WordPressの海外SEOチェックリスト|スーパーガイド

によって書かれています。
読みたくない?
記事を読む

カルロスの意見
国際的なSeoのチェックリスト。

私のウェブサイトの目的の一つは、グローバル化です。

また、複数の言語を話すことで、世界中の人々と出会うことができました。

ですから、国際的なSEOに関しても、同じような疑問が生じます。

簡単、マルチリンガルになる。

国際的なSEO戦略には、さまざまなタイプがあります。

完璧な1枚、最高の1枚はどれ?

それは、予算とあなたのフォーカスによります。

もしあなたが大企業で大きなリソースを持っているのであれば、国際的なSEOを行うための最良の方法は、複数のドメインを持ち、それぞれがそれぞれの市場にサービスを提供することです。

アマゾン海外SEO対策を見ていただくだけでも

ccTLDでローカライズされています。

ドメインの分析に深入りしていないのであれば、もう一度、さまざまなAmazonのドメイン名を見てみましょう。

アメリカ用、メキシコ用、ドイツ用など、それぞれのドメインがあります。

これは、コンテンツがすでにその国に焦点を当てているため、SEOを行う上で最良かつ最適な方法でしょう。

しかし、さまざまなウェブサイトを管理するための大きな予算やチームがない場合はどうなるでしょうか。

ブロガーや小規模なEコマースショップであれば、メインの汎用ドメインを.comにして、フォルダを使って他の国を目指すことに集中できます。

サブドメインを使用することは、国際市場を目指すための最良の方法ではないと、MOZはすでに推奨しています。 言語ごとにサブフォルダを用意したほうがいいということ。

海外向けのブログを展開するにあたり、その戦略に力を入れてきました。

時間をかけてブロガーという職業を再活性化させてからちょうど2ヶ月が経ちましたが、世界中からの訪問者数が増え始めていると言えます。

この記事では、国際的なSEOのチェックリストをご紹介します。

もちろん、WPMLやWeglotのようなWordPressの多言語プラグインを持つことの重要性についても言及しますが、それらの主な違いについてはすでに述べたとおりです。

インターナショナルSEOとは?

WordPressの国際的なSEOは、最も重要なコンセプトの一つですが、ウェブのあらゆるテーマに対して良い結果を提供できるため、ますます関連性が高まっています。

どのようなウェブサイトであっても、国際的なSEO戦略を取り入れるのに適しています。ただ、様々な条件を満たしている必要があり、それが非常に良い利益をもたらす特別な仕事であることを認識する必要があります。

国際的な視聴者を増やしたいとお考えの方は、ぜひインターナショナルSEOについてお読みください。

インターナショナルSEOとは、ウェブサイトをすべての国、あるいは少なくともアクセス数の多い国に適応させることを意味する言葉で、最終的にはこの言葉が使われるようになりました。

国際的なSEOは、ウェブの国際化とも呼ばれ、ほとんどの場合、ユーザーが同じ国籍ではないため、デジタルウェブの成功を約束するものです。

この話を続ける前に、国際化に成功した企業は収入が増えるだけでなく、生産性も向上するということをお伝えしたいと思いますが、私たちはそうは言いません。

それを示しているのがAFI、頭文字をとってマドリッドの国際金融アナリストである。貢献度にかかわらず、国際的になった企業は競争力が高まり、経済的な変化にも耐えることができる。

だから、これを読んですぐにアドバンテージだと思わない人は、WordPressの国際SEOの重要性をすべて見てください。

インターナショナルSEOの重要性とは?

国際的な企業になることは簡単ではありません。考え、適用し、分析し、結果を測定し、それに応じて必要な行動を取らなければならないことがたくさんあります。

しかし、大きな努力をすれば大きな成果が得られることはよく知られており、それを提供するのがインターナショナルSEOなのです。

海外SEOの重要性は、ウェブサイトの国際化戦略にも左右されます。

そのため、ブログやEコマースの戦略において、新たなオーディエンスを獲得し、さまざまな指標を増加させるためには、国際SEOがその国際化プロセスの一部となる可能性があります。

もしあなたがそう確信しているなら、インターナショナルSEOはあなたのためのものです。なぜなら、世界のさまざまな地域から異なるユーザーがドメインに入ることは秘密ではありません。

インターナショナルSEOは何のためにあるのか?

