Carlos-barraza

職場での対人関係の重要性について

人間はもともと社会的な存在であり、個人的にも、職業的にも、精神的にも成長するためには、他の人と相互作用するグループ環境で成長することが不可欠です。

そこから、職場での対人関係の重要性が導き出され、時に複雑な問題となります。

職場での対人関係の重要性について
によって書かれています。

目次を見る

対人関係とは?

共通の関心事を持つ2人以上の人々の間で行われる交流の形態です。 この言葉を口にするとき、私たちは、複数の個人が感情、気持ち、活動、経験などを交換するつながりを指します。

社会人類学的なレベルでは、対人関係は今日の社会の基礎であり、社会に属する個人が社会、仕事、家族、教育などの文脈で結びつくことを可能にしています。

その意味で、社会人類学は、人間が環境や他の個人との関係を必要としていることから、これらの相互作用をさまざまな視点から直接評価することができます。

対人関係では、2人以上の個人の間で流動的なコミュニケーションが必要となるため、絆を形成するためには少なくとも1つの媒体を共有する必要があります。

つまり、そのような関係が存在するためには、口頭や書面などでコミュニケーションをとることができなければなりません。

これは、同じ言語を話すか、何らかの方法で理解していない2人が、対人関係を築くことはほとんど不可能であることを意味しています。

同僚とのミーティング

対人関係の種類

対人関係を絆として捉えることは一般的に可能ですが、相互作用の性質に応じて異なるタイプに分類することが不可欠であるため、通常はこれよりもはるかに複雑です。

Affective interpersonal relationships

カップルが一緒に遊んでいる様子

同性または異性の2人以上の人間が、通常は肉体的な魅力、快楽、安心感などに駆られながら、愛や愛情、信頼に基づいた深い愛情関係を築こうとする親密で感傷的な結びつきのことです。

表面的な対人関係

会議中のオフィスで喧嘩をする2人のビジネスパートナー。

それは「知り合い」という絆であり、親切や教育という形式的なやりとりがある浅い関係であり、それがプラスに働くかどうかはわからない。

それらはたいてい一過性のもので、当事者の感情や気持ちに影響を与えることなく、人生において大きな重要性を持たないものです。

このような対人関係のわかりやすい例としては、廊下で挨拶を交わしながらも名前すら知らない隣人同士の関係や、親切に接してくれる郵便配達員との関係などが挙げられます。

これらは通常、期間が短く、その経験が誰かの人生に関連した影響を与えることはありませんが、それが変化して別のタイプの対人関係になることもあります。

状況的な対人関係

路上で一緒に楽しんでいる2人の女友達。 多民族の友人

それは、表面的なものと愛情のあるものとの間の中間的な関係であり、そこでは、他の個人に対して、あまり関係のない、ポジティブまたはネガティブな感情を持つことが可能であり、それはまた、別のタイプの関係に変換または転換することができます。

その名の通り、物理的な近さや共通点が相互作用を生む、状況に支えられた絆のことです。

このタイプでは、職場での対人関係を考えることができます。同僚は、職場環境や日常生活の状況に応じて社交的になります。

前述したように、この絆は、主に状況の変化によって、深くて愛情深いものになったり、表面的でやがて消えてしまうものになったりします。

ネガティブな対人関係

会社のオフィスで同僚と喧嘩をしている怒ったアフリカ系アメリカ人女性、コピースペース

ライバルとも呼ばれ、個人の間に存在するすべての負のつながりを熟考し、通常は敵意として知られ、深い感情を生み出しますが、人々にポジティブなものはありません。

それらは通常、憎しみ、軽蔑、怒り、競争心など、状況に応じて親密とも表面的ともとれる感情を呼び起こします。

他の人間関係と同じように、家庭、仕事、教育などの分野で発生する可能性があり、展開次第では別のタイプに変化、進化していきます。

家族の対人関係

ファミリービジネス

家族の輪に基づいて、これらは通常、血縁または親族のつながりを共有するメンバー間の、肯定的または否定的な、深くて感傷的な関係です。

また、表面的なものもあり、個人が共有する時間や関係性の質にも左右されます。

彼らは通常、その性質上、最も長続きすると考えられており、その明確な例が親子です。

同僚とのマンシェアリング

対人関係の例

ここまでは対人関係の簡単な例を説明してきましたが、このつながりが社会でどのように表現されているかを明確にしておくことが重要であり、そのために最も一般的なものを挙げておきます。

これらの状況はすべて、特定の対人関係に由来しています。なぜなら、友情は1人だけでは成立せず、最低でも2人が必要であり、同じように他の人にも起こるからです。

仕事を例にとると、上司や先輩、従業員、同僚、さらには顧客とのつながりは、それぞれのケースに応じて異なるタイプの対人関係の明確な例となります。

一人しか関わらない仕事というのはありえません。たとえ会社を代表する一人の人間であっても、その人が関わることのできるお客様は、少なくとも2人以上はいるはずです。

職場での対人関係の重要性について

職場での対人関係の重要性は、労働者が人間であり、したがって集団の絆と相互作用に基づいた社会に属しているという事実にあります。

人は島国ではない」という言葉がありますが、「人」であるためには対人関係に参加することが必要であり、そうでなければただの個人になってしまいます。

人間の健全な成長は、ポジティブな対人関係に依存しており、その大部分は、職場など多くの人が働く場所で生じる可能性があります。

仕事は日常的に行われるものですが、職場での人間関係を良好にすることは、生産性を高め、幸せで豊かな生活を送るための方法です。

職場での対人関係は基本的なものであり、個人と仕事の成功のための統合ツールとして機能します。

また、この種の関係は、ポジティブな結びつきであれば、仕事のグループを形成し、効果的なコミュニケーションを確立し、設定された目標をうまく達成するために日々の義務を果たすことができます。

一方、ネガティブなものは、不適合、ライバル、フラストレーション、鬱、そして最終的には放棄を引き起こすだけで、どの企業にとっても望ましいものではなく、有益なものでもありません。

ヘアスタイリストの同僚同士の会話
プロフェッショナル・キャリアの詳細