橋本甲状腺炎 治療計画に欠かせない食事

橋本式食事療法は、あなたの治癒の道を歩む上で重要な役割を果たします。 橋本式ダイエットのコツをご紹介します。
ハシモト・ダイエット
によって書かれています。

目次を見る

個人に合わせた橋本式ダイエットを行うべき理由とは?

ここで、橋本さんが気をつけなければならない重要な要素のひとつが、食事です。

最初に行った医師や内分泌内科では、自己免疫疾患における腸の重要性について言及しているのを聞いたことがありませんでした。

橋本の典型的で最も一般的な治療法は、レボチロキシンを服用し、3ヶ月ごとにTSH値を検査し、必要に応じて調整する、というものです。

もし、あなたが橋本甲状腺炎や橋本の心理的症状についての私の他の記事を読んだことがあれば、それはでたらめです。

あるいは部分的に。

橋本を治す、あるいは少なくとも症状を軽減するためには、何を食べるかが重要です。

一人一人が独自のマイクロバイオームを持っており、その体に応じて免疫反応も異なってきます。

そこで、ここでは、個人に合わせた橋本式食事療法の重要性について述べたいと思います。

もし、あなたが橋本ダイエットをグーグルで検索して、いろいろなサイトで推奨されているかどうかを確認しているのであれば、それはあなたの独自性を考慮していないと言わざるを得ません。

ネット上で推奨されているのは、一般的な橋本式ダイエットの方法です。

橋本式朝食のアイデアを検索してみましたが、卵を入れると書いてあるものもありましたが、実は私は食物過敏症の検査で卵が食べられません。

私が最初にお勧めするのは、可能性があるのであれば、機能性医学を専門とする医師、または、どの食物が自己免疫反応を引き起こすかを示す食物感作性のテストを依頼できる専門性の高い医師のもとに行くことです。

思い出してください。私は医師ではありませんが、人々を癒すことなく失望させている従来の多くの医師よりも、すでに多くの経験を持っていることは間違いありません。

橋本ダイエットにおけるグルテン除去の重要性

私は、抗生物質やその他の処方薬の使用が明らかに腸内膜に影響を与え、リーキーガットになっているのではないかと考えていますが、おそらく医師はそのような話はしないでしょう。

グルテンは、グリアジンというたんぱく質を含んでおり、腸から血液中にろ過され、甲状腺組織と似ているため、橋本式ダイエットではグルテンを除去する必要があります。

そのため、免疫系がこれに対抗する場合、甲状腺組織に似ていることから甲状腺組織も標的となり、結果的に甲状腺とホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

もちろん、体調や自己免疫反応にもよりますが、橋本病患者のほとんどはグルテンを除去しています。

内分泌ウェブによると、グルテンも腸内で炎症を起こします。

腸の健康は、全身の健康を大きく左右します。 グルテンは悪者ではありませんが、グルテンを含むジャンクフードを過剰に摂取することで、炎症反応を引き起こし、悪化させてしまう人もいます。

Endocrine Web
Inscription TSH with 健康な甲状腺のためのビタミンを含む製品と成分

私の橋本ダイエット

橋本と診断されて、もっと早く知りたかったこと、いや、もっと前から知りたかったこと

治癒や生活の質を高めるためには、自分に合った橋本式ダイエットを行うことが本当に大切です。

橋本についてもっと調べよう、TSH、T3、T4の値が正常であっても体調が良くないのはなぜか、と最初に決めたとき、私はGoogleで調べ始めました。

また、自己免疫疾患の患者さんがインターネットで検索するのは、従来の医師が慢性疾患の治療法を理解していないからだと思います。

言ってみれば、腸内に入るものをケアしていないから慢性化するのです。

例えば、パンはもちろん、小麦粉を使ったパンが体に悪い影響を与えていることに気づかなくても、小麦粉を使ったパンは白パンよりも美味しくて健康的だという考えがあるので、食べ続けてしまいます。

そして、一部の医師が教えてくれない答えを自分で探さなければなりません。

だからこそ、私はもう一度言いますが、できることなら、まず食物感受性検査をして、自己免疫反応を調べてみてください。 これは、何が自分に直接影響するかを知るための大きな一歩となるでしょう。 もちろん、除去食を行うこともできますが、自己免疫反応は症状が出るまでに時間がかかることがあるので、何が自分に影響しているのかを特定するのは難しいでしょう。

