完璧なタイムマネジメントを実現するには?

21世紀に入ってから、私たちの多くは、完璧な時間管理が人生にとっていかに重要であるかを実感しています。 時間管理のコツについてはこちらをご覧ください。
によって書かれています。

カルロスの意見-。
計画的な時間管理。

私たちが数えられる資源があるとすれば、それは「時間」です。

そして、時間は、どれだけあるかわからない資源です。

時間管理は、非常に主観的で複雑な資源であり、完全にコントロールすることはできません。

確かに、ドイツにいたことで、時間に対する異なる文化的な視点を知ることができました。

メキシコとドイツを比較すると、この2つの文化の間には、時間の流れが本当に大きく異なっています。

メキシコ人は “Ahorita “という言葉を使いますが、これは時間を表す副詞で、実際に何時とは特定できません。

通常の副詞は “ahora “で、今すぐという意味ですが、”Ahorita “と言ってしまうと、ほとんどの外国人が戸惑ってしまいます。

対して、ドイツの文化は、より具体的な時間軸を持っていると言えます。

今では世代によって時間に対する考え方が異なりますが、特にビジネスの場では、ドイツ人は時間の計画を立てるのが上手です。

ドイツ人の友人の中には、Googleカレンダーの予定を完全に把握している人がたくさんいて、十分な準備をした上で、彼らと一緒に集まることを検討することもありました。

メキシコ人をはじめとするラテンアメリカの文化は、時間に関してはあまり具体的ではないかもしれません。

私のような国は、文化的な「アホリータ」と特定のアジェンダとの間のバランスをより慎重に見つけなければならないほど、時間は本当に重要な資源なのでしょうか?

個人的には、時間管理は個人的な目標や仕事上の目標を達成するために役立つスキルだと思います。

時間管理のスキルを身につけることは、いわゆるワークライフバランスを保つための健康的な側面でもあり、仕事中毒の人はやめどきを知り、注意散漫な人は集中して生産性を高めるタイミングを知ることができます。

完璧な未来を計画することは不可能ですが、主な目標に向かって確実にステップを踏むことで、達成者に近づくことができます。

タイムマネジメントとは?

休息や好きなことをするための十分な時間を確保することは、時にクレイジーに思えるかもしれませんが、ここでご紹介する情報により、時間を有効に使うことは不可能ではないことがわかります。

時間管理とは、ある期日までにやらなければならないタスクが残っているときに行う行動のことを言います。

一般的に時間管理というと仕事のイメージが強いですが、家庭でも、自分の好きなことを楽しむ自由な時間を確保するためには、正しい時間管理が非常に必要です。

時間管理には、テクニックを駆使した練習が必要で、それを身につけ、習慣化し、良い結果を得ることが必要です。

時間管理の方法

ご存知のように、タイムマネジメントを向上させる鍵は、解決すべき課題に追いつくための戦略と方法にあります。

主に、これらの適用を選択することができます。

懸案事項の優先順位を適切に決めてください。

今日できることを明日に持ち越さない。 ギリギリまで仕事を残しておくと、ストレスや不安を感じるだけでなく、見直しの時間が取れずに仕事の質が低下してしまいます。

あまり重要でない仕事は、恐れずに他の人に任せるようにしましょう。

どうすれば時間をうまく管理できるのか?

心に留めておくべきことは、完璧な時間管理を実現するためには、それが個人的な決断であり、それを達成するための戦略やテクニックを忠実に守ってこそ、良い結果が得られるということを意識しなければならないということです。

