企業のビジョン・ステートメントとは何か、どのように作るのか。

企業のビジョン・ステートメントとは何か、どのように作ればいいのかとお考えの方は、ビジネスの未来をどのように映し出すのか、続きをお読みください。
によって書かれています。

カルロスの意見-。
ビジョン・ステートメント

ファミリービジネスの一員として、ビジネスの将来を考え、可視化するためには、ビジョン・ステートメントが役に立ちます。

中小企業は、ほとんどが構造化されておらず、創業者の必要性から始まります。

事業が何年も継続し、創業者の目的がすでに達成されている場合は、目的を考えて事業を行っている可能性があります。

事業の将来性、オーナーは今何を目指しているのか?

ビジョン・ステートメントが明確でないファミリー・ビジネスでは、未来も不明確なままです。

経営者が望んでいたことをすべて達成した後の、次のステップは何か。

時間が経ち、コビットなどの外的要因が入ってくると、企業の目的はサバイバルモードに変わります。

現在の状況が一変したときに、未来をどう考えるか。

おそらく、この時期に多くの経営者が目にしたのは、ビジョンとは「こんなビジネスにしたい」という単なるアイデアであって、ビジョンは実際にイメージした通りに100%実現する必要はないということだろう。

ビジョンは未来に設定されていますが、未来を所有しているわけではありません。

確かにビジョン・ステートメントは、実現したいことを宣言するだけのものだと思います。

私は、そのビジョンに向かっているかどうかを示すために、日々の活動を行っています。

ビジョン・ステートメントとは?

もしあなたが、企業のビジョンステートメントとは何か、どうやって作るのかを考えているのであれば、私たちはあなたを祝福します。

その内容や方法だけでなく、その重要性や、人気のある企業の例をいくつか分析してみましょう。

企業のビジョン・ステートメントの定義は、企業の業績に関する願望が確立されている長期的に設定されている目標と、企業が将来の自分自身を見ている状態に関連して望んでいることについて教えてくれます。

だからこそ、一般論として、企業のビジョンは、経営者と従業員の両方にとって、企業の進むべき道を決定する役割を担っていると言っても過言ではありません。

だからこそ、そこに関わるすべての人に関係することなのです。

企業のビジョンの目的は、もう少し具体的に考えると、「会社が将来に何を望んでいるか」という問いに答えることです。

しかし、そこに至るまでの道のりを考慮することも必要です。

企業のビジョン・ステートメントを明確にするためには、長期的に何を望んでいるのかを振り返る方法を知る必要があります。

そのため、最低でも10年から20年を念頭に置いて起案することをお勧めします。

この分野でのヒントは、誰もがリーダーになりたいと思っているという事実です。しかし、社会一般、地域社会、協力者にとっての会社の重要性を示すことで、変化をもたらす責任を負う会社ほど素晴らしいものはありません。

また、会社のビジョンを作る際には、すべてを大きな夢と捉え、可能な範囲内にとどめることをお勧めします。

そうすることで、将来、誰が読んでも「この人は正しい方向に歩いている」と実感できるようになります。

ビジョンのない会社はどうなるのか?

なぜなら、企業の責任者がアイデアを持った最初の瞬間から、自分が考えていることを視覚化し、それを具体化する方法を見つけるからです。

しかし、それ以上に、企業が明確なビジョンを持っていない場合、従業員だけでなく、その一部を担う上層部の人々も、自分たちがどこに向かっているのかよくわからないため、混乱を招くことになります。

この記事を読むことで、企業のビジョンの正しい書き方や、正確なイメージを伝えるために何を基準にすればいいのかがわかりますので、ぜひ参考にしてください。

なぜ企業はビジョン・ステートメントを持つべきなのか?

なぜ企業がビジョン・ステートメントを持つべきなのか、その背景を説明するために、組織の個性を維持する役割を担うミッションの意味を少しおさらいしてみましょう。

しかし、これから説明する内容がなければ、意味がないかもしれません。

ビジョンは、短期・中期の目標に意味を与える役割を担っており、会社がどこに到達したいのかを扱うものである。

そのため、戦略面でも運用面でも関連性があります。

また、企業のビジョンの重要性は、各協力者が日々の仕事がどのように行われているかを理解することで、広いレベルで実を結び、長期的にどのような影響が予想されるかを理解することができるという点にもあります。

あなたの会社と協力したいと考えている人は、その会社が生み出した統計や数字を聞く前に、それがあなたの提案した大きな目的とどのように関連しているのかを知りたがり、それが契約を結ぶための最初の一歩となるかもしれないことを覚えておいてください。

コンセプトを伝える必要があるということです。

ビジョンとミッションの重要性は、企業が成長するための戦略の出発点となる点にあります。

ミッションとビジョンの統合が達成されたとき、そこから得られる唯一の結果は、企業の発展です。なぜなら、その過程で提示されるあらゆる機会を利用し、活用することができるからです。

