に父が亡くなった後、シュワルツは流通業界で2つ目の事業を始めることを決意し、現在のカウフランドと呼ばれるハイパーマーケットのチェーンを立ち上げました。

この2つは今日、彼の最大の功績の1つであり、ドイツをはじめとする世界各国に存在するチェーンです。

カール・ベンツとゴルトリーブ・ダイムラー - ベンツの創業者たち

メルセデス・ベンツは、ドイツの高級車メーカーとして知られています。

これは、彼らのスローガンを見ればわかることです。スローガンには、「ベストオアナッシングに徹する」という言葉が明示されています。

現在の市場にはいくつかの強力なライバルがいますが、それでもこの会社がリーディングカンパニーであることは否定できません。その成功の方程式は、将来的にこの会社と肩を並べたいと思っている人たちにとって賞賛に値します。

だからこそ、その創業者に注目する必要があるでしょう。

成功した起業家の例としては、ドイツのエンジニアであり発明家でもあるカール・ベンツが挙げられます。ベンツは1886年に「ベンツ・パテント・モーターワーゲン」を発表しました。

一方で、ドイツで最も重要な建設・産業技術者の一人であるゴルトリーブ・ダイムラーについても触れておこう。

彼は、パートナーと同様に、世界の自動車産業のパイオニアの一人として評価されている。

そして、世界で最も重要なメーカーの一つの共同創立者。

ベンツもダイムラーも、人生の大半をメカニックや自転車の仕組みの研究に費やしていた。

これにより、1926年の合併に向けての第一歩を踏み出したのである。

ダニエル・エック&マーティン・ロレントソン - スポティファイ創業者

音楽、ポッドキャスト、デジタルビデオのストリーミングサービスであるSpotifyを知らない人はいないでしょう。Spotifyは、世界中のアーティストの何百万もの楽曲やその他のコンテンツにアクセスできるサービスです。

無料で音楽を聴けるなどの基本的な機能は、プレミアム版に加入すると向上します。

まず、世界で最も有名な起業家の一人であるダニエル・エクについてお話しましょう。彼は、1983年2月21日にスウェーデンのストックホルムで生まれました。

彼の最も印象的な点は、13歳でビジネスの世界に入り、自宅でクライアントのウェブサイトを作成していたことです。

一方、マーティン・ローレントソンは1969年4月1日にスウェーデン南部で生まれました。

高等教育を受けた後のシリコンバレーで、最高のウェブ起業家たちと出会ったのです。

2006年4月までに、EkとLorentzonの機能は、彼らが売却しないことを決めた会社になり、6月にSpotifyを登録した。

開発者への報酬は、音楽ライセンスやオフィスの賃貸料と同様に、マーティン自身のお金から支払われました。

リード・ヘイスティングス - Netflix創業者

Netflixはシリーズものでおなじみですが、画面に表示されているものの裏には、アメリカのエンターテインメント企業であり、世界中で展開しているサブスクリプションサービスがあります。 これも他の作品と同様、アイデアから生まれたものだ。 

この場合の黒幕は、1960年10月8日にボストンで生まれたReed Hastings Jr.である。)

彼は、ケンブリッジの私立学校を卒業した後、ボードイン大学で数学を学び、1981年には、彼の重要な関心事であった将校訓練に従事しました。 

平和部隊から帰国後、スタンフォード大学に入学し、1988年までにコンピュータサイエンスの修士号を取得し、ソフトウェア開発者となったのです。

1991年にはPure Software社を設立し、1997年には非常に高額な金額で売却している。

有名な起業家の例

目次を見る

リーダーシップについて