Top 3 Free Color Palette Generators.

使える色の種類が多いから、あるいは時間がないから、カラーパレットジェネレーターは、完璧な色の組み合わせを見つけるための便利なツールです。
によって書かれています。

カルロスの意見-。
カラーパレット・ジェネレーター。

マーケターによっては、完璧なカラーマッチを見つけることは難しいミッションかもしれません。

デザイン畑出身ではない人は、マーケティングで求められる仕事の進め方を学ばなければなりません。

そして、それは時にそのままである。

企業では、様々なスキルを必要とする職種が混在しています。

特にデジタルマーケティングの分野では、Eコマースマネージャー、コミュニティマネージャー、コピーライター、ビデオプロデューサー、ポストプロデューサー、デザイナーなどを1つの職種で募集している企業があります。

確かに予算を確保できる会社もありますが、そうでない会社もあるでしょう。

だからこそ、その空白部分を埋めるために、会社を助けてくれる人を雇おうとする。

デジタルマーケティングでマルチタスクを行うことは良いことなのか悪いことなのか?

個人事業の場合は他に解決策がないので、成長のために出てきた課題をすべて解決しようと直進するのが普通ですが、大企業になると、マルチタスクを求めるのは無理があるのではないでしょうか。

スタートアップや小規模なチームは、成長という課題に直面しています。もし、複数のタスクを開発できる人材が必要であれば、タスク指向の協力者を選ぶだけではなく、リソースのあるチームの追加となります。

Colore Palette Generatorsは、デザインのルック&フィールを向上させるという課題に直面しているソロプレナー、スタートアップ、小規模なチームの方々に適したツールです。

確かに、デザイン学校に行ったような人がいないチームもありますが、デジタルマーケティングでは、優れたビジュアルも成功の鍵となります。

ブランドマニュアルを持たずに運営している企業の場合、色の選択が問題になることがあります。

ここでは、デジタルプロジェクトに適した色を選択するのに役立つ、カラーパレットジェネレーターをご紹介します。

色の重要性。

使える色の種類が多かったり、時間がなかったり、知識がなかったりして、適切なカラーパレットを見つけるのが難しい場合があります。

いずれにしても、このような問題に直面したときには、マッチングカラーを探すツールを活用するのが一番です。

しかし、時代とともに様々なツールが登場し、どれが自分に合っているのかわからなくなってきていますし、本当に活用する必要があるのか疑問に思うことも普通にあります。

色がメッセージを伝えることは、複数の心理学的研究で証明されています。

そして、色がマーケティングにおいて絶対的な戦略であることは周知の事実です。色を使うことで、メッセージを伝えやすくし、さらには聴衆の注意を引くことができます。

ファストフード業界では、色が重要な役割を果たしています。ほとんどのファストフードチェーンのデザインにオレンジ色が使われているのは偶然ではありません。この色は通常、満足感、空腹感、さらにはパーティーや無秩序に関連しています。

一方、赤は、愛、官能、そして女性らしさを表す色として使われます。

そして、暴力や怒り、健康を表していることも少なからずあります。

緑という色は、環境、エコロジー、自然に関連することが多く、たまに毒々しい、臭い、不快なものにも見られ、ごく一般的にはお金や権力を表すものとして見られます。

これらのデータを見ると、色はブランドを表現したり、メッセージを送ったり、電話をかけたりするのに重要な役割を果たしており、そこに色の組み合わせの重要性が生まれていることがわかります。

なぜ色を合わせるのか?