世界の国境はどんどん狭まっていますが、インターネットも例外ではありません。レシピを探しているときに、ペルーのウェブが一番おすすめかもしれませんが、他の言語で書かれていると必要な情報を提供できません。

また、スペイン語、英語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語に対応していない場合は、「戻る」ボタンを押して、求めている要件を満たす別のウェブサイトを探すのに十分な理由となります。

国際的なSEOは、このようなディテールが重要であるだけでなく、情報が期待通りの効果を発揮しなくても、より多くの快適さを提供し、ユーザーの滞在を誘います。

そうでなくても、あなたが探している情報が完全に満足のいくもので、しかもあなたの国に最適化されたものであれば、あなたのすべての投稿に対して再利用者を獲得することができると、私たちは完全に確信しています。

まだ海外SEOに興味がありますか? この記事を読んで、ライバルに差をつけましょう。

の基本原則とは?
インターナショナルSEO?

インターナショナルSEOの基本原則」とは、インターネットを通じてあらゆる国のユーザーにリーチするという利益を維持するために留意すべき基本的な側面について言及していることを明確にしておく必要があります。

Wordpressの国際的なSEOチェックリスト

地域間のキーワード

これを理解するために、ブラウザの未知のウィンドウに自分の国のGoogleを入力するだけの簡単な練習をしてみましょう。

私たちの国次第で、その完成を見ることができます。 例えば、「google.de、またはgoogle.com」のように。

気づいたかもしれませんが、国ごとにドメインが決まっています。

これで、任意のキーワードを2つの異なるGoogleドメインで検索しなければならなくなります。

ほとんどの場合、内容が異なるかどうかにかかわらず、同じキーワードが複数の場所に配置されることがあることに気づくでしょう。

これは、例えばキーワードによるトラフィックなど、様々な要因があります。

また、それぞれの国での関連性や、ユーザーの検索方法なども考慮に入れることができます。

しかし、世界の各地域には独自の構造があるだけでなく、特有の語彙や異なる情報ニーズがあることも理解しておく必要があります。

これにより、ある国では他の国よりも記事への反応が良くなることがあります。

つまり、地域限定で作られたコンテンツが他の地域の検索結果に表示されることがありますが、グローバルな一般ユーザー向けに書かれていないため、そのようなユーザーに通用するとは限りません。

各国間のオリジナルで質の高いコンテンツを対象言語で提供する。

これはとても古くて忘れられない前提であり、今では国際的なSEOが重要視されていますが、この基本的なSEOのルールは今でも当てはまります。

品質とオリジナリティの両方が必要な基準であることに変わりはありません。

私たちの国にある自然なポジショニングでは、質の高いコンテンツと思われるものを簡単に見分けることができます。

Googleトレンドなどのツールを使って、その場で開発に関連しそうな課題を確認したり、競合他社との比較を行ったりします。

自分の地域の情報だけでも膨大な量の情報があるのに、さらに複数の国の情報となると、どれだけの量の情報があるのか想像してみてください。

そこで理解しなければならないのは、国の数が多ければ多いほど、分析や比較のポイント、そして情報を組み合わせて創造のプロセスを生み出す必要があるということです。

レスポンシブなコンテンツとウェブサイト。

パソコンでしか情報を得られなかった時代は過ぎ去り、今では持ち運び可能なモバイル機器を使って、オンラインで相談するのが一般的になっています。

私たちのウェブサイトには、レスポンシブなコンテンツが不可欠です。

これにより、デバイスを問わず、すべてのものがお客様の閲覧基準に適合するようになり、読み込みがうまくいっていないようなサイトに比べて、より多くのトラフィックを生み出すことができます。

Hreflangタグを重視してください。

ここが、SEOと海外SEOを区別するポイントです。

これは、Googleが訪問者の言語や所在地を考慮して、訪問者に表示するURLを特定する目的で使用されるタグです。

常に自分の結果をモニターし、測定する必要があります。

これは、SEO対策を含むデジタルマーケティング戦略の基本です。

国際的なSEOの場合、ある国や別の国での動きを意識することは、結果に反映されるため、何よりも重要です。

原理原則を理解していますか?

