教育におけるテクノロジー:生徒の成長の基本的な柱となる。

教育におけるテクノロジーは、世界全体の基本的な柱であり、将来の世代が存在する大きな課題に立ち向かえるかどうかは、テクノロジーにかかっています。
によって書かれています。

カルロスの意見-。
教育におけるテクノロジー。

大学で働いている友人とタコライスを食べながら、パンデミックの話になり、それがテクノロジーの推進力になったという話になりました。

確かに、外部の状況が変化の強力な推進力になることはありますが、教育技術もそれに負けてはいませんでした。

食事をしながら話していると、彼女は「若者はTik ToksやSnapchats、Instastoriesを作る経験は豊富だが、教育技術に関しては遅れている」という経験談を話してくれました。

つまり、これからの世代は本当にデジタルネイティブなのか。

ソーシャルメディアのプラットフォームを知っているからといって、テクノロジーを使いこなせているという証明にはならないことは確かです。

テクノロジーが進歩し続け、企業の主要なコラボレーションや仕事のツールとなっていく中で、学校でもきちんと教えていかなければなりません。

企業が求めていることを大学がきちんと教えているかどうかが議論されている現在、大学はビジネス・テクノロジーの活用を取り入れるべきだろう。

私の経験では、主に最も多く使われていたソフトはOfficeでした。

大学では、誰もがWord、PowerPoint、Excelを使ったことがあるでしょう。

しかし確かに、実際には学生が知らないような高度なExcelスキルを必要とするビジネスもあります。

さらに、ERP、CRM、POS、その他の管理ソフトウェアなど、より高度なシステムになると、これらは主に企業で働いているときにしか経験できません。

また、開発者向けの言語では、Python、R、PHPなど、技術者でない人には難しいと思われるプログラミング言語については、おそらく語る必要はないでしょう。

では、少なくとも学校で教えるべき技術は何か。

確かに、大学では理論ばかりを学ぶのではなく、どのような職業にも対応できるような技術力を身につけるべきだと私は考えています。

少なくとも、大学時代に投資した時間を、すでに仕事や事業を持ちながら学ぶために使うべきではありません。

教育におけるテクノロジーは、単なるファイル共有ソフトではなく、仲間同士のコラボレーションを構築するものでなければなりません。

今日の教育におけるテクノロジーの関連性とは?

教育は全世界の基本的な柱であり、将来の世代が日々存在する大きな課題に立ち向かうことができるかどうかは、教育にかかっています。

だから、本当は2つとも違うものではなく、両立させなければならないのです。

テクノロジーが教育の基礎になっていなければ、若い人たちが職業の現実に直面する準備ができないでしょう。

現在の教育にテクノロジーが絡んでいなければ、彼または彼女は効果的な仕事をすることができません。

私たちの知っている世界は、イノベーションによって表現されています。

毎日、新しい理論が作られ、医学的なブレークスルーがなされ、新しい人工物が作られます。

私たちは、呼吸する空気と同じようにテクノロジーと関わっています。

これは知らず知らずのうちに、私たちの生活にバランスを与える重要なポイントとなっています。

だからこそ、私たちは生き物として、説明できないほど今日の世界とつながっていることを理解する必要があるのです。

私たちは、知識を増やし、将来的に仕事をする上でより大きなチャンスを得るために、その時々の大きな技術的傾向を把握しておく必要があります。

テクノロジーは教育をどう変えたか?

数年前までは、学校や高校、大学などの教育現場におけるテクノロジーは過剰に不足しており、むしろ学生にとっては常に邪魔なものと考えられ、教育機関の学生の仕事のリソースとしては使われなくなっていました。

これでは、教育と仕事の実態が乖離してしまいます。

番組制作の経験がない若い人が入社してすぐにモニターの前に立つのは、手作業で行うことに慣れているからです。

時間がかかるだけでなく、2つのことを引き起こす落胆の存在を表しています。1つ目は、これらのプログラムを学ぶために学習時間を捧げること、2つ目は、知識不足による感情的な崩壊で、プロフェッショナルは仕事に失敗し、自分の職業を放棄することになります。

このことは、学校や高校、大学でも次第に注目されるようになりました。

学校におけるデジタル時代の必要性を検討するために、小さな規模で始めることができます。

現在のパンデミックによって、それが差し迫った必要条件になってきています。

わずか数年、あるいは数ヶ月の間に、教育におけるテクノロジーが、教育機関が地球の隅々まで到達するための柱となるという、劇的な変化が起きています。

考えられないことだったのが、学生の成長を継続させるためのエンジンになった。

なぜ教育にテクノロジーが重要なのか?

