Carlos-barraza-logo-50

Microsoft Teamsとは何か、Microsoft Teamsは何に使われるのか?

によって書かれています。

目次を見る

マイクロソフトチームとは
読みたくない?
記事を読む

カルロスの意見- Microsoft Teams レビュー

私がベクレルにいた頃、COVID-19の前から、最後の数年間はMicrosoft Teamsを使い始めていました。

コンテンツマーケティングチームは、このコラボレーションツールでの作業にすでに慣れていました。

もちろん、ファイル共有にどう対応するか、適切な組織を作る必要がありました。 しかし最終的には、Microsoft Teamsは使いやすいコラボレーションツールになったと思います。

今でもフリーランスとしてチームを維持していますが、メキシコでのリモートワークはとてもやりやすいです。

投稿フィードでは、通知を受けるべき人をタグ付けすることで、その人の会話をフォローすることがとても簡単です。 また、顔文字を使って親指を立てて通知することも。

Microsoft Teamsには、ファイルの閲覧や検索をより簡単にするなど、改善の余地がたくさんあります。 (検索バーがあまり役に立たないこともあります)

また、Microsoft Teamsアプリは便利ですが、適切なファイル共有ができず、デスクトップですでに簡単に使えるオプションも多くありません。

Microsoft Teamsとは何か、何に使うのか、そして何ができるのかを知っていただいた上で、ぜひ試してみてください。 本当に機能的で、一歩進んだデザインです。 リモートワークとは. かつて同様のサーバーがそうであったように、バーチャルコラボレーションに革命をもたらしました。

この記事では、Microsoft Teams とは何か、何のために使うのかを知るだけではなく、Microsoft Teams ツールを使うことでどのようなメリットが得られるのかを知るために、それぞれの機能をご紹介します。

リモートワーカーのためのリアルタイム・コラボレーションを促進するツールを見つけたいと思っている方は、ぜひお読みください。

Micrososft Teamsとは?

Microsoft Teamsを簡単に定義すると、Office 365のチャットをベースにしたワークスペースであり、遠隔地で働くあらゆる企業のチームのコミュニケーションとコラボレーションを改善する必要性に基づいて設計されています。

基本的には、クラウドプラットフォームにすでに存在していたコラボレーション機能を強化したもので、発売以来、125,000社以上の企業が、Microsoft Teamsのおかげで、遠隔地からでもチームで仕事ができることを知ったという。

Office 365にはTeamsが自然に統合されていますが、これはユーザーが共同作業をするために開発されたクラウドサービスである「グループ」がベースになっています。

このツールには、チャット、メモ、ビデオ会議、Office Online、Word、PowerPoint、Excel、Sharepoint、OneDrive、コンテンツへのアクセス、ファイル共有など、遠隔地からチームで作業するために必要なコラボレーションアプリケーションをまとめて使用できる共通のスペースが基本的に用意されています。

Microsoft Teamsは何に使われているのですか?

ここでは、Microsoft Teams の機能のうち、少なくとも、さまざまな場所に従業員がいる企業であれば、一度はその機能を試してみるべきツールであることを、操作自体についてもう少し詳しく説明します。

遠隔地での会議の非人間的な印象が気になる場合は、ビデオ会議で新たなレベルの親近感を加えることで、その場をより生産的にし、参加者全員がPC、ラップトップ、スマートフォンなどのあらゆるデバイスでリアルタイムにコラボレーションし、積極的に参加することができます。

そのため、他の手段で画像を送る必要がないように、画面を共有する機能があります。 そうすれば、あなたが見ているコンテンツを誰もがリアルタイムで見ることができます。 特に、チームに最新の情報を提供する必要があるような場合に有効です。

誰もが何か特別なことに参加していると感じられる雰囲気を作りたいなら、チームのために完璧なビジュアル環境を作ることができます。 これは、対象となる背景を選択、読み込み、さらにはぼかす機能を持っています。

これは、デジタル技術のおかげで明らかにアクセス可能なモードであり、同僚と同じ部屋にいるように見えるように、共有の背景に座ることです。 単純なことかもしれませんが、ポジティブで生産的な環境を作ることができます。

O365クラウドエキスパートによるステップ

1.自分のプロフィールをクリックした後、「設定」タブに移動します。

Microsoft-Teams-Together-step-1

2.新しい会議の経験をオンにする」にチェックを入れます。 この機能が利用できない場合は、段階的にロールアウトされるので、すぐに利用できるようになるのを待ちましょう。

Microsoft-Teams-Together

3.その後、Microsoft Teamsで最低5人でビデオ通話を開始します。 数が多ければ多いほど、視覚的効果が高くなります。 Togetherモードの最大人数は49人です。

4.通話中に3つのドットをクリックし、「Together Mode」を選択します。

Together-Mode-Microsoft-Teams-step-3

5.客席の景色を楽しむ

Microsoft Teams Together

リアルタイムでファイルの共同執筆者として活動することができます。 そして、それらを安全に保管し、アクセスし、共有し、さらにどこにいても共同作業を行うことができるようになります。

これは、重要なビジネスタスクやプロセスを合理化すること以上に重要なことがないことを知っている人にとって、特別なポイントです。 これは、様々なアプリケーションやワークフローを統合することで実現しています。

Microsoft Teamsは、ツール
市場での利用価値が高い。

このようなリモートワークのためのツールで最も重要なのは、その可用性であることは周知の通りです。 場合によっては、私たちの言語の公式版が見つからないこともあり、それが言葉の壁となって、なかなか克服できない人もいます。

この場合、Microsoft Teamsは53の言語で提供されており、現在180以上の市場で提供されていることがわかります。 何よりも、Windows、iOS、Mac、Androidのクライアントを問わずに接続できます。 ですから、あなたのOSが何であれ、排除されることはありません。

Microsoft Teams
は、安心して働ける環境です。

プロフェッショナルな問題に関しては、Microsoft Teamsのセキュリティレベルが最大の関心事の一つであることは理解できます。

このツールは、Office 365が顧客に提供しているセキュリティとコンプライアンスの機能を提供していることを知っておく必要があります。

ということです。

  • コンプライアンス基準との互換性が拡大する
  • すべてのデータは、静止状態でも移動中でも、常に暗号化されています。
  • アイデンティティの保護を強化するために、多要素認証を採用しています。
Microsoft teams Image
向上させることができます。
デジタルコラボレーション
をMicrosoft Teamsで実現します。

常に追加する必要がありますか?
組織の外から来た人たちは?

これは、リモートワークツールに対するユーザーからの最大の要望の一つでしょう。 ゲストにワークエリアへのアクセスを許可することは、時にプロセスに不可欠です。

このツールを持っているユーザーは、自由に社外の人を追加することができ、チャットに参加したり、会議やビデオ会議に参加したり、また、ドキュメントを共同で作成したり、その他の必要な機能を実行することができます。

Microsoft Teamsのセキュリティでは、多要素認証により、招待されたユーザーのみがファイルにアクセスできるようになっていることは特筆すべきことです。 これならば、サイバーセキュリティの心配をする必要はありません。

Microsoft Teamsは、ビジネス環境だけでなく、大学や教育機関でも当局と学生の間で遠隔コラボレーションを行うためのツールとして利用できるという点が重要です。

信頼できるIT-ビジネスパートナーが必要

リモートワークの詳細