すでにお気づきかもしれませんが、国際的なSEOの基本原則は、ローカルSEOのそれと変わりません。

だから、名前だけの違いにこだわる必要はない。

この時点で脅かすわけではありませんが、簡単に来るものは簡単に行きます。

ここまで説明してきたことは案外単純なことなので、国際的なSEOを難しく思わせるつもりはありませんが、複雑なのはすべてのポイントを並行して確保する強さを持つことです。

これらの技術を適用する際に、ある種の複雑さをもたらすポイントの一つは、正しい方法で目標を設定することです。

次のセクションでは、国際的なSEOの目的について説明します。

インターナショナルSEOターゲット

インターネットで水を得ようと決断した企業は、常にこの3つのタイプの目的を念頭に置いて開発を進めなければなりません。

言語別ターゲット。

この目的は、貴社がX製品の提供を担当していて、その製品を特定の言語の他国で提供したいと考えている場合に存在します。

メキシコの靴会社が、南米で靴を販売したいと考えているとします。

もしメキシコの会社が、コロンビア、エクアドル、ペルーで靴を販売したいと考えた場合、そこでは同じ製品が維持されているので、同じ言語が話されていても、国ではなく、言語に関連性を持たせることができるのです。

スペイン語がこの地域のマニ語であるため、国際展開はメインの言語に集中しています。

すでに大きなアドバンテージがあり、あとは語彙のセマンティクスに合わせるだけです。

国別ターゲット

これも海外SEOのターゲティングの一つのモデルです。

そしてそれは、会社が特定の国に到達するためのミッションを持っている場合に基づいています。

これは間違いなく、拡大のための新たな挑戦です。

前述の目的で作成したのと同じ例を考えてみましょう。

今回、メキシコのシューズメーカーは、イギリスとドイツに進出したいと考えています。

このメキシコの会社は、英語とドイツ語で製品を紹介することを主な目的としています。 今重要なのは、文化や国の言語適応です。

インターナショナルSEOのドメイン面

国際的なSEO戦略の側面を定義することが基本です。 何を言っているのかわからないかもしれませんが、これは、サーバーがどこにあるかを考慮してウェブサイトの構造を正しく選択し、Hreflangを正しく実装することに他なりません。

サイト構造。

ここまで来ると、目的が国なのか言語なのかを明確にする必要があります。

a. 同じ言語を共有する国のグループに全力を注ぎたい場合は、この言語の選択に基づいてアプローチを選択することができます。
b. 特定の国やオーディエンスにコンテンツを届けたい場合は、常に国別のセグメンテーションを選択することが最善の選択となります。

それを踏まえた上で、自分の目的に合った構造を選ぶ必要があります。

ccTLD - 国別トップレベルドメイン。

この仕組みを利用して、あなたが到達しようとしている国の拡張子を持つドメイン名を取得することができます。

デフォルトでサイトを接続してジオロケーションするわけです。 例: www.ejmp.com.mx

このサイト構造は、予算があり、特定のターゲットに向けたビジネスを行う企業にお勧めです。

サブディレクトリです。

このサイト構造では、ウェブサイトはルートドメインに属する特定のサブディレクトリに地理的に配置されるため、ゼロから始めることなく簡単にそのオーソリティを継承することができます。

地理的なターゲットは、特定の言語に向けられます。 例 www.sample.com/es

これは、リンクビルディングのSEOパワーを1つのドメインに保つために最も推奨される方法です。

サブドメインです。

コンテンツをローカライズするもう一つの方法は、異なるサブドメインを作成することです。

こうすることで、リソースを節約し、複数のドメインに費用をかけずに、コンテンツの異なるローカライズされたスタイルを実現することができます。

その一例として、es.sample.comとde.sample.comがあります。

このサイト構造は、メインドメインとサブドメイン間のリンクジュースが失われるため、最もお勧めできません。

海外SEOにおけるコンテンツマーケティング戦略。

SEOでよく聞かれる質問の一つに、国際的にどうやって行うかというものがあります。

国際的なSEOは簡単な作業ではありません。というのも、ウェブサイトの国際化をどこかで試みたことがある方なら、経験や知識に応じて長い時間を要する作業であることに気づかれるはずだからです。

