Carlos-barraza-logo-50

10 企業とリモートワーカーのためのリモートワークの課題

によって書かれています。

リモートワークには、メリットもデメリットもあります。

大きなメリットは、世界のどこにいても仕事ができることです。

いろいろなところに旅行したり、住んだりしたい人には嬉しい特典かもしれませんね。

また、自分のスケジュールをコントロールできるため、より柔軟なワークライフバランスを実現できることが多いのもメリットです。

しかし、企業にとっても、個人にとっても、リモートワークには欠点があります。

リモートワークは、自宅や喫茶店で仕事ができるため、従業員にとってはありがたい話かもしれませんが、すべてが思い通りになるわけではありませんし、特にその管理は大変です。

今回は、企業やリモートワーカーがリモートワークを行う際に、管理・発注を円滑に行うために克服すべき10の課題をご紹介します。

タイムゾーン管理

リモートワーカーに必要なものは何かというと、企業が直面するいくつかの課題があります。

まず、遠隔地のチームメンバーの中には、タイムゾーンが違ったり、直接会うことができない人もいるため、コミュニケーションの問題が発生する可能性があります。

時間帯の違う勤務時間は、打ち合わせが必要な時に苦労するかもしれませんね。

世界中に散らばっているチームメンバーが何人もいて、その全員を集めて会議をする必要がある場合、それはリモートワークの最大の課題の1つとなり得ます。

チームメンバーの結束力を高める

さらに、全員がリモートで仕事をする場合、チームの結束や文化を作るのが難しい場合もあります。

チームの結束力を高めることは、リモートワークの課題でもあります。なぜなら、全員がリモートで何かに取り組む場合、チームスピリットや一体感を生み出すことが難しいからです。

そのためには、定期的なチームミーティング(対面またはビデオ会議)を行い、仕事以外の交流も促し、非同期で一緒にプロジェクトに取り組む機会を設けることで、克服することができます。

コミュニケーションに必要なインフラを整備

技術インフラの構築は、従来のオフィス環境と同じレベルのインフラリソースを提供することが困難なため、リモートワークの課題としてよく取り上げられます。

ビデオ会議やファイルの共有など、技術的に困難な場合があります。

さらに、新しいツールやシステムの使用方法について従業員のトレーニングが必要になることもあり、リモートワークのインフラを構築するための全体的なコストがかさむ可能性があります。

また、企業は、ホームオフィスや社外でのリモートワークの際に、従業員にプラットフォームを提供できるよう、エンタープライズモビリティマネジメントやSlackのような実用的なソリューションに投資する必要があるでしょう。

同僚からの孤立、対面での交流の欠如

リモートワークが持つ主なデメリットや問題の1つに、同僚からの孤立があります。

そのため、孤独感を感じたり、モチベーションを維持するのが難しくなったりすることもあります。

また、実際に会って話をしないと、強い人間関係を築くことは難しいかもしれません。

リモートワークは、一部の従業員にとって孤立し、燃え尽き症候群につながる可能性があります。

オフィスという環境がないと、モチベーションや集中力を維持するのが難しい

young woman using computer remote working

最大の課題は、従来のオフィス環境でない場合、集中力やモチベーションを維持することが難しいということです。

また、仕事中に他の人と一緒にいないと、孤独を感じやすいものです。

リモートワークの課題のひとつに、モチベーションの維持があります。

同じ物理的な空間にいない場合、チームとの間に断絶を感じることがあります。

さらに、仕事とは関係ないことが周囲で増えてくると、集中力を持続させ、タスクを遂行することが難しくなります。

日課を作り、境界線を設定することは有効ですが、それでもリモートワークでモチベーションを維持するのは難しいことです。

家庭での注意力散漫の増加

自宅での気晴らしがリモートワーカーにとってデメリットになり得る理由はいくつかあります。

まず、在宅勤務を選択した場合、従来のオフィス環境と比較して、より多くの潜在的な気が散る可能性があります。

例えば、せっかく家にいるのだからと、洗濯をしたり、テレビを見たりして休憩を取りたくなるかもしれません。

さらに、子供やペットがいる場合は、それらも注意力散漫の原因になります。

たとえあなたが世界で最も規律正しい人であっても、周囲に多くのことが起こっていると、集中力を維持するのは難しいものです。

また、リモートワーカーにとって、自宅での気晴らしが課題となるもう一つの理由は、プライベートと仕事の境界線を作り、維持することが難しい場合があるためです。

在宅勤務の場合、予定より早く仕事を始めたり、遅くなったり、休憩時間が長くなったりしがちです。

過労死は、ホームオフィスの環境でも普通に起こりうることです。

これは、時間の経過とともに燃え尽き症候群や生産性の低下につながる可能性があります。

オフィスで仕事をしている人は、自分の仕事のスケジュールを把握しているので、それを守るのは簡単ですが、自宅で仕事を続けるには、時間をあまり気にしないようにする必要があります。