会社が設立されたと思われるその日から、ビジョンとミッションの両方が明確に述べられていることが重要です。

そしてそれは、目的を達成するためにチームを調整するために、これの各メンバーにも同じように伝えられなければならない。

なぜ会社のビジョンが重要なのかというと、成功している企業は皆、この点を正確に定義しているだけでなく、日常的に取り組んでいることを忘れてはならない。

しかし、単に定義するだけでは十分ではなく、時間をかけて努力、忍耐、良い仕事をすることで強化され、事実に裏付けられたものでなければならないことを強調しておきます。

会社のビジョンステートメントの例です。

ここでは、いくつかの企業ビジョンの例を見て、その企業が現在世界に提供しているものと本当に一致しているかどうかを判断するために議論します。

Google ビジョンステートメント

世界中の情報を整理して、誰もがアクセスでき、使えるようにする。

Google

私たちは皆、Googleを知っています。それは、コーヒーの淹れ方やパスタの組み立て方を教えてくれる検索エンジンであり、本当にあらゆることに答えてくれます。

この検索エンジンを使えば、有用な情報をわかりやすく整理して見つけることができるからです。

コカ・コーラのビジョン・ステートメント

私たちのビジョンは、人々に愛されるブランドと選択肢のある飲み物を作り、体と心をリフレッシュさせることです。 そして、より持続可能なビジネスと、人々の生活やコミュニティ、そして地球に変化をもたらすより良い共有の未来を創造する方法で行われます。

Coca-Cola

世代を超えて多くの人に愛され続けているこの素敵な飲み物を、一度は飲んだことがない人はいないでしょう。

彼らのビジョンを考えてみると、完全に正しい2つの側面を見つけることができます。1つ目は、彼らの製品で世界をリフレッシュすることを担当し、変化をもたらすということです。

以来、楽しみを超えて、ビフォーアフターを形成する社会的イベントに参加することに専念しています。

ナイキのビジョン・ステートメント

最も信頼できる、つながりのある、個性的なブランドであり続けるために

Nike

誰もが一度は耳にしたことのあるNike。スポーツシューズに特化して発売される製品は、誰もが一度は欲しいと思うほど魅力的なデザインです。

会社のビジョンの例の中では、最も短いものの一つかもしれませんが、私たちが貢献することを運命づけられていることを、多くの言葉を使わずに伝えることが可能であることを示していますし、このブランドの装備に力を感じないアスリートはいないでしょう

会社のビジョン・ステートメントを作るには?

会社のビジョンをどのように作るかというのは、非常にシンプルな質問ですが、実際には細部にまで気を配り、最大限に磨きをかけて、本当に自分たちを表現した結果であることを保証する必要があります。

以上のように、これらのビジョンを実現する上で最も重要なことは、常に4つの要素を念頭に置くことです。これらの要素は、それぞれを個別に検討した上で、それらがどのように全体に統合されているかを確認する必要があり、それらは以下の通りです。

価値を評価する

まず、メンバーが心の底から信じているという、本物でなければなりません。

また、人によって意味や感覚が異なるため、同じ価値観であることを忘れてはいけません。

この時点で考慮しなければならないのは、ビジョンは、私たちの行動を定義することになっているこれらのパラメータを人々の間で明確にし、理解することを目的としているため、ビジョンと一致していなければならないということです。

私たちが何を書いても、私たちの行動がそれを裏付けるものでなければ意味がありません。

目的

ここでは、会社が設立のための計画段階にある最初の瞬間から問われるべきいくつかの質問が考慮されるべきであり、すべては「なぜ我々は存在するのか」という質問に集約されます。

自分自身に同じ質問を何度もする必要がありますが、識別プロセスでは、自分の会社の存在目的が本当に明確になるまで、何度も何度も繰り返さなければなりません。

ミッションステートメント

企業のビジョンの作り方の中で、ミッションも非常に重要な要素である。

多くの人が、この2つは密接に結びついていると考えていますが、前者は後者について明確になっていることに基づいています。

そのためには、達成可能で説得力のある全体的な目標をミッションとして設定する必要があることを覚えておいてください。

これは、あなたが時間に対応する方向に行くためのフォーカルポイントとなります。

それを出すためには、自分の目的や目標、そして社会への貢献度などを組み合わせていく必要があります。

イメージは

これをやってみよう」では会社は成り立ちませんし、逆に「これをやってみよう」では会社は成り立ちません。

自分がどう見られているかだけでなく、他の人からどう見られているかを明確に把握しなければなりません。

あなたの識別方法は、将来的にどのように扱われるかということを念頭に置いてください。

だからこそ、企業のビジョンは、自分が何者であるかを明確に示し、それをターゲットとなる顧客や一般の人々に直接伝える役割も果たすべきなのです。

ビジネスプランニングの詳細