Webサイトの制作、ロゴのデザイン、企業ブランドの開発などを考えた場合、色は一致しなければなりません。

人に興味を持ってもらうためには、展示するものが人の目を楽しませることが重要です。

そうしないと、作品にいろいろな影響が出てしまいます。

メッセージを伝えるときは、明確に、簡潔に、注意を喚起することが必要です。

このプロジェクトは、おそらく第一印象を与えるものであることを忘れてはいけません。

信じられないかもしれませんが、色が合うと人の目を引くことができます。

洋服の場合、色が同調している方が見栄えがしますし、衣装をイメージすることは決して嫌な行為ではありません。

広告ポスターを打ち出す場合、色はテーマに沿ったものでなければならず、お互いにマッチしていなければなりません。

不透明な色と強い色を混ぜること、黄色と悲しみ、青と熱を関連付けることはほとんど罪である。

ここで重要なことは、色は多目的に使用できるが、色の選択には注意が必要な場合があるということです。

また、誰もがあなたと同じようにプロジェクトを見ているわけではありませんし、誰もが同じ視点を持っているわけではないことを忘れないでください。

求めすぎる必要はありませんし、自分ではできないこともあると思いますので、そんなときはマッチングカラーを探すツールを導入するといいでしょう。

無料のカラーパレット生成 ツール

次に、多くのプロフェッショナルがプロジェクトを改善するために利用している、色の同期を見つけるためのプラットフォームを紹介します。

アドビは、多くのプロフェッショナルの目標達成を様々な形でサポートしてきた重要な企業であり、特にビジュアル素材の編集・制作のためのツールを提供しています。

今回、いくつかの機能に基づいて、適切なカラーパレットを見つけ、知ることができるツールに出会いました。

このツールが持っている機能は

クロマティック・ホイール。この機能では、色の輪が表示されます。ここで好みの色を選択すると、システムが残りの組み合わせの色を表示してくれます。 この機能の良いところは、アナログ、単色、トライアド、コンプリメンタリー、コンプリメンタリーセパレーション、ダブルコンプリメンタリーセパレーション、スクエア、コンパウンド、トーン、カスタマイズなど、好みのハーモニールールを見つけることができることです。

テーマを抽出します。このオプションでは、ユーザーは好みの画像を配置することができ、システムはその画像の中で最も影響力のある色を抽出して、画像に基づいたパレットを形成します。 ブランドや組織を象徴するロゴやシンボルに最適です。

グラデーションの抽出: このオプションの手順は、テーマの抽出と似ていますが、結果に違いがあります。ここでは、画像の色を組み合わせてグラデーションを得るので、最も明るい色から最も暗い色まで、または画像内で最も関連性の高い色から行くことができます。

アクセシビリティツール。このオプションでは、各色を選択してテストするためのすべてのポイントをコントロールすることができます。ここでは、各ポイントでコンフリクトが発生した場合に、システムがその理由を表示します。 システムの指示に従うかどうかは、ユーザー次第です。

作成した作品はログイン後にライブラリに保存することができ、保存した作品はPhotoshop、Illustrator、Frescoなどで使用することができます。

このサイトでは、さまざまなパレットを見ることができるセクションもあり、ユーザーはさまざまなアイデアを取り込むことでインスピレーションを得ることができます。

この素晴らしいアドビのリリースには、本当に言われているように良いのかどうか、試してみる価値があります。

また、職業を問わず、これらの選択肢は、仕事や個人的なプロジェクトにおいて、複数の人を助けることができます。

このサイトでは、パレットを作成するための異なる方法を紹介していますが、それでも非常に便利で革新的です。

ページに入ると、好みの色を選ぶように言われ、「GENERATE」をクリックすると、そこには魔法がかかっています。

ユーザーが色を選択した後、このページでは、色順、シェード、補色などの範囲で、さまざまなパレットを検索します。

このサイトでは、グラデーションのオプションも用意しています。ユーザーが機能的に2つのカラーを選択すると、システムがその間のデグラデーションを提供します。

そして、グラデーションの隣には、3色のグラデーションがあります。これも同じ手順ですが、その前に、システムの結果を得るために選択しなければならない3つの色があります。

このページの欠点は、英語で書かれていることで、この言語の知識がない場合は、ブラウザが提供する翻訳機に頼らなければなりません。

デザインに関して言えば、Canvaは主要な話題のひとつです。今回、カラーパレットジェネレーターを搭載したことで、目標を完璧にしたいと考える多くの人にとって、作業が容易になりました。

他のウェブサイトと同様に、プラットフォームに画像をアップロードすると、システムが最適な色を選択します。

このツールは、カラーパレットのアイデアも提供しています。この機能では、ユーザーがインスピレーションを得て、アイデアを実現できるように、さまざまなオプションを提供しています。

また、カラーホイールを使ってパレットを作成することもできます。ここでは、最初の色を選択すると、グラデーションが表示され、その補色が表示されますが、基本的にこのオプションでは、すべてを1つにまとめることができます。

そして最後に、「色の意味と象徴」がありますが、これは好みの色について詳しく知ることができるオプションです。

なぜツールを使ってカラーパレットを作るのか?

グラフィックデザイン、広告、広報など、カラーパレットの同期を必要とする職業はいくつかあります。

学生であっても、適切なカラーパレットを見つける必要があるかもしれません。

色を揃えるといっても、イメージだけではなく、ワードローブを選んだり、装飾品を使ったり、ユニフォームを選んだりするときにも、似合う色のイメージを持っていたほうがいいですし、誰もが自分で選べるわけではありません。

しかし、これらのアプリケーションの助けを借りれば、確かにそれは非常に実現可能な活動です。

ここまで書いてきたように、マッチする色のセットを見つけることがいかに重要であるかがわかります。だからこそ、カラーパレットジェネレーターを時々使うことは余計なことではありません。

この3つのツールは、一見すると全く異なるものですが、それぞれが同じ機能を持ち、それぞれが独自の方法で性能を発揮し、ユーザーに驚きと満足のいく結果を提供してくれます。

コンテンツマーケティングの詳細はこちら