5 海外で働くために重要な異文化間スキルの例

自分の出身地や文化、習慣、社会とは異なる国に移住し、ビジネスを始めることを決意する人が日々増えています。

だからこそ、海外で働くための5つの異文化対応力とは何かを知ることが大切です。

海外で働くための異文化スキル
によって書かれています。

目次を見る

なぜ、異文化対応能力を身につけることが重要なのでしょうか?

海外への移住は決して簡単なことではありませんが、時には選択肢よりも必要に迫られることもあります。

経済、社会的安定性、犯罪、教育、文化などが最良の状態でない国があり、人々はこれらの点でより良い選択肢を提供してくれる国を探す傾向があります。

より良い生活の機会を求めて移住を希望する人の多くは、通常、言語を心配し、流暢に習得することに集中します。 しかし、これがすべてではありません。

国際的なポジションに採用された人は、様々な視点から新しいことを学ぶというチャレンジをしなければなりません。

それを拒否することは、失敗や適応できないことを意味し、結果として金銭的またはその他の損失をもたらすことになります。

一方、ある種の異文化スキルを身につけることは、社会的、文化的、そして仕事の面でもメリットがあり、仕事を十分にこなすことができるだけでなく、対人関係も円滑にすることができます。

大学でノートパソコンを持った笑顔の多文化学生のグループ
オフィスで握手する多国籍のビジネスパーソンたち

異文化対応力を身につけることのメリットは何ですか?

一人の人間が自分のコンフォートゾーンから出て、冒険に出ようと決心したとき、その人もまた新しい状況に身を置き、さまざまなスキルを身につけることになるでしょう。

人の国際化は、人生の様々な面での発展をもたらします。

言語、共感、批判的思考、柔軟性、文化的認識などの異文化スキルを身につけ始めると、その人はプロとしてのレベルだけでなく、自分自身の成長にも取り組むようになります。

異文化対応能力を身につけることの利点としては、異なる視点から世界を見ることができるようになること、人生の見方や生き方に普遍的な真理はないことを学ぶことができることなどが挙げられます。

様々な側面から多様性を取り入れ、異なる境遇の人を尊重するようになります。

常に異文化に接し、異文化から学んでいる人は、異文化の中で人々がどのように問題を解決しているかという国際的な経験を豊かにすることができます。

5 異文化スキルの例

これらは、あなたが海外でのプロフェッショナルなキャリアをさらに発展させたいと考えているならば、考慮に入れることができる異文化間のスキルの例です。

1.言語を話す

移住を希望する人が最初に考えるのは、その国の言葉を話せるかどうか、ということが多い。 その意味では、世界の大部分を占める英語やスペイン語などの言語を学ぶことは、より大きな意味を持つかもしれません。

言語はコミュニケーションの手段であるだけでなく、人と人との間の壁を取り払い、情報を流暢に共有するためのツールでもあります。

また、労働から文化に至るまで、国の基本的な活動に移住者が参加することを促進する社会化ツールでもあり、それゆえに異文化間コミュニケーションの重要性が指摘されています。

2.適応性と開放性

移住する人には、異なる国でスタートすることへのチャレンジ精神と、それに伴う文化的、社会的、労働的な変化に対応する能力が求められます。

それは簡単なことではないかもしれませんが、人生や国を変えるときには必要なことなのです。

さらに、移民にとっては、プロセスが容易になり、トラウマにならずに済むというメリットもあります。

もちろん、これは仕事のために新しい国に到着した人が、提示されたものをすべて受け入れ、抗議せずに順応しなければならないということではなく、その場所での新しい習慣、伝統、仕事のやり方に心を開いておくということです。

変化を嫌う人や抵抗感のある人は、海外で働くのはやめたほうがいいでしょう。プロセスが複雑になる可能性があるからです。

3.共感、寛容、尊重

多文化な同僚たち

共感、寛容、尊敬は人間の基本的な価値観であり、海外で働くことを希望する人にとってはなおさらです。

共感」とは、他人のニーズや問題、習慣や伝統を理解するために、他人の立場に立って物事を考えることができる人間の能力を意味します。

これは、自分が所属したい国や人々の文化を理解しなければならないことを意味しています。

一方、「寛容」とは、変えられないもの、戦えないものを受け入れるための知恵と忍耐を意味する価値観であり、たとえその国の文化が移民の文化と何らかの形で衝突したとしても、それを受け入れることができなければならないということである。

最後に、尊敬とは、他の人間、人、文化、伝統などを攻撃しないという価値観であり、この新しい国の前で賞賛を示すことができるのです。

敬意を払うということは、それを実践する側の配慮や服従を意味しますが、それは他人がその人を攻撃したり罵倒したりすることを容認するということではなく、許容される範囲を尊重しなければならないということだと言っていいでしょう。

4.文化的認識

人はどこに行っても、知識は力であることを知るべきであり、文化についても同じことが言えます。

文化的認識」とは、文化的知識のことで、人々の慣習や習慣、背景には違いがあることを理解し、それを受け入れて尊重し、双方が利益を得られるようにすることです。

また、文化的認識とは、人間が他の文化を識別し、尊重し、それを必要とする状況において、他の文化から学ぶ能力であると理解することもできます。

それは、海外で仕事をするような場面で、重要な戦略として機能するというものです。

5.クリティカル・シンキング

両手を挙げている友達のグループ。 多文化、友情、祝賀の概念。

この「クリティカル・シンキング」という言葉は、自分の身の回りに起こる状況を識別し、評価し、分析し、解釈する人の能力を意味します。

この品質は、それを実践する人にとって、次のようなメリットがあります。

  • 問題や葛藤のある状況をより明確に、より正確に認識することができる。
  • 理解と分析を深め、効率的な解決策を見出すことができるようになった。
  • ニーズを満たすことを目的とした、活動の計画と管理の改善。

最後に、批判的思考とは、価値判断や結論を急ぐことなく、異なる視点を知り、後に検証して意識的に判断するための実践であると断言できます。

クリティカル・シンキングは、幼い頃から取り組んで身につけることができ、通常は学校の段階で鍛えられます。この資質を維持することは、将来、特に海外で働きたいと考えている人にとって大きなメリットとなります。

これらのスキルは、海外で仕事をし、その国で生活をしたいと考えている人にとって、完璧なツールとなります。

基本的には、成功の可能性を高めるための資質です。

リファレンス

プロフェッショナル・キャリアの詳細