国際的なSEOを正しく行うためには、あなたが理解し、あなたのウェブサイトに適用しなければならない多くの側面がありますが、心配しないでください。私たちは、できるだけわかりやすく説明しながら、それぞれの側面であなたを助けたいと思っています。

インターナショナルSEO

国際的なSEOを行うためには、コンテンツマーケティングを知ることが一番です。

これまで説明してきたことも、それに続くことも、すべてが密接に関係しています。

そうでなければ、少しでも勉強しておくのが一番です。

最初のステップは、ターゲットを明確にすることです。ターゲットが明確になったら、国際化の過程で到達したい国の地図を作り、参入する新しい市場での直接の競合相手を書き出す必要があります。

これができたら、定義した国でのSEOの機会を評価し始めることができます。

これは、それぞれのSERPで検索することで、相手が何を持っているかを知り、デジタル・プレゼンスを強固にするためのSEOの基本的なポイントを定義することができます。

これには、ミニマリズムの観点から、SEMRush、Ubersuggest、Google Keyword Researchなどの分析ツールを利用するとよいでしょう。

また、同じ検索エンジンをシークレットウィンドウで使用したり、提案されたキーワードを読んだりすることもアイデアになります。

リサーチを行うことで、目指すべきテーマの全体像を把握し、コンテンツを制作することができます。

関連する情報を収集したら、次の手順でコンテンツマーケティング戦略のチェックリストを作成します。

1. 誰があなたの潜在的な顧客になるのかを明らかにする必要があります。

この人物像はすでに地域で定義されているかもしれませんが、新しい国ではそれぞれの国の潜在的な顧客像、いわゆるバイヤーペルソナを作成する必要があります。

これは最初の1枚を持っていなくてもできることで、アナリティクスツールがそのプロセスをサポートしてくれます。

それは、あなたのオーディエンスが持っているトレンドを示し、新しいリージョンごとに探索できるトピックや潜在的なコンテンツは何かを示すものです。

国際的なSEOの中で潜在的な顧客を探索するもう一つの方法は、SEMRushなどのSEOツールを使用することです。このツールでは、目的地の国を選択することができ、その特定の世界の地域内でより良いポジショニングを提供するキーワードなどの情報を表示してくれます。

ここで注意しなければならないのは、ツールが投げてきたキーワードが、自社が事業を展開する市場分野に属するものかどうかを確認し、検索ボリュームがどの程度になるかを検討した上で、自社のウェブサイトで使用することです。

潜在顧客を見つけるための良い質問は、「私の製品は誰に向けたものか?

この質問には、「オーガニック製品で健康増進を図りたいと考えている男性、年配の方」など、非常に具体的な答えがあります。

このような人々に焦点を当て、彼らの現在の、そしておそらく将来の問題に対する解決策を見つけたいと思うでしょう。

2. 海外のキーワード調査をする必要があります。

ここで、国際的なSEOの最初の基本原則としてお伝えしたことに戻ります。

その時点でわかっていることとは別に、今度はUbersuggestやGoogle Keyword Researchツールなどのキーワードリサーチを使って、さまざまなドメインを比較してみましょう。

この分野では、Googleの予測テキストを利用することもできますし、競合他社のサイトに直接アクセスして、どのような問題に取り組んでいるのか、どのようなキーワードで攻撃しているのかを分析し、よりよいコンテンツを計画することもできます。

特に、似たような記事の中で一つ一つ実装していくのは大変な作業ですが、競合他社がいずれ気づくであろう、もう一つの重要なアドバンテージになります。

長期的には、あなたに関連するテーマ別ウェブサイトのすべての数を上回り、彼らが答えられないような優位性を得ることができます。なぜなら、あなたはより研究されたコンテンツを持つことで、すでに非常に優れた優先順位を持っているからです。

