仕事がはかどるMicrosoft Teamsの驚くべき5つの特徴。

によって書かれています。

リモートワークに役立つMicrosoft Teamsの5つの素晴らしい特徴を知るためには、そのワークデザインがどのように構成されているかを知ることが重要です。Microsoft Teamsは、先に紹介したように、会社の交流を深めることができるオフィスチャットをベースにしています。

以下の記事では、クラウド内の各プラットフォームを取り込んで、いつでも履歴ログを見られるようにする仕事に役立つMicrosoft Teamsの5つの素晴らしい機能を解説します。

Microsoft Teamsに入るにはどうすればいいですか?

Microsoft Teamsを使用するには、使用権を付与するMicrosoft 365アカウントを作成する必要があります。 小規模なビジネスであれば、自分で行うことができますが、大規模なビジネスの場合、技術の分野では、会社の登録を行いますが、これには、組織の周りに適切な設定を行うための専門家の介入が必要となります。

世界的に危機が顕在化している現在の変化により、イノベーションが必要とされています。また、企業の新しいアプローチへの変化や、目的を失うことなく仕事を円滑に進めることができる新しい技術的ツールへの参加も必要です。

Microsoft Teamsは、多くの企業がリモートワークの技術に参加し、各従業員間の相互作用や、日々追えるリアルタイムの記録を可能にする重要なコミュニケーションツールとなっています。

5つの素晴らしいMicrosoft Teams
仕事に役立つ特性

以下に、このリモートワークの旅に役立つMicrosoft Teamsの驚くべき特徴を5つ紹介します。また、テクノロジーがますます支配的になっているこの時代に、リモートワークの管理を改善することもできます。

1.Microsoft Whiteboardを使ったデジタルビルボード。

自宅でのWeb会議でビルボードを使った作業に慣れていますか?

このツールがあれば、もう問題ありません。 マイクロソフトは、Office 365のアプリケーションとして「Microsoft Whiteboard」を公開しました。

Microsoft Whiteboardは、複数のユーザーが同時に情報を共有し、その情報をリアルタイムに維持できるオプションを備えた掲示板として機能するデジタルホワイトボードを提供します。

このようにして、会議に出席している各ユーザーは、Windows 10、iOS、Androidに搭載されているアプリケーションを使用して、自分のデバイスからボードに貢献することができます。

そのため、Microsoft Teamsの会議にオンラインで出席している時に、Microsoft Whiteboardでメモを取ることができるようになります。

ミーティングプラットフォームでは、Microsoft Teamsにログインするか、Microsoft Whiteboardアプリを使ってホワイトボードに貢献することができます。

2.Microsoft Teams for Firstline Workers」です。

Microsoft Teamsの最も優れた機能の中には、ファーストライン・ワーカー向けのものがあります。

この場合、ユーザーはこの作業ツールを使用して、管理やコミュニケーションを効果的に行うことができます。 第一線で活躍する人々にとって最も重要な機能の一つであり、その操作を必要とする店舗などで広く使用されています。

シフトについては、従業員が1日の仕事を遂行しなければならないシフトのスケジュールが定められています。

各ユーザーは割り当てられたシフトを観察し、必要に応じて同僚と一緒に変更したり、欠勤や休暇、退職による変更を通知したりする。

最新のものでは、PCでもモバイルでもできます。 これらのシフトは、Office 365に完全に表示され、専門家によって割り当てられたMicrosoft Teamsの構成によって有効になります。 メインのアプリケーションバーの一部として設定することも可能です。

3.アウトサイダーとのつながり

通常、組織の社員ではない人たちとの会議は、オンラインで行われることが多い。

しかし、会議に出席するメンバーをそれぞれ招待する際に、社内外のメールアドレスを入力して、Microsoft Teamsプラットフォーム上のOutlookを使って通話を行います。

このため、Microsoft Teamsでは、それぞれの招待状にそれぞれの手順とリンクを添えて送信することで、オンラインで会議に参加できるようにしています。

招待されたユーザーは、それぞれ自分の名前を書いたリンクから参加することができ、追加のプラグインをインストールしたり、Microsoft Teamsクライアントをダウンロードしたりすることなく、ブラウザから会議に参加することができます。
テクノロジースペシャリストがMicrosoft Teamsの使用モードの設定を確認し、オンラインミーティングの各ゲストに許可を与えるようにすることが重要です。

4.統一基準。

これほど先進的なプラットフォームはまだありませんが、Microsoft Teamsは、より具体的な作業を可能にする新機能を実装しており、組織が要求する基準が統一されています。

Office 365で提供される各タスクの中に、To-Do、Project、Outlookのサービスのタスクが含まれることを想定しています。

このため、ユーザーは割り当てられたタスク、優先度、タスクの開始日と終了日にアクセスできます。

5.ユーザーの状態

Microsoft Teams の 5 つの特徴のうち、プラットフォームの中で非常に便利な機能として、ニーズに応じて適応できる稼働状況を確認できる機能があります。

例えば、あなたが不在の時に、他のユーザーがいつ交流すればいいのかを知ることができるように、オープンな方法でカスタマイズすることができます。

インターフェイスについては、ウェブアプリケーションと同じように扱われ、ユーザーオプションのメニューを表示することで、公開したいステータスメッセージを定義することができます。

また、このインターフェースでは、ステータスメッセージが他のユーザーに表示され続ける時間を指定することができます。 この機能は、一部のユーザーには知識不足であまり使われていないケースがあります。

以上のように、チャットで会話をしたい時、連絡先の状況を知りたい時など、それぞれのユーザーにとって非常に便利な機能です。

向上させることができます。
デジタルコラボレーション
をMicrosoft Teamsで実現します。

Microsoft Teams の 5 つの素晴らしい機能を紹介したこの記事が、あなたの仕事に役立ち、また、この素晴らしいコラボレーション ツールが日々実装される各機能において、組織の助けとなることを願っています。

リモートワークの詳細