Carlos-barraza-logo-50

精神保健医療における職業倫理

健康産業には真の変革が必要であり、橋本インメンの記事でも紹介したように、従来の医療では真の真の癒しが見られないのです。

体のバランスだけでなく、感情や精神のバランスを崩している根本的な原因があるのです。

メンタルヘルスケアについて考えたり、話したりするとき、私たちは何を思い浮かべますか? 認知療法、抗うつ剤、抗精神病薬、抗不安薬、あるいは青汁一杯、ジュース療法、ウコン粉末、認知伝導療法、自然ワーク、スピリチュアルワーク、食物炎症除去食、ビタミンD、栄養不足の対処?

残念ながら、従来の治療では、最初の方法が確立されており、これが本当の治療方法なのか、なぜ他の選択肢を最初に試さないのか、という疑問が湧いてくる。

では、精神保健の専門家となると、どこからが倫理的なジレンマなのでしょうか。

もし、精神保健の専門家がすでに、人を精神的に癒すのに効果があると言われているものを適用し、その倫理指針に基づいて判断しているのなら、なぜわざわざ他の選択肢や他の倫理原則を探す必要があるのでしょうか。 単純な答えですが、その方法は本当の意味での癒しにはならないからです。

続いて、精神医療における職業倫理について、経験を踏まえての意見を述べます。

精神保健の職業倫理
によって書かれています。
目次を見る

精神医療における一般的な倫理的問題

精神疾患か、それとも霊的覚醒か? 精神科医のスタニスラフ・グロフが言うように、本当の病理を見分ける方法、あるいは感情的な苦痛が実際に精神的な緊急事態や心身症であることを見出す方法。

メンタルケア業界は果たしてどのように問題視しているのか、あるいは癒しのチャンスなのか。

私たちは病気を持っているのか、それとも治癒の兆しを持っているのか?

今まで考えられなかった要因があったかもしれないのに、なぜ即座に精神病のレッテルを貼るのか。

私たちは皆、何かに無知であり、あるトピックの専門家であると自負していても、その逆を示されるまでは、実は真実だと思っているパラダイムがあるかもしれません。

それぞれの時点で、医療従事者は倫理的な問題に対処し始めています。 何が正しいのか?

では、命を脅かす人がいるとき、医療従事者はどうすればいいのでしょうか。 自殺する人を止める、あるいは自殺しようとする人にさせる、あるいは自殺すると言って助けを求める、あるいは注目を集めるだけなのでしょうか。

精神保健の専門家は、確立された倫理的ガイドラインによって、あるいは鬱や不安の兆候や患者が示している意識の変容によって、自分自身を導くべきでしょうか。

あるいは、その組織で定められた倫理規定の手順であるから、その人を精神科に連れて行くために、自分で治療する、あるいは他人を治療するという考えを与えることは、医療専門職による倫理的なことだろうか。

人が変性意識状態にあるとき、何が起こっているのか、部外者からは説明できない。 そこでまた倫理的なジレンマがやってくる、どうしたらいいのか?

意識変容を起こした患者が臨床精神医療機関にやってくると、医療従事者はすぐに何が起こっているのかを探ろうとし、精神疾患を探し、患者にラベルを貼り、従来の治療プロセスを開始しますが、これは正しいことなのでしょうか、それとも業界がこのプロセスや倫理指針を確立したからこのように行われているのでしょうか?

問題は、精神保健の専門家が、どの倫理原則に従うべきかということになる。

それもそのはず、明らかに精神疾患を持つ人が世間と地続きの感覚から外れたときにどうすればいいのか、本当にきちんと確立されていることはほとんどない。

全国リラクゼーションデー、リラクゼーションの実践、心の健康、スローライフの考え方。 若い女の子と

なぜメンタルヘルスで倫理が重要なのか?

その人の精神状態、そして未来、癒しの視点、それがメンタルヘルスで倫理が重要である理由とシンプルに話しています。

そして、守秘義務の話だけでなく、患者さんが取るべき判断の話もあります。

スピリチュアル・エマージェンシーを受け、自分自身の癒しの道、自分自身の本当の健康の擁護者になる道を歩んできた人たち、自分の健康は自分自身の責任であり、医者の言うことは石に刻まれているのではないということを自覚するようになった人たちが、精神衛生において本当の癒しを示しているのです。

そして、患者が変性意識状態にあるとき、次に地形世界に戻るための適切な時間を与え、遊びを続け、芋や肉などの地面と重い食べ物を与えれば、人は感覚を下げることができます。

このことを地域の精神保健に理解させ、エゴを捨て、精神保健の専門家は意思決定者ではなく、ガイドであることを自覚させる必要があります。

ここで、自律性の原則に立ち戻る。 自律性はどこにあるのか、医師は患者とそれ以上の話し合いをすることなく、独断で決めているのではないか。

倫理的な大原則に基づいて倫理を完全に回復し、精神保健機関に新しいプロセスを確立する必要があります。

私たちはすでに、人々を故障からブレイクスルーへと導く真のヒーリングパスを発見している世界的な団体を目の当たりにしています。

精神医療における倫理的原則

オックスフォード大学の言語学によれば、倫理とは、人の行動やある活動の遂行を支配する道徳的原則のことである。

Merriem Webster辞書によると、Moralとは、行動における善悪の原則に関連するものであるとされています。

主な医学における4つの倫理原則受益、非受益、自律、正義である。

では、医学的な見地から見て、何が正しいのか、間違っているのか。

精神科のカウンセラーや医師、看護師は、何をすべきかどのように確立しているのでしょうか?

何が正しいのか、あらかじめ決められているのでしょうか? しかし、もしすべての人が体の形という意味でユニークであるならば、なぜ、あらかじめ定められた倫理指針は、個人の形ではなく、すべての人に向けられるべきなのでしょうか。

医学の目的は、人を治癒に導くことだと思うのですが、間違っていますか?

薬や医薬品は人を治さない、それが医療の原点でなければならない。 癒しを与えるのは、身体、心、精神です。

薬で症状を緩和することはできても、その人の心のバランスを崩している根本的な原因を解決できるわけではありません。

もし医療業界が薬や新しい薬を正しい解決策と見なし続けるなら、倫理原則が最初から偏っていることになります。

による倫理と心の健康の物語で読まれているように。アメリカ医師会看護師や精神保健福祉士が、薬を与えたり、症状について話したりすることが正しい道であり、正しいことであるとする倫理的な立場があるのです。

しかし、身体、心、魂の状態をさらに細かく分析しているかというと、話は出てきません。 医師は、少なくとも物語の中では、問診や根本的な原因を追求するのではなく、ただ症状を指摘するのみです。

そして、健康産業全般への主な提言は以下の通りです。

  • 明らかな問題に対して、解決策しかないと思い込まないことです。
  • 根本的な原因として考えられることは何ですか?
  • レッテルを貼られた病気ではなく、その人に対処する。
  • 治癒メカニズムとしての症状

そして、新ドイツ医学の生物学的法則に基づき、アンバランスの原因を探ることができます。

そして、なぜそれを「問題」と呼ばず、「癒しの潜在的機会」と呼ぶのか。

マインドについて