技術的な統合は、教育に超越的な影響を与えています。

学生たちは様々なプログラムに参加し、技術的なツールのエキスパートとなっています。

年配の方に比べて高い性能を持っていても

新しい世代は、その性質上、同じ操作を並外れた能力で理解する機能を持っています。

そして、企業や法人、公的機関や民間企業が、従業員がより快適に仕事ができるように、ハイエンドのデバイスに毎年何百万ドルもの投資をしていることは周知の事実です。

このように、現状では、教育におけるテクノロジーは、その重要性を超えて、プロとして登場するためのより良いチャンスを得るための必須条件となっています。

教育における重要な利用法としてのテクノロジーの軌跡で強調されているポイントは以下の通りです。

近代的な素材へのアクセス。

学校や高校、大学、さらには都市部でも、学習資料を入手するために図書館を頼りにしていたことはよく知られています。

当時は理想的な知識の習得方法でしたが、学生がグローバルな理解をするための関連情報を保証するものではありませんでした。

教育におけるテクノロジーのおかげで、ボタンをクリックするだけで、世界最高の大学の研究を含む作品をわずか数秒で自由に手に入れることができます。

子供、ティーンエイジャー、大人を対象とした、例題を用いた説明ビデオで、学習内容をより正確に理解することができます。

物事の理由を事実に基づいて理解できるようになるため、学生は自分の基準を飛躍的に伸ばすことができます。

学生を世界の文化の目利きにする。

生産性向上をサポートします。

もう一度、図書館の例に戻りますが、あるテーマの定義だけを知るのに、人は何時間かかりましたか?

答えは簡単です。何時間もかけて、一般的なテーマを開発するためにも、すべての本を読み、研究に関連するテキストを手に入れるために、何日も、あるいは何ヶ月もかかりました。

今日の若者は、アプリケーションを使って、電子書籍やPDFブックの中から必要な単語を検索することができます。これにより、時間が大幅に短縮され、プロジェクトに有益なコンテンツを読むために多くの時間を費やすことができます。

ティーチングスキルが向上した教師

子供の頃から持っているであろう知識が先生にかかっているのですから、先生というのは大きな責任があります。

彼らは、生徒の成長において重要な指針となります。

テクノロジーのおかげで、教師はさまざまな方法で授業を行うことができるようになり、特定のコースを理解するのが難しい生徒にも話題を合わせることができるようになりました。

あなたのクラスのメンバーの人生に想像を絶する影響を与える教育を刺激する。

その時々のイノベーションに対応した授業を行う努力をしている教師は、生徒に自己啓発の基礎を与え、成功するプロフェッショナルを育てているのです。

教育機関がテクノロジーを導入する際に直面する問題にはどのようなものがありますか?

どんなことでも、テクノロジーと結びついた教育の真の恩恵を誰もが享受できないという問題は常に存在します。

また、これらの進歩は電子機器だけでなく、ソーシャルネットワークや検索エンジン、さらには命を救うための新しい理論にも焦点が当てられているのも事実です。

だからこそ、現代の資源は、私たちの知っている人生をそのような進歩によって導いてくれるということです。

中でも、出現を妨げる代表的な問題は以下の通りです。

誰もがテクノロジーにアクセスできるわけではありません。

テクノロジーを中心とした教育を行うためには、教育機関にもテクノロジーが必要であり、そうでなければ実行できないことがわかりました。

これは大きな問題で、デジタル化は誰もがお金を払って手に入れられるものではないため、贅沢品になってしまうのです。

私たちはXXI世紀にいるにもかかわらず、多くの都市、町、そして国では、学校や大学でテクノロジーが導入されることで得られる恩恵からは程遠い状況です。

このような素晴らしいメリットを享受できるのは、ほんの一握りであること。

しかし、このギャップがどんどん開いていき、より多くの人がデバイスを選択できるようになっていることは注目すべきことです。

変化に適応するのが難しい。

大多数の教師は伝統的な教育をベースにしています。つまり、すべてのイノベーションの敵であり、伝統的な方法が長年にわたって結果を出してきたために、デジタル時代に対応しようとしない教師がいるのです。