3. コンテンツを作るところまできましたね。

このようにして選んだキーワードをもとに、現地語でのコンテンツ制作に取り掛かります。

もちろん、自分の手に負えないようなことがあれば、助けを求めることもできるでしょう。

もしあなたが、ある国を目指しているが、同じサービスを提供する会社であれば、この部分は問題にならないでしょう。

しかし、お客さまにきちんと届くようにするためには、コンテンツに関する細かい調整を意識する必要があるかもしれません。

ある国では、ある言葉が同じように呼ばれていないということが起こり得ます。そこで、複数のサイトで使われている用語を賢く選択する必要があるのです。

この時点で、この2つの用語を同義語として話すために、概念を定義しておく必要があります。

場合によっては全く別のコンテンツを作成して、キーワードを正しく攻略する必要がありますが。

ただ、重複していないか、本当にそれに値する状況かどうかに注意してください。

そうすれば、リソースが無駄に消費されることはありません。

別の言語でも同じサービスを提供したいと考えている企業にとって、これは重要なポイントです。

多くの人が翻訳の技術に夢中になっていますが、実はそれはGoogleのアルゴリズムが許している完全に有効なものなのです。

避けなければならないのは、一部の自動翻訳機を使って作られた、出来の悪い翻訳です。

また、コンテンツを作成する言語を母国語とする人であればなおさらです。

自動翻訳機で何が起こるかというと、言語の使用状況を考慮していないため、表現や意図、利益などの翻訳が正しく取り込まれないのです。

ましてや、あなたが使っているキーワードを、あなたが与えた文脈の中で配置してくれるわけではありません。

自動翻訳は非常に進歩していますが、人間のスラングやセンセーションを機械で翻訳することは困難です。

のワードプレス翻訳プラグイン
インターナショナルSEO。

WPMLプラグインは、国際的なSEO対策に最適なツールのひとつです。

WordPress Multilingual Plugin(以下、WPML)は、Webサイトや単一言語のブログを多言語プラットフォームに変換し、待ち望んでいた地域のユーザーにリーチすることができるWordPressプラグインです。

このツールは、これまでのSEO対策を損なうことなく、40カ国以上の言語に翻訳する機能を備えているので、ウェブサイトのコンテンツを安心して任せることができます。

直感的に操作できるプラグインであるだけでなく、翻訳作業をより簡単にするためのリソースを備えています。

これは、自動翻訳と手動翻訳の両方を備えたプラグインで、何よりも並行して作業ができるのが魅力です。

つまり、サイト全体を翻訳した上で、コンテンツに関連すると思われる部分を微調整する能力があるということです。

国際的なSEOにおいて長年使用されてきた信頼性の高いツールであり、おそらく世界で最も広く使用されているWordPressプラグインです。 これは、継続的に体験を向上させるために、アップデートが止まらないからでもあります。

WPMLプラグインを最適化する機能

多言語ウェブサイトの管理を容易にします。 ウェブサイトの構造化は頭の痛い問題のように思えますが、このプラグインを使えば大丈夫です。 インストール後は、言語を選択し、コンテンツの整理方法を決定するだけで、言語ごとに異なるドメインを選択したり、サブドメインに分割したり、ディレクトリごとに分けたりすることができます。

SEO対策にも対応しています。 サイトの構造化は、技術的なSEO基準と連携します。 また、各URLの使用方法や代替テキストなど、国際的なSEOに関連するその他の詳細な情報を最適化することができます。

テーマやプラグインも問題ありません。 WordPressはテーマの種類が豊富なことで知られていますが、その数は後を絶ちません。 WPMLは、Rankmath、Yoast、Avada、Wooなどの他のプラグインと連携するため、ほとんどのプラグインと高い互換性があります。

翻訳者のネットワークにアクセスできます。 前にも述べましたが、言葉を知っている人に手動で翻訳してもらうのが一番です。 また、このツールは、優秀な翻訳者の大規模なコミュニティにアクセスすることもできます。 それらを使ってウェブサイトを作ることができます。

このように、国際的なSEO対策を始める際には、基本的な問題から最先端の対策まで、このツールが大いに役立ちます。

WPMLにDeeplが搭載されたことで、翻訳のスピードが上がり、結果も非常に良いので、修正に時間をかけたくない場合には最適です。

国際的なSEO対策に最も役立つアプリケーションの一つであるだけでなく、最も使いやすく、最高のテクニカルサポートを備え、現在最も使用されているアプリケーションの一つでもあります。

国際的なSEOのための新参者の翻訳プラグイン、Weglotプラグイン。

明確にお伝えしなければならない場合 Weglotとは何かを一言で言うと、Weglotの操作性や人気を理解していただくために、「プラグインを使って、短時間でウェブサイトをさまざまな言語に翻訳することができるオンラインプラットフォーム」と説明します。