今の時代、気づかないうちに時間を浪費してしまう気晴らしは数知れず。

決められた時間内に順番に作業を進めていくタスクルーティンで、思ったよりも短い時間ですべての問題を解決し、最新の状態にすることを保証します。

とりわけ、これらの戦略を最初に適用して、時間を管理し、保留中のタスクのレベルを下げてみてください。

事前に計画を立てる。

解決したいテーマについて、自分自身を教育する。

それらのタスクは、プロアクティブなものとリアクティブなものを選択し、同時進行で取り組めるものと単独で取り組めるものがわかるようにします。

重複しているタスクや不要なタスクをリストから削除します。

重要度の高い順に優先順位をつけ、期日を決めます。

各タスクにかける時間を規定よりも短くするようにします。 そうすることで、より積極的に行動できるようになり、アクションプランを練り直すことができます。

少なくとも最初のうちは、1日のうち数時間を懸案事項に充てるようにしましょう。

タイムマネージャーを定義する資質

タイムマネジメントの学位を取得する必要はありませんが、整理整頓のスキルを高める努力は必要です。

時間管理のスキルは様々なものがありますが、確実に自分で時間管理ができるようになります。

ここでは、タイムマネージャーを表現するための資質をご紹介します。

彼らは、保留中のタスクやすでに完了したタスクをフォローアップする人たちです。

彼らは、自分が保留している責任と、委任できるものを把握することに集中しています。 これにより、結果に関する情報も持つことができます。

用意された選択肢の中から、最も適切なものを選択するために評価を行います。

現在だけでなく、将来的にも結果を出すための戦略的なプランを考えます。

彼らは、計画を実行するための意思決定に基づいて、目的の結果を出します。

彼らは、正確かつ流動的に委任することができ、それは自信を示しています。

計画を実行するために必要な情報をすべて選択するようにしています。 チームやサブジェクト・マター・エキスパートからの意見やインプットを受け入れることに加えて

彼らは、自分が担当する活動を即座にかつ効率的に処理し、自分が常に注意を払う必要のないものは委任したり排除したりしなければならない時もあります。

時間管理を改善するためのステップ。

タイムマネジメントとは、1日の終わりにどれもが未完了にならないように、日々の活動を効率的に管理することだと考えてください。

このような人たちは、完璧なタイムマネジメントを実現するために、あるステップを適用していますが、それは次の話です。

1.職業上の将来について計画する。

時間管理は仕事の場だけではないと強調していますが、実は仕事の場で時間管理を行うことは、有能なプロフェッショナルであることを示すだけでなく、責任を負い、正しい判断ができる人間であることを示すことにもつながるのです。

2.より少ない時間でより多くのことを成し遂げるための戦略を立てる。

時間管理の鍵が優れた整理整頓であるならば、目標は、より少ない時間でより多くのことを成し遂げることです。

だからこそ、優先順位をつけたTo-Doリストを作成し、同時にできるタスクを検討して、2つ以上のタスクを同時に完了させるというアプローチが必要です。

3.効率と生産性を重視する。

集中することで、目の前の活動をより速く実行することができるのです。

この技術を職場で応用すると、残業しなくて済むので、仕事のスケジュールに直結するメリットがあります。

4.エモーショナル・インテリジェンスの実践

日々の仕事の中で時間をうまく使えば、ストレスに悩まされることも少なくなります。

逆に言えば、日々の責任に直面したときに感情的な知性を働かせることで、気分や実行意欲が高まり、よりスムーズに達成できるようになることがわかるでしょう。

5.決断することを恐れてはいけない。

時間を適切に管理するために必要な資質の一つは、決断力です。

この能力は、ToDoリストを整理することで身に付き、完成していきます。

決断することで、時間がないというプレッシャーも軽減されます。

6.自分に自信を持つこと。

自信のある人は、自分の能力の範囲を確信しています。

この資質により、優先度と難易度に基づいて活動を整理することができ、設定した期限を尊重することができます。

7.先延ばしにしない。

自分の時間を管理するタスクの順番のおかげで、より早く目標に到達することができます。

時間を管理している人は、サプライズやギリギリまで何もしない。

ソーシャルメディアのような気が散るものに簡単にアクセスできると、パフォーマンスに影響が出ます。

その間に自分の時間が持てるように、時間を設定することをお勧めします。

覚えておいてほしいのは、人生のバランスを取ることであって、人生を生きるために邪魔をすることではないということです。

8.プロセスを信頼する

自分の考えや日々の仕事を整理すると、生活の質が高まります。仕事や家事とは関係なく、自分の好きなことに時間を割くことができるからです。

このバランスがあるからこそ、人はより整理された、柔軟で楽しいライフスタイルを送ることができるのです。

タイムマネジメントのメリット

ここまでくると、時間管理のメリットがいくつかわかってきたのではないでしょうか。

職場では、より良い組織風土と職場環境を享受することができます。

ストレスレベルが下がり、個人的にも仕事の面でも生活の質が向上します。

あなたが世界に向けて発信するイメージは、信頼できる人のイメージです。

より良い仕事の機会を得ることができるようになります。

リソースの有効活用ができるようになります。

想定外の出来事やミスの許容範囲が大幅に減ります。

プロとしての評価が高まり、より良い評価を得ることができます。

また、効率や生産性も向上します。

タイムマネジメントの重要性

完璧な時間管理の重要性は、個人的にも仕事上でも、自分に関わるすべての活動を効率よく、効果的に、時間通りに行うことができるという個人的な満足感を得られることです。

時間管理を学ぶことで、複数のタスクを同時にこなせるようになり、練習を重ねることで習慣化し、最終的には素晴らしい結果を残すことができるようになります。

また、自分が日々直面しなければならないコミットメントをより意識するようになり、仕事や割り当てられた活動の提供や遂行が滞った場合に、それを行うために自分自身を組織化しなければならないというフラストレーションや罪悪感を軽減することができるようになります。

私生活では

時間管理は仕事をしているときだけに適用されると思われがちですが、実はプライベートでも大きな効果があります。

家族や友人との約束でも、時間を守らなかったり、出席しなかったりしても、その影響を受けずにすべての仕事をこなすためには、時間の整理が大切です。

だからこそ、仕事だけを優先して時間をやりくりするのではなく、個人的なことにも気を配って、人生のバランスを調和させていきましょう。

仕事中。

明らかに、個人的なタスクやコミットメントを完全に遵守するために良い時間管理を行う場合は、仕事の責任でそれを行うと、素晴らしい結果を得ることができます。

組織で働いていると、日常生活は期限付きの機能や目的を中心に回っています。だからこそ、時間を整理することで、競争力や生産性を高め、他の人に差をつけることができるのです。

完璧なタイムマネジメントを実現するには

目次を見る

プロフェッショナル・キャリアの詳細