Carlos-barraza-logo-50

国際ビジネスとは何か、なぜ発展させるべきなのか。

国際的なビジネスがあるからこそ、地球全体が経済の進化や各地の人々のニーズの解決に向けて共に歩んでいくことができるのです。

この記事では、国際ビジネスとは何か、その重要性、そしてなぜすべての企業が国際ビジネスに賭けるべきなのかについてご紹介します。

国際事業とは
によって書かれています。

This post is also available in: English Español Deutsch Français 日本語

目次を見る

国際ビジネスとは?

国際ビジネスとは、2カ国以上が関与する民間および政府間の取引と定義されています。 このコンセプトには、販売、投資、輸送が含まれます。

国際ビジネスの主な種類としては、輸出入や海外直接投資などが挙げられる。 第二種と呼ばれるものには、マネジメント契約、フランチャイズなどがある。

つまり、国家間のモノ・サービス・資源の国境を越えた交流を幅広くカバーするビジネスなのです。 このような交流は、単にお金とモノを交換する以上の能力を備えています。

必ずしも財貨の取得を伴わない国際ビジネスの例としては、外国の見込み客にサービスを提供すること、海外で資産を使用する権利、複雑な金融商品を持ち運ぶ必要がないこと、などが挙げられます。

国際的な交渉の場では、各国の異文化コミュニケーションや慣習、文化的伝統が優先されることがあります。 例えば、アメリカ人の場合、短期的な成果が優先され、人間関係を築くことにあまり重点を置いていないことが確認できます。

例えば、日本人はその逆で、常に長期的に大きな影響を与えるような決断をします。 しかし、彼らにとっては、何らかの取引を成立させる前に、一定の友好関係を築けるかどうかが極めて重要なのです。

鉄道に関する国際商談会

国際ビジネスの重要性

国際ビジネスの重要性は、その国の経済を評価する際に、成長を促進し、海外からの投資を促し、市場に出回る製品の量と質を向上させる能力を持つことから見て取ることができます。

国が消費するものを生産することができるのと同じように、消費者を満足させるためには、市場の多様性も同様に重要である。 また、領域内で消費される製品の品質基準を高めることも目的としています。

国際ビジネスというと、石油などの大きな問題が絡んでいると思われがちですが、実際はもっと深いところにあります。 また、食器や調理鍋など、よりドメスティックな製品であることも可能です。 すべては、消費者が示す関心によります。

国際ビジネスの重要性は、それが一国の成長にとって非常に重要な役割を担っていることに起因しています。 外国貿易と 異文化マネジメント は、世界中の企業がグローバル市場でより大きな影響力と浸透力を持つことができます。

また、多くの場合、他国の知識ニーズを育む役割も担っています。 世界中で売られている特定の場所の伝統的な製品のように、消費者がその原産国で持っている文化を少しでも学ぶことができるのです。

なぜ企業は国際ビジネスを展開しなければならないのか?

では、国際ビジネスとは何か、その重要性についてもう少し詳しく知っていただいた上で、なぜ企業が国際ビジネスを展開すべきなのかを考えてみましょう。

一国の枠を越えて活動することを正当化するために、3つの目的を掲げています。

売上拡大

企業の売上は、消費者が自社の製品やサービスに興味を持ち、購入意欲と能力を持つかどうかにかかっていることは周知の通りです。

人の数も、その購買力も、一国だけで考えるより、全世界で考えれば大きくなる。

このように、企業は自社の市場ポテンシャルを高めると同時に、新たな潜在的市場を探して別の場所で創業する機会を得ることができるのです。

資源調達

応募者の男性に会社の紹介をする女性人事部長。

メーカーも流通業者も、外国で生産された製品、サービス、部品を調達することを意図しています。 さらに、資本、技術、情報などを海外に求め、それを自国内で利用することを意図している。

国際的なビジネスを展開する理由は、多くの場合、コストを削減するためにこの種の取引をしようとするニーズと関係がある。

また、消費者やメーカーは、自国では手に入らないものや製造されていないものを購入する必要がある場合が多いからです。

企業が海外に進出する場合、当初は国内の資源を使うことに問題はないが、この海外進出が始まると、資本や技能などの海外資源を国内事業の改善に使うことができるようになる。

リスク最小化

役員会での国際的なビジネスパートナーのチームワーク。

利益売上の変動を最小限に抑えるために、企業は海外市場に目を向け、その国の景気循環の違い(不況と景気拡大)を利用する必要があります。

国際ビジネスに参入する企業の中には、海外市場で競合他社が優位に立ち、その結果、国内では自社に損害を与えかねないという防衛的な理由で参入する企業が少なくない。 そのため、異文化対応能力を身につけることが重要です。

ビジネスプランニングの詳細はこちら