真実は、Weglotの使用は 、我々は今日、最も人気のあるCMSの一つであることを知っているWordPressに限定されていないということです、このプラグインはまた、他の人の間で、そのようなShopifyの、Joomlaのように何の問題もなく使用することができます。

このマルチランゲージ・プラグイン の最大の特徴は、わずか数分で、それぞれの翻訳に対応したフラグを完璧に動作させることができることです。 そして、そこから必要なものを簡単に編集することができるので、子供でもうまくできます。

最大10日間の無料トライアルがありますので、すべての機能を試してみて、サブスクリプションを支払うかどうかを決めるには十分すぎるほどです。 一番の利点は、支払い情報を共有することなく、このテストを行うことができることです。

無料体験が終了したら、「Weglot 」に加入するかどうかを決めることができます。プランによっては月払いのものもありますので、必要なときにだけ解約することができます。 お客様のサイトのニーズを超えたサービスにお金をかける必要はありません。

Weglotプラグインを最適化する機能。

高速翻訳です。 使い方はとても簡単なので、わずか数分であなたのウェブサイトが翻訳されます。

軽量なプラグインです。 軽量なプラグインなので、ウェブサイトの読み込み速度には影響しません。 ページの読み込みにかかる時間によって、ユーザーがそのページにとどまるかどうかが決まることがわかっているので、この点は非常に有利です。

互換性があります。 Elementor、Divi、BeaverBuilderなどのページビルダーと完全な互換性があります。

自動翻訳の精度。 他の多言語プラグインとは異なり、非常に効率的な自動翻訳を備えており、必要に応じて手動で変更することもできます。

IP言語のリダイレクト。 国によって異なりますが、このプラグインは、IPリダイレクトで使用している言語を表示します。

WPMLとWeglotの比較

詳しくは「WPML vs Weglot」の記事をご覧ください。

どちらのプラグインも、SEO対策やメタデータの翻訳に役立ちます。

しかし、どれを選べばいいのか悩んでいる方には、以下のようなポジション・ステートメントがおすすめです。

時間がある、予算が少ない、翻訳コストを抑えたい、大容量のコンテンツを作りたい、Wordpressサイトにプラグインをあまり入れていない、などの場合はWPMLをお勧めします。

なぜ? WPMLは、自動翻訳オプションを追加しており、Deeplを使うことで改善されていますが、手動でできる翻訳や、修正や再納品が必要な作業もあります。

WPMLはWeglotよりもまだ遅いです。 また、翻訳クレジットをどのように使うか、予算をコントロールすることができます。 WPMLには文字数制限がありませんので、手動で翻訳するか自動で翻訳するかを決めることができます。

WPMLのもう一つの欠点は、他のプラグインとの間でコードエラーが発生する場合があることです。 多くのプラグインと互換性がありますが、WPMLはウェブサイトにコードを追加します。Weglotと比較すると、それほど多くのコードを追加するわけではありません。

翻訳に時間をかけられない方、予算に余裕がない方、翻訳言語数を少なくしたい方、Wordpressサイトに多くのプラグインを導入している方、WoocommerceやShopifyなどの別のプラットフォームを導入している方は、Weglotをご利用ください。

なぜ? Weglotの自動翻訳は非常に正確で、あまり気にする必要はありません。 翻訳は速くて正確です。

プランによって価格が異なるので、文字数や言語数に応じてプランを選択することになります。 Weglotのネガティブな点は、Weglot側で翻訳された単語の数をもっとコントロールする必要があるということです。 ですから、もしあなたがあまりにも多くのコンテンツを持っていて、私(7)のように複数の言語を目指したいと思っているのであれば、Weglotはあなたにとっての選択肢ではないかもしれません。

1~2カ国語の翻訳だけをしたいという方には向いていると思います。

また、Woocommerceをはじめとする多くのプラグインを使用している場合、何かが原因でウェブサイトがクラッシュしてしまうことは避けなければなりません。 WPMLがWoocommerceと連動しないわけではありませんが、いくつかのプラグインを無効にしなければならない場合があり、WPMLも同様に無効にしなければならない場合があります。 これにより、いくつかのコードが影響を受け、その結果、WPMLを再起動すると、メインの言語に異なる言語の複数の投稿が表示されることになります。