橋本式ダイエットを実現するための食物過敏症テスト

そして、おそらくここにも橋本甲状腺炎の場合に行うべき最も重要な検査があります。

ただ、一般的にはこのテストはかなり高価なものになるかもしれません。

食物過敏症を検査するためにラボに行き、どの食品が抗体反応を起こすかを確認することが今のところできないのであれば、まずは除去食を作ることから始めましょう。

私はドイツでこの検査を行いましたが、メキシコの主治医も食物過敏症の検査を依頼する予定でした。

橋本ダイエットでは、グルテン、乳製品、卵を避けることが推奨されていますが、人はそれぞれ異なり、個性的です。

私の場合、乳製品に含まれるタンパク質であるカゼインは、私の反応リストに入っていませんでしたし、低脂肪乳を飲むことも問題ありません。

ここでは、私が抗体に反応した食品のリストをご紹介します。

グループ1は、私が毎日食べることができる食べ物です。 グループ2は、私がインターカレーションできる食べ物です。 グループ3は、中程度の抗体反応を示す食品です。 グループ4は、抗体反応が高い食品です。

グループ1:毎日食べることができる

グループ2。インターカレーションの可能性

グループ3:中位の抗体反応

グループ4:高抗体反応

このテストをもとに、私は橋本式ダイエットを始めました。

これは、医師が言ったことや、ハシモトの人々に一般的に推奨されていることだけではなく、私の検査結果から出てきたものなので、個人に合わせたハシモト・ダイエットです。

また、メキシコに戻ってからは、豆類が引き金になっていることに気づき、橋本式ダイエットでも豆類を抜いています。

もちろん、どの食品が自己免疫の引き金になっているかを正確に把握していれば、橋本式ダイエットを構築するのはずっと簡単です。

繰り返しになりますが、このリストは全体的な推奨事項やアイデアとして捉えてください。あなたは個性的で、異なる自己免疫反応を持っているかもしれません。

橋本 目が離せないビタミン

ビタミンD

極めて重要なビタミンD。

ドイツに住んでいたとき、ビタミンDの検査をしたところ、実はかなり低かったのです。

メキシコに戻ってからも、機能性医学の医師は、治療を始めてから数ヶ月後に再検査を行いました。

ビタミンDは、自己免疫疾患のある人にとって重要な役割を果たします。

ビタミンDは、歴史的には骨代謝の調節に関連していた。しかし、ビタミンDのシグナル伝達と、免疫反応を制御する多くの生物学的プロセスとの間に強い関連性があることを示す証拠が増えている。(Yang et al, 2013)

ビタミンB

ビタミンBは、別の検査をしたところ、私も低値でした。

また、ホモシステインの値が高くなっている可能性もありますので、そちらの検査もしてみると良いでしょう。

自己免疫性甲状腺機能低下症の患者では、診断時と定期的なフォローアップ時にvit-Dとvit-B12の欠乏を調べる必要がある。(Aktaş H.Ş., 2020)

亜鉛、銅、セレン

亜鉛、銅、セレンは、甲状腺の機能を良好に保つために重要であると言われています。

ある研究では、橋本甲状腺炎や顕在性甲状腺機能低下症の患者において、必須微量元素の血中濃度、特に銅、セレンの比率が甲状腺機能に直接影響を与える可能性があると言及されています。(Milutinovic et al 2016)

プレグネロロン

プレグネノロンは、副腎によって体内で自然に生成されるホルモンです。プレグネノロンは、コレステロールからも作られ、テストステロン、プロゲステロン、コルチゾール、エストロゲンなどのホルモンを作る際の出発物質となります。体が出発物質として生化学的に使用することから、プレグネノロンは「前駆体」または「プロホルモン」と呼ばれることもあります。(USADA)

実は私、このホルモンが何なのか、その存在すら知りませんでした。

機能性医学の医師にプレグネノロンの検査を頼まれましたが、驚いたことにプレグネノロンの値が非常に低かったので、プレグネノロンを補ってもらいました。

また、TSH、T3、T4だけではなく、他の栄養不足が影響している可能性もありますので、医師に検査してもらうようにしましょう。

各種グルテンフリー小麦粉の金属スプーン
ボディの詳細