もし、あなたが自宅で仕事をしすぎて、注意力散漫に悩まされているとしたら、状況を改善するために試せることがいくつかあるはずです。

まず、勤務時間を決めて、なるべくそれを守るようにしましょう。

そうすることで、1日に何らかの構造を作ることができます。 さらに、特定のエリアを指定するようにします。

たまには外に出て、家の中にいるだけで心が休まるようにしましょう。

生産性を高めるための強力な時間管理と自己管理の必要性

リモートワークにおいて、時間管理や自己管理が課題となる理由はいくつかあります。

まず、在宅勤務の場合、家族や友人、家事など、仕事の時間を奪うような気が散ることが多いため、集中力を維持するのが難しいことがあります。

また、勤務時間や通勤時間が決まっていないため、仕事の時間がプライベートの時間に流出しやすく、燃え尽き症候群になりがちです。

最後に、同僚や上司と顔を合わせることがなければ、モチベーションを維持し、目標を達成することは難しいでしょう。

したがって、在宅勤務で生産性を高めるためには、規律正しく、適切な時間を仕事に充てることが非常に重要である。

充実したオフィスリソースの不足

また、オフィスで働く場合のようなリソースやサポートが受けられないというデメリットもあります。

例えば、プロジェクトで助けが必要な場合、同僚のデスクに行くのではなく、オンラインのリソースに頼ったり、メールや電話で同僚に連絡したりしなければならないかもしれません。

会社のネットワークを通じてしかアクセスできないソフトウェアがあるかもしれないので、それがあることが必要です。

あるいは、特別なデバイスの電源を入れるために出てきたとしても、では、リモート社員は自宅からではできないことがあるのです。

生産性を高めるための強力な時間管理と自己管理の必要性

企業も従業員も、双方にとってリモートワークが満足のいくワークモードとなるよう、心がけてください。

多くの経営者は、リモートカンパニーを、より良い働き方を構築する機会として捉えています。

リモートワークの課題を克服するために、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、自宅に専用のワークスペースを設置するようにしましょう。

そうすることで、集中力を維持し、気が散らないようにすることができます。

第二に、チームや経営陣と定期的にコミュニケーションをとることです。

そうすることで、全員が同じ見解を持ち、期限を守ることができるようになります。

最後に、毎日、自分のためにリラックスして充電する時間を持ちましょう。 そうすることで、燃え尽き症候群を防ぎ、健全なワークライフバランスを維持することができます。

リモートワークで適切なワークライフバランスを作るには?

リモートワークを始めるにあたって、適切なワークライフバランスを作るためにできることがいくつかあります。

まず、自分で規則正しい時間を決めて、なるべくそれを守ること。

そうすることで、1日を構成し、十分な仕事を早く終わらせることができるようになります。

そうすることで、燃え尽き症候群を回避し、仕事とプライベートを分けて考えることができます。

2つ目は、1日の中で休憩を取り、充電とリラックスをすることです。

立ち上がって体を動かしたり、少し歩いたり、数分間デスクから離れましょう。

立ち上がって足を伸ばすことで、集中力を維持し、リフレッシュすることができます

自分の仕事のスケジュールや境界線について、大切な人とコミュニケーションをとる。

仕事に集中したいときや、スペースが必要なときは、その旨を伝えましょう。

孤独を感じ始めたら、コミュニティやコワーキングスペースを探しましょう。

在宅勤務は孤独になりがちなので、社交的で人とつながる方法を見つけることが重要です。

最後に、仕事に関連する活動は、毎日決まった時間に限定するようにしましょう。

仕事が終わったら、パソコンの電源を切って、寝る前に自分の心をほぐす時間を作りましょう。

これらのコツを守ることで、リモートワークでも健全なワークライフバランスを実現することができるはずです。

リモートワークの詳細
目次を見る