多くの先生や教授、教師がデジタルと連動した教育プロジェクトを作ろうと努力しているにもかかわらず、これが学生の成長を妨げる大きな間違いです。

一方で、現在の世界に適応することの重要性について、自分自身やクラスに恩恵を与えようとしない人も多くいます。

このモデルで授業を続けることは一見無害のように見えますが、一言で言えば、学生の進歩する能力を止めてしまい、職業として実践するための判断力を高める授業になってしまいます。

適応できないということは、現実を受け入れられない人間だということです。

デジタル時代は、私たちの歴史を刻んできましたし、これからもそうであり続けるでしょう。世界は非常に速く前進しており、私たちがそれに合わせて成長しなければ、成功のチャンスは本当に少なくなってしまいます。

教育におけるテクノロジープラットフォームの例。

数年前までは、学生が教育プロジェクトを円滑に進めるために導入していたMicrosoft Office文書などのツールが数多くありますが、技術の進歩により、学生がより完全で体系的な教育を受けられるようなデジタル教育プログラムが増えてきました。

これらは、生徒だけでなく、教師も楽になるようにとの思いが込められており、教育の方向性を進化させるものとなっています。

近年のパンデミックによる世界的な健康状態の変化に伴い、様々な面で変化が生じていますが、コロナウイルスによる病気から生徒を守るための教育方法として、テクノロジーを活用することが飛躍的に増えています。

大きなブームであると同時に、教室でデジタル時代を生きることが可能であることを示しています。

ユーザーがより完璧なパフォーマンスを発揮できる最も優れたプラットフォームとして、以下のものがあります。

Google Classroomです。

グーグルのプラットフォームであるため、オンラインで完全な教育を行うことができるツールが求められていることから、ここ数ヶ月で多くの人に利用されるようになりました。 しかし、Classroomはそれ以上に、対面式の授業からオンラインまで使えるので、ミックスメソッドになっています。

Classroomは、論文や試験はもちろん、会議の予定を立ててバーチャルで行うこともできるので、とても充実しています。 さらに、最も関連性の高いメリットとして、あらゆるデバイスに対応しているため、学生は携帯電話、タブレット、コンピュータのいずれからでも自由に作業を進めることができます。

このシステムは完全に自由なシステムであるため、学生コミュニティ全般にとって非常に有益なものとなっています。 学生などの機関がgmailアカウントを開設するだけでアクセスできるようにする。

ズーム

linux、windows、mac、android、iOSなど、どのOSからでも利用可能なビデオ会議・バーチャルミーティングプラットフォームです。

また、様々なオプションが用意されており、教育機関の教育プロセスにおける理想的な支援となっています。 中でも最大の特徴は、最大200人のユーザーが会議に参加できることです。

さらに、クラスが必要とする場合には、グループに分けて、より個人的な交流ができるようにすることもできます。 また、画面共有などの機能もあり、先生が授業に役立ちそうな教訓的な資料を見せることもできます。

つまり、生徒が会議に参加できない場合、教師が会議を録画し、そのビデオを生徒に送信することで、生徒はクラスメートと同じ情報にアクセスすることができるのです。

クラスルームと比較した場合のデメリットは、完全に無料ではないことです。 すべての機能と時間無制限のビデオ会議を利用するには、zoomプラットフォームからパッケージを購入する必要があります。

Microsoft Teamsです。

Microsoft Teamsは、企業だけでなく学校でも、重要なコラボレーションツールとなっています。

このツールは、ファイルの作成や共有のプロセスに役立ちました。

リモートコースは、ビデオプラットフォームを介して行われ、人々が簡単にアクセスできるようになっています。

Microsoft Teams for Educationでは、通常の授業環境を目指すことができます。

このツールは、学生が仕事の現場で使用するソフトウェアであることは間違いありません。

テクノロジーは教育のベースです。

デジタル時代は、パンデミックの状況による変化により、今日の教育の基礎となっています。

しかし、その先にあるのは、学生を最良の方法で指導するための基本的な柱であることに変わりはありません。

これにより、将来、訓練を受けた経験豊かなプロフェッショナルを確保し、彼らの仕事ぶりを支援すると同時に、彼らが達成できる成功に反映させることができるのです。

テクノロジーに適応することは、自分自身の成長を促すと同時に、将来的に多くのチャンスを保証する方法でもあります。

教育におけるテクノロジー

目次を見る

プロフェッショナル・キャリアの詳細