WordPressでCore Web Vitalsを最適化するための5つのヒント

これは、業界大手のGoogleが新たに発表した「ページ・エクスペリエンス」という指標で、これを用いることで、ページ上での訪問者の体験を数値化し、それを改善することが可能になります。

Core Web Vitalsを最適化し、クリエイターとユーザーの良好な関係を実現するための最適な選択肢についてご紹介します。

WordpressでCore Web Vitalsを最適化するための5つのヒント
によって書かれています。

This post is also available in: English Español Deutsch Français 日本語

目次を見る

コア・ウェブ・バイタル

前述したように、Core Web Vitalsは、Webサイトはもちろん、インターネット上で自分のサイトを訪れた人の体験を向上させたいと考えているWordPressユーザーのためのSEOページ体験指標です。

これらの指標は、体験を数値化するための3つのキーデータに基づいています。

  • 最大のコンテンツフル・ペイント。 LCP(Largest Contentful Paint)メトリクスは、ビューポート内に表示されている最大の画像またはテキストブロックのレンダリング時間を、ページの読み込みを最初に開始した時点と比較して報告します。
  • ファーストインプットディレイ。 FIDは、ユーザーが最初にページを操作したとき(リンクをクリックしたり、ボタンをタップしたり、JavaScriptを使ったカスタムコントロールを使用したとき)から、その操作に応じてブラウザが実際にイベントハンドラの処理を開始するまでの時間を測定します。
  • 積算レイアウトシフト。 CLSは、ページの全寿命期間中に発生した予期せぬレイアウトシフトに対して、レイアウトシフトスコアの最大のバーストを計測するものです。

これらの指標の評価パーセンタイルは75%で、この割合の訪問者が、Core Web Vitalsを最適化するための戦略が効果的であったと考えるには、最高のスコアを達成する必要があることを考慮しています。

Core Web Vitalsの指標は、主にモバイル端末からのアクセスを含めて体験を数値化していますが、パソコンでも利用可能です。

Core Web Vitalsを最適化することで、Google Search Consoleの結果を改善することができます。Google Search Consoleは、エラーを特定し、発生した問題を解決することができるツールで、検索エンジンの中であなたのサイトが1位になるようにします。

Pagespeed-cloudways-vultr-high-frequency-june-2021

なぜコア・ウェブ・バイタルがSEOに関連しているのか?

2021年半ばの時点でCore Web Vitalsを最適化することで得られるメトリクスは、ウェブサイトをSEO的に順位付けして配置する際の重要な要素と考えられます。

これは、GoogleがCore Web Vitalsの指標をウェブサイトのランキングに考慮することを意味しており、このツールのSEOへの関連性は明らかです。

もしあなたがWordPressユーザーで、SEOのポジショニングを改善したいのであれば、Core Web Vitalsを最適化することが最良の選択肢となります。

これは、2021年5月以降、Googleがページのコンテンツを考慮してポジショニングを行うだけでなく、サイトのユーザーエクスペリエンスの観点から、SEOの技術的な側面を考慮することを意味しています。

コア・ウェブ・バイタルを最適化する5つのヒント

これらは、Core Web Vitalsを最適化し、サイトのポジショニングを改善するために考慮できる有用なヒントです。

ヒント1:ホスティングの改善

ホスティングの改善は、Core Web Vitalsを最適化するための戦略の1つです。なぜなら、サーバーの応答時間、ひいてはウェブサイトの読み込み速度は、ホスティングに依存しているからです。

Cloudwaysなどのマネージドホスティングプラットフォームの中には、お客様のサイトに高い読み込み速度を提供し、SEOのポジショニングを向上させることができるものがあります。

読み込み速度の大部分は、ウェブサイトが設置されているサーバーに依存することを覚えておいてください。

ヒント2:WebP画像に切り替える

ノートパソコンを使って仕事をしている女性のクローズアップ画像

WebPフォーマットは、Googleがユーザーに提供している画像の一種で、圧縮された形で表示されるため、JPEGと同じ品質でありながら、重くならないようにすることができます。

Webサイトの画像をWebP形式に変更することで、画像の品質を落とすことなく、読み込み速度を改善し、ユーザーのページ操作を最適化することができます。

Core Web Vitalsを最適化するには、ユーザーエクスペリエンスを向上させる必要があり、読み込み速度はその一部であるため、定量化の際に考慮される指標の一つとなっています。

画像の最適化やWebPへの画像変換をサポートするShortPixelなどのプラグインがあります。

ヒント3:WP Rocketで最適化する

WP Rocket

WP Rocketは、プログラミング分野の専門家でなくても、コードを圧縮してCore Web Vitalsを最適化することができるキャッシュプラグインです。

このプラグインを使用すると、短時間でサイトが最適化され、訪問者数の増加のチャンスが増え、測定基準の改善のおかげでポジショニングが改善されます。

ヒント4:Staticallyで静的コンテンツを配信する

Statically

ウェブサイトには、ロゴやファビコンなどのスタティックなアセットがありますが、Staticallyを使ってそれを高速化することは素晴らしい選択肢です。

Staticallyは、このような固定コンテンツをウェブサイト上で高速化することができるプラグインで、読み込み速度を向上させ、Core Web Vitalsの最適化に貢献します。

ヒント5:AssetCleanupで必要なリソースだけを使う

Asset-CleanUp

キャッシュプラグインに加えて、ページの不要な要素をすべて削除する機能を持つ別のプラグインをサイトにインストールしておくと、読み込み速度に影響を与えず、ユーザーがサイトにとどまることができます。

AssetCleanupは、ウェブサイト上の不要な要素の削除を代行するWordPressプラグインで、必要なものだけを残すことで読み込み時間を短縮することができます。

AssetCleanupでできることの一例として、お問い合わせページを除いて、本当は必要のないCSSやJSファイルを使ったフォームが挙げられます。

そのため、このプラグインを使用すると、これらのファイルがウェブサイトの他のページに読み込まれるのを防ぐことができ、読み込み速度が大幅に改善され、Core Web Vitalsの最適化につながります。

AssetCleanupでは、HTMLコードの削減や不要なリンクの削除なども可能です。

最後に、ウェブサイトの競争力を維持し、ポジショニングを向上させるためには、ユーザーがページに入ったときに最高の体験をすることが不可欠であることを覚えておいてください。

このため、GoogleはCore Web Vitalsが提供するメトリクスを重要な要素とみなしており、それらを最適化することが基本となります。

コア・ウェブ・バイタルをウェブサイトに最適化するための5つのヒントを実践することで、Googleがあなたのページを最初の位置に考慮することを確実にすることができます。

Core Web Vitalsを最適化するための追加の推奨事項

自分で試してみても、ページスピードインサイトの改善やコアウェブバイタルの最適化ができない場合は、追加の支援を求めることをお勧めします。

あなたのCore Web Vitalsを向上させることができるFiverr Freelancersがいくつかあります。

Rehmatは、このウェブサイトの速度向上に貢献したフリーランサーです。https://fvrr.co/3pDuhWJ

あるいは、Webのコアな部分を最適化してくれる他のフリーランサーを探すこともできます。

最適化後数ヶ月のCore Web Vitalsの結果

SEOについて詳しくはこちら