中小企業向けCRMトップ10

中小企業のためのCRMは、企業と顧客の間に素晴らしい関係を築くための最も効率的で効果的な代替手段です。

頭文字をとってCRMと呼ばれていますが、その意味はCustomer Relationship Management(顧客関係管理)で、基本的には中小企業が顧客と効率的な関係を築くためのインターフェースです。

現在、CRMプラットフォームは、最も革新的で、中小企業にとって最も重要とさえ考えられる企業レベルのツールのトップに位置しています。

中小企業向けCRMトップ10
によって書かれています。

目次を見る

しかし、CRMとは何をするものなのでしょうか?

基本的に、このソフトウェアは、既知の顧客や潜在的な顧客を問わず、顧客に関する情報を保存します。

簡単に言えば電話帳のようなもので、数字やデータを保存するだけでなく、お客様の履歴を保存しているため、メールから購入時の好みまで知ることができる情報を保存しています。

中小企業向けのCRMはこのような仕組みになっています。

CRMの種類

中小企業向けのCRMには2つのタイプがあり、どちらもお客様のニーズや予算に合わせて選ぶことができます。

クラウドCRMとローカルCRM。 クラウドCRMは、オンラインで動作し、特定のコンピュータにソフトウェアをインストールする必要がなく、企業のログインしているどのデバイスからでもアクセスできます。

さて、ローカルCRMやCRMオンプレミスでは、ソフトウェアをコンピュータにインストールする必要があり、また、自前のITチームでメンテナンスを行う必要があります。 そして、そのようにコンピューターやサーバーにインストールされている必要があります。

CRM(Customer Relationship Management)とビジネスマンの文字が入った木製ブロック
クローズアップ ハンドオフィサーがコンピュータのCRMソフトウェアに顧客データを入力している様子。 人のコールセンター業務

中小企業がCRMを導入するメリット

セールス、マーケティング、そしてカスタマーサービスのアシスタントとして活躍しています。

営業について言えば、中小企業向けのCRMは、パーソナライズされた効果的な営業により、より短時間でより多くの収益を上げることができます。

このツールを使えば、マーケティングがより効果的になり、企業が顧客を探す側に回る必要はなく、潜在的な顧客に直接アプローチすることができます。

顧客サービスの面では、販売とアフターセールスのプロセスをより緊密にするためのツールが生成され、これにより、お客様が後で戻ってくるような体験が生まれます。

自社にCRMが必要かどうかを判断するには?

さて、まだ中小企業のCRMの必要性に納得がいかないという方のために、CRMが必要な兆候をいくつかご紹介します。

中小企業向けCRMトップ10

これらは、オンラインで入手可能な最高の中小企業向けCRMを見つけるために考慮することができる有用なヒントです。

1.ハブスポット

hubspot logo

代表的なCRMの一つ。

このタイプの中小企業向けCRMは、マーケティング・レベルで際立っており、また、ニーズに応じて必要なタイプのサプライヤーと顧客を直接結びつけるためのいくつかの機能を備えています。

特定の結果ごとに、より詳細な方法でレポートを生成します。

また、他のシステムとの統合も容易です。

2.オプティマ・スイート

optimasuite logo

このCRMは、中小企業に特化した2種類のソリューションを持つもので、Optimasuite Saleは、時間の節約、売上の増加、またチームのパフォーマンスの測定などのレベルでいくつかの機能を持っています。

一方、Optimasuite SATは、ホームアシスタンスを提供するテクニカルチームに特化し、スタッフの機動力を高めることを基本としています。 このタイプのCRMはクラウド型です。

3.Ahora CRM

ahora-logo

これは、より良いパフォーマンスを提供するため、機器を最大限に活用することで機能するソフトウェアツールです。 このソフトウェアは、360度の視野で動作するツールであることが強調されています。

これにより、会社のあらゆる分野におけるパフォーマンスを測定することができ、同時に解決策を見出すための情報交換も可能になります。

4.Zoho CRM

zoho-logo

このツールの最大の特徴は、さまざまなメディアを介して顧客とコンタクトが取れることと、通知がリアルタイムで届くことです。

独自のバーチャルアシスタント「Zia」がいて、データの取得、販売機会の探索、最適化などを担当します。 どこにいてもアクセスできます。

5.ユンビット

yunbit logo

ユンビットは、基本的にはマーケティングのための商業戦略を重視していますが、同時に企業が抱えるあらゆるニーズに対するソリューションを提供しています。

6.Efficy CRM

efficy

Efficy CRMは、企業のニーズに合わせて、機能をカスタマイズすることができます。 お客様への対応をパーソナライズして改善する必要があるのか、それを予測する必要があるのか。 それを可能にするのがこのツールです。

7.カプセルCRM

capsule crm

組織図を作成することで、各作業チームが特定の目的を持ち、同時に売上を達成するために組み合わせることができるようになります。

8.AMOCRM

amocrm-logo

それは、会社の顧客関係を整理しておくことができるという点で際立っています。

従業員へのタスクの割り当て、アクティビティのあるカレンダーの編成、決定事項の影響度の測定などを行います。

常にアップデートされており、疑問やインシデントが発生した場合には、24時間365日、効率的に対応してくれるテクニカルサポートを備えています。

9.Forcemanager

forcemanager

お客様の状況をリアルタイムに表示し、どの電子機器からでもアクセスできます。 図やグラフ、さらには指標を生成して、進捗状況を測定したり、ビジネスパフォーマンスの詳細なレポートを作成したりすることができます。

小規模な医療機関、建築、産業分野での使用が推奨されています。

保険の営業もそうです。

10.ストリークCRM

Streak CRM

基本的にはGmailとの連携が容易で、これが大きな強みというか特徴となっています。 その機能は、独立した起業家にお勧めです。

グーグルアカウントから離れる必要がなく、潜在的な顧客に直接アクセスし、自動的にメール情報を登録することができます。 メールが開封されると通知が届くなど、シンプルながらもそれ以上のサポートを提供しています。

受信箱からのサポートを提供し、そこから会社のすべてを効率的に管理することができます。
小規模企業向けCRMのトップ10についてご質問があれば、コメント欄にご記入いただければ、できるだけ早く対応させていただきます。

デジタルビジネスの詳細