Carlos-barraza-logo-50

ユーザー・ジェネレーテッド・コンテンツとは何か、それをどのように活用するか。

デジタル・プレゼンスは、現代における企業の基本的な側面であり、知って活用する価値があります。しかし、活用するためには、デジタル・プレゼンスのすべてを知る必要があります。

ユーザー・ジェネレーテッド・コンテンツとは何か、そしてそれをどのように活用するかをご紹介します。

ユーザー・ジェネレーテッド・コンテンツとは何か、それをどう活用するか
によって書かれています。

目次を見る

ユーザー生成コンテンツとは?

ユーザー生成コンテンツ(UGC)とは、インターネットユーザーが作成し、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク、プラットフォームなどで公開するすべてのものを指します。

これらの出版物やユーザー生成コンテンツは、通常、ユーザーがネットワークやウェブサイトに投稿したコメント、意見、投稿、画像などです。

また、ちょっとしたコメントから説明まで、様々な形式、サイズ、深さで表現することができます。

その意味で、これらのコメントは単なる出版物ではなく、デジタル・プレゼンスを持つ企業や彼らが行うマーケティングにとって、実際に非常に貴重なリソースとなっています。

デジタルマーケティングの観点からは、ユーザーコメントは、インターネットユーザーが自発的に提供する自由で自然な発信ツールであるだけでなく、戦略の指針としても活用されます。

これらの戦略を活用することで、ユーザーのブランドに対する認識を明確に把握することができるだけでなく、無料であり、いかなる種類の投資も必要ありません。

UGCから利益を得ることができた企業のわかりやすい例としては、現在最大のオンライン販売プラットフォームであるAmazonや、BookingやTripAdvisorなどの旅行サイトが挙げられます。

これらの企業は、ユーザーが受け取った製品やサービスに関して、一般的に肯定的なコメント、レビュー、反応などを投稿することで利益を得ています。

陽気なアフリカ系アメリカ人の若いカップルの友人の配偶者が写真を見ているソーシャルメディアのビデオ
コーヒーショップで飲み物の写真を撮ってSNSに投稿するために携帯電話を使う女性

なぜこのようなコンテンツが重要なのでしょうか?

このコンテンツは、どのようなウェブサイトにも不可欠であり、企業、ユーザー、潜在的な購入者にとって非常に有益なものです。

TurnToNetworks社が行った調査によると、ユーザーの90%は、他の人がアップロードしたコンテンツがその製品やサービスについて肯定的なものであったときに顧客となり、購入を決定すると断言されているほど、ユーザー生成コンテンツの重要性は疑いようのないものです。

また、同調査では、これらの購入者の約80%が、UGCのメリットを受けた製品やサービスに対して、より高い金額を支払ったり、より長い期間待ったりする可能性があることも確認されています。

広告は潜在的な顧客を引き付けるかもしれませんが、ユーザーが購入する動機となるのは、ユーザー生成コンテンツです。

人間は、会社が売ろうとしているものよりも、仲間や自分の経験を信じる傾向があるので、このような状況は正常です。

当然のことながら、広告は通常、販売する製品やサービスに利益をもたらすことに集中しており、ユーザーの意見は透明で利害関係のないものだから、このようなことが起こるのも理解できる。

その意味では、私たち一人ひとりが日常的に行っている購買プロセスがどのようなものかを考えれば十分で、ある取引を行う際に他のユーザーの意見を参考にすることは間違いないでしょう。

悪い評価を受けた製品やサービスを購入することは稀ですが、ユーザーからの評価が高いものは必ず購入します。

ユーザー生成コンテンツはどのような場合に必要ですか?

ユーザー生成コンテンツが常に不可欠なものであることを保証することは可能ですが、ユーザーにとっても企業にとっても、それぞれの時に価値を発揮します。

ユーザーにとってUGCが必要なのは、以下のような場合です。

一方で、企業にとっては、ユーザー生成コンテンツが必要な場合もあります。

化粧品を撮影するビジネスウーマン

ブランドはこのコンテンツをどのように利用できるのでしょうか?

LiquidaZonaのようなブランドは、マーケティング戦略を展開する上で、ユーザー生成コンテンツを重要な役割を果たしています。これは、ユーザーが購入や契約をする際に、広告よりも他人の意見を重視するという事実があるからです。

その意味で、ブランドにとってのユーザー生成コンテンツの有用性は、次の3つのポイントに集約されます。

ユーザー生成コンテンツは、ブランドに対するポジティブな評価を広めたり共有したりするために使用すると、時間、費用、労力を節約できます。

つまり、UGCによって生み出されたパブリシティは、無料であるだけでなく、他のユーザーからより信頼されているということです。

今日、ユーザーが作成したコンテンツは、企業が実施するどのような戦略よりも重要で価値があります。そのため、買い物客の信頼は、肯定的なレビューによって飛躍的に高まり、購入の際にも同じことが言えます。

UGCは、ブランドの人気を飛躍的に高めることができますが、適切に取り扱わなければ、短命に終わったり、逆効果になったりします。

この意味で、ブランドはこのコンテンツを賢く利用し、ポジティブなものは宣伝し、ネガティブなものは捨てたり、採用した戦略を修正するために利用しています。

リファレンス

コンテンツマーケティングの詳細はこちら