IT開発者としての知識が乏しい私が知っているのは、Weglotの翻訳データベースはWordpressに保存されていないので、「事故」の類が少ないということです。 おそらく、あなたのEコマースWordpressウェブサイトでは避けたい問題でしょう。

また、Shopifyのようなプラットフォームを使っている場合は、Shopify用の良い翻訳アプリがあまりないので、Shopify用のベストな翻訳アプリはWeglotです。

International SEO WordPress Plugin
ランマス。

国際的なSEOに関しては、SEOと同じように、オンページとテクニカルな面でサポートするワードプレスのプラグインがあります。

現在、最も優れたプラグインと言われているのが「Rankmath」です。

Rankmathは、さまざまなSEO対策を施したWordpressサイトをサポートするSEO WordPressプラグインです。

ランクマスの特徴は以下の通りです。

多言語対応プラグインに対応 ターゲットとするキーワードとメタデータを異なる言語で用意する。

高度なSEO分析モジュールを内蔵。 WordPressの中でSEO分析ができます。

ランクトラッカーです。 どのキーワードがランクインしているか、インプレッション数やクリック数が多いかを把握することができます。

最も先進的なスキーマ・ジェネレーターです。 Yoastと比較して、Rankmathにはページ、製品、投稿に構造を与えることをサポートするスキーマジェネレータがあります。

キーワード比較&Googleトレンドツール Rankmathでキーワードリサーチをしてみましょう。

XML Sitemapです。 サイトマップはRankmathによって自動的に生成されます。

自動化された画像SEO。 画像のAltタグのテキストをサポートします。

Google、Bing、Alexa、Yandex、Pinterestの検証ツールです。 検索エンジンとの連携も容易です。

国際的なSEOを行う際に考慮すべき点は、異なる検索エンジンへの注意を引くことです。

多言語ウェブサイトの重要性についてはすでに述べたとおりです。

メタデータが対応する言語で書かれた多言語のウェブサイトを持つことも、国際的なSEOを目指す上で考慮すべきステップの一つです。

しかし、それだけでなく、存在するさまざまな検索エンジンを考慮に入れることも重要です。

Googleがリーダーかもしれませんが、世界のさまざまな場所から訪問者をもたらすことができる他の検索エンジンもあります。

ですから、RankmathがBingやYandexで提供している検証プロセスを侮ってはいけません。

Microsoftの検索エンジンであるBingは、Statistaによると、全世界で月間9億2,350万人の訪問者があります。 また、SimilarWebによると、Yandexの月間訪問者数は32.7億人。 中国に行きたければBaiduでも良いのですが、カルロスの知る限り、登録には中国の番号が必要です。

そのため、本当の意味での国際的なSEOを行い、この検索エンジンを通じて新しい国に進出するという選択肢があります。

国際的なSEOチェックリストの インフォグラフィック

このページで取り上げた重要な点をまとめるために、インフォグラフィックを作成しました。

もちろん、詳細なチェックリストを作成する際には、より詳細な点に注意を払う必要があるかもしれませんが、全体的にはいくつかの重要な点が挙げられます。

インターナショナルSEOチェックリスト インフォグラフィック

これまでにご紹介した国際的なSEO対策や、WPML、Weglot、Rankmathプラグインのメリットを考慮すると、世界中の潜在的な顧客を獲得するためのウェブサイトを構築する準備が整ったことになります。

この記事では、私たちが知っている少し長いですが、水の中に両足で飛び込んで、溺死のリスクを実行しないために十分な情報で、あなたはすでにそれがどのように動作するか、その利点、欠点とその機能の多くを確認します。

あなたが到達したい市場でのポジショニングに影響を与える可能性があるミスを避けるために、Wordpressの国際的なSEOへのスーパーガイドとしてそれを取ることができ、我々はあなたが言及された知識のそれぞれを実践することをお勧めします。

では、どうぞ。 企業の規模や製品の種類に関わらず、適切なウェブサイトを使用することで、提案の発展を促進し、世界中のより多くの顧客にリーチすることができ、コミュニケーションにおける最高のアクセスを手にすることができます。

SEOについて