Carlos-barraza-logo-50

14 棚卸資産の利点と欠点

在庫とは、企業が顧客の需要を満たすために手元に置いておく在庫や商品の量を指す。

事業の円滑な運営と収益性において重要な役割を果たしている。

この記事では、在庫のメリットとデメリット、そして在庫管理がビジネスにどのような影響を与えるかについて説明する。

Advantages and Disadvantages of Inventories
によって書かれています。
目次を見る

棚卸資産の利点

棚卸資産のデメリット

在庫とその利点

在庫は、ビジネスにいくつかの利点をもたらす:

手元に十分な在庫を持つことで、企業は顧客の注文に迅速に応えることができ、顧客満足度の向上につながる。 顧客は迅速で信頼できるサービスを重視するため、在庫をすぐに入手できるようにしておくことで、企業は効率的にニーズに応えることができる。

在庫は、企業が予期せぬ需要の増加に対応することを可能にする。 顧客からの注文が突然急増したり、市場の需要が急増したりした場合、手元に在庫があれば、企業は滞りなくこれらの要求に応えることができる。

適切な量の在庫を持つことで、企業は業務を円滑に遂行することができる。 生産の遅れを防ぎ、在庫切れのリスクを最小限に抑え、中断のない生産と効率的なサプライチェーン管理を可能にする。

インベントリーのデメリットとは?

棚卸資産には利点もあるが、次のような欠点もある:

在庫の重大な欠点は、余剰在庫を保有するために資本が拘束されることである。 企業は在庫の購入と保管に資金を投入する必要があり、これはキャッシュフローに影響を与え、事業の他の分野への投資能力を制限する可能性がある。

在庫の保管にかかるコストは、特に大規模な倉庫スペースを必要とするビジネスの場合、相当なものになる可能性がある。 家賃、光熱費、メンテナンス費用は、事業の全体的な運営コストを増加させる可能性がある。

在庫のもう一つの欠点は、陳腐化のリスクである。 長い間在庫として残っている製品や材料は、古くなったり、期限切れになったりする可能性があり、その結果、事業にとって損失となる。 したがって、在庫レベルを管理し、製品ライフサイクルを監視することが極めて重要である。

在庫管理はビジネスにどう影響するか?

効果的な在庫管理は、ビジネスの成功において重要な役割を果たす。 円滑なオペレーションと収益性を確保するために、在庫レベルをコントロールし、最適化することが含まれる。 在庫管理がビジネスに与える影響には、次のようなものがある:

適切な在庫管理によって、企業は在庫レベルを管理し、最適化することができる。 需要パターンをモニタリングし、それに応じて在庫レベルを調整することで、企業は過剰在庫を最小限に抑え、保有コストを削減することができる。

デッドストックとは、需要がない、あるいは陳腐化した商品のことである。 在庫管理は、タイムリーな販売を確保したり、陳腐化する前に在庫を処分するために必要な措置を講じたりすることで、企業がデッドストックを最小限に抑えるのに役立つ。

在庫管理は、効率的なサプライチェーン・マネジメントと密接に結びついている。 サプライヤーと調整し、需要を正確に予測することで、企業は原材料や完成品の供給力を確保し、サプライチェーンにおける在庫切れや混乱のリスクを最小限に抑えることができる。

過剰在庫のリスクとは?

十分な在庫を持つことは不可欠だが、過剰在庫はさまざまなリスクや課題につながる:

過剰在庫を長期間保有すると、保有コストが増加する。 これらのコストには、倉庫保管料、保険料、減価償却費などが含まれ、事業の収益性を圧迫しかねない。

過剰在庫に資金を拘束され過ぎると、企業のキャッシュフローに問題が生じる可能性がある。 そのため、他の分野への投資、債権者への支払い、成長機会の活用などが制限される。

過剰在庫は陳腐化のリスクを高める。 製品が古くなったり、需要がなくなったりすると、企業は割引価格で販売したり、損失として計上しなければならなくなり、損失を被る可能性がある。

在庫レベルを効果的に管理するには?

企業は、在庫レベルを効果的に管理し、過剰在庫に関連するリスクを軽減するために、いくつかの戦略を採用することができる。 効果的なアプローチには以下のようなものがある:

顧客の需要を正確に予測することは、企業が顧客のニーズを満たすために必要な在庫の最適なレベルを決定するのに役立ちます。 過去のデータ、市場動向、顧客インサイトを活用して、より正確な需要予測を行うことができる。

需要動向や販売パターンに基づいて定期的に在庫を補充することで、過剰在庫や品切れを防ぐ。 在庫の回転率とリードタイムを把握することは、企業が再注文の適切な時期を特定し、最適な在庫レベルを維持するのに役立つ。

在庫管理システムやソフトウェアを使用することで、在庫管理プロセスを合理化することができる。 これらのシステムは、リアルタイムのデータを提供し、在庫管理を自動化し、より良い意思決定を促進するためのレポートを作成する。

ビジネスプランニングの詳細はこちら