4 ソーシャル・アントレプレナーシップの特徴

起業家の姿は、リーダー、ダイナミック、ニーズを見極める力など、さまざまな特徴を持っていると定義することができます。 起業家の人生のどこかで、何かのきっかけで自分のビジネスをすることになった。 ビジョンを持つことで、彼らは「何か」を得るために努力するようになりました。 現在、社会起業家たちの間にあるその「何か」とは、「より良い世界に住むことができる」という信念です。 近年、人々のために環境を変えるという使命感を持った人々に、新しい社会起業家の特徴が見られるようになってきました。 社会起業家のビジネスは、お金が目的ではありませんが、活動するためには資源が必要です。 それでも、社会起業家は、その範囲と受容性のおかげで成長しています。

しかし、社会起業家のビジネスは何が特別なのでしょうか?

hand of a businesswoman is holding a pen pointing at the graph and using a laptop

社会起業家とは?

まず、社会起業家とは何かを定義し、その概要を明確に把握することが重要です。 Investopediaによると、このように定義されています。

社会起業家とは、地域社会の問題を解決する可能性のある新しいアプリケーションを追求する人のことです。 このような人たちは、リスクと労力を惜しまず、自分のイニシアチブによって社会にポジティブな変化をもたらすことができます。 インパクト・インベストメント、コンシャス・コンシューマリズム、企業の社会的責任プログラムなどのエシカル・プラクティスの普及は、社会起業家の成功を促進します。

社会起業家は情熱を持っています。

社会起業家は、自分の好きなことをして、自分の目的を最善の方法で追求しようとするからです。 通常の勤務時間は数時間ではなく、一日中です。 その情熱は時に、食事や睡眠、さらにはパーティーなどの時間を犠牲にしてでも仕事に変えてしまうほどです。ビジネスが安定したある時期には、より大きな報酬が得られるかもしれないからです。

young female entrepreneur reading electronic book on laptop during lunch in modern restaurant
起業家のプロセスの段階

社会起業家には倫理が不可欠です。

正しいことをすることが、社会起業家のビジネスの本質です。 その価値観が組織の内外に伝わり、ステークホルダーからの信頼を高めることになる。 社会起業家の理想は、より良いコミュニティを作るためのインパクトを探すためのエンジンです。

社会起業家は、地域のニーズを理解しています。

社会起業家は、自分のコミュニティが何を求めているかを知っているので、革新的な方法を模索し、マイナスの状態を元に戻すことができます。 そのニーズを満たす能力があれば、起業家は変化を生み出すモデルを作ることができます。

african entrepreneur reading financial reports working in modern office

社会起業家とは、世界を変えることです。

世界全体を変えることは難しいですが、社会起業家のビジネスは、自分のコミュニティで最初の一歩を踏み出すことを目指しています。 彼らは、いつの日か、自分の起業が、自分自身や他の誰かに倍加するようなインパクトを生み出すかもしれないことを知っています。 最終的に重要なのは、人々の生活にポジティブな変化をもたらすことです。

社会起業家の4つの特徴を振り返る