ビジネスのためのウェブサイトの作り方

私たちは、あなたが何を必要としているかを知っています。それは、ビジネスのためのウェブサイトを作る方法を学ぶことです。 幸いなことに、この記事では、複雑に見えるが非常に簡単になるトピックであなたを助けるためにそれに関するすべての情報を持っています。

この記事では、ビジネスにおいてウェブサイトを持つことの重要性と、WordPressでの作成方法、Elementorを使ったデザインについてご紹介します。

ビジネスのためのウェブサイトの作り方
によって書かれています。

目次を見る

なぜホームページを持つのか?

ここ数十年の間に、企業(ビジネス)がウェブ上で存在感を示すことの重要性が高まり、ビジネスのやり方が完全に進化したことは周知の事実です。

企業は、メールで送信するだけでなく、検索エンジンやソーシャルネットワーク、サイト上のバナーからもユーザーに届くようなプロモーションメッセージを作成するようになり、すべてが急速に変化していきました。

このようにして、ビジネスを成功させる方法をすでに知っていると思っていたクリエイティブな分野は、新たな挑戦に直面し、そこから勝利を得て、今日ではデジタルプレゼンスのないビジネスを持つことは考えられなくなりました。

なぜビジネスのためにウェブサイトを作るのかというと、基本的には、これらのサイトが、中小企業にとって、従来のメディアを使った広告よりもはるかに速い成長が可能な、大きなチャンスの窓を提供してくれるからです。

今日では、ウェブサイトを持つことは、潜在的な顧客からより高いレベルの信頼性を得て、あまり努力せずに検索エンジンに表示され、ターゲットとなる人々に関連する情報を共有することで教育を行うことができる要因であることも強調できます。

あなたのウェブサイトを訪れた人のほとんどは、あなたのブランドをまったく知らないはずです。ですから、あなたのビジネスの所在地、連絡方法、ソーシャルネットワークなど、必要な情報をすべて提供する絶好の機会なのです。

ウェブサイトのデザインに取り組む

オンラインにすることで、より売れるようになりましたか?

上記で残したこの質問の答えは、少し変わっています。

なぜなら、確かに、あなたが潜在的な顧客に提供するソリューションがどれだけ優れているか、そしてそれをどのように提示するかによって、売り上げの量が変わってくるからです。

しかし、どこかの町や市にあるローカルな店舗の場合、潜在的な顧客はその周辺に住んでいる人たちだけだということを念頭に置かなければなりません。

ニーズを解決する製品やサービスがどこで買えるのかを知ることができます。

その意味で、ウェブページを作ることの重要性は、人々にあなたを知ってもらうだけでなく、あなたが何を提供できるのか、どこで手に入れられるのかを知ってもらうことにもつながるのです。

オンラインで製品やサービスの販売を始める可能性を常に持っています。

ビジネスのためのウェブサイトを持つことは、物理的な限界を超えて、より多くの売上を生み出すのに役立つ新しい戦略に取り組む絶好の機会です。また、従来の方法ではおそらく2倍の時間を要したであろう新しい視聴者にリーチすることもできます。

だからこそ、あなたのビジネスがウェブサイトを持つべきかどうかを自問するとき、あなたが自分自身に与えられる最高の答えは「イエス」なのです。

あなたが何を提供したいかに関わらず、1つの選択肢は常に良いものです。

そして何より、今日では知識がなくてもゼロからウェブサイトを作成できるツールがたくさんあるので、自分でプロジェクトを始めようと思っても大した問題ではありません。

ワードプレスでホームページを作るには?

このツールについては誰もが耳にしたことがあると思いますので、この機会にWordPressでウェブサイトを作る方法をご紹介しないわけにはいきません。

わずか数ステップでプロジェクトを立ち上げることができ、見た目よりもシンプルであることに気づくでしょう。

ステップ1:ページのメインコンテンツを決める

まず考えなければならないのは、どのようなウェブサイトを作りたいのかということです。ブログを作りたい、会社案内を作りたい、Eコマースサイトを作りたいなど、目的はさまざまです。

方向性を決めたら、ウェブサイトの最終的な目標は何か、収益化したいのかどうか、なども考えてみましょう。 すべては、その構造から誰に利益をもたらしたいかを常に考えています。

ステップ2: ドメイン名の選択

このステップでは、ドメイン名があなたのブランド全体を代表するものになることを念頭に置き、よく考えてみることをお勧めします。

あなたがすでに知っているサイトの共通点を考えてみてください。それは、正確には、スペルや覚えやすい短くてユニークな名前です。

場合によっては、覚えにくい、綴りにくいドメイン名は、訪問者を遠ざけてしまいます。 それに、見つけたものに満足したら、それが利用可能かどうかを確認して登録しなければなりません。

ステップ3:ウェブホスティングサービスの選択

WordPressでウェブサイトを作成するつもりであれば、適切なウェブホスティングプロバイダーを見つける必要がありますが、その判断を正しく行うために考慮すべきポイントは以下の通りです。

  1. あなたが必要とするもの ここでは、ウェブサイトに必要なリソース、来年の計画、どれくらいの成長を期待しているのかが重要になります。
  2. アップタイム。 肝心なのは、365日利用できる安定したウェブホスティングを利用することです。 1日24時間対応。
  3. 彼らの顧客サービス。 万が一、ウェブサイトに問題が発生したり、まったく機能しなかったりした場合は、カスタマーサービスが迅速に対応し、状況を解決してくれるはずです。
  4. 簡単に使える。 ウェブサイトのオーナーの多くは、プログラミングに必要な経験を持っていません。そのため、コントロールパネルは非常にシンプルで直感的なものでなければなりません。
  5. 品質と価格の関係について どのようなプロジェクトでも、予算を守ることは重要なことです。 あるいは、自分のニーズに合わないもののために。

ステップ4:Wordpressのインストール

通常、WordPressのインストール作業は数回のクリックで完了しますので、このツールを使ってビジネス用のウェブサイトを作成するのはとても簡単です。

必要なのは、WordPressのウェブサイトにアクセスして、このツールを無料でダウンロードすることだけです。 なお、利用を開始するためには、プロジェクトを安全に遂行するためのユーザー名とパスワードを取得するための登録フォームに記入する必要があります。

WordPressでウェブサイトを作成する際に求められる情報としては、すでに登録しているドメインのURL、ツールの言語、使用するユーザー名とパスワード、管理者のEメール、ウェブサイトのタイトル、スローガンなどがあります。

ステップ5:テーマ/テンプレートの決定

このツールを使ってWebページを作成する際に気をつけなければならないのは、見た目と動作の良さです。

ウェブサイトの種類によっては、意図するところによってデザインやテーマが異なる場合があります。

WordPressには、最初の一歩を踏み出すためのテンプレートがたくさん用意されています。

無料のものもあれば、プレミアムユーザーのみが利用できるものもあります。 中でも無料で利用できるのは、「Zakra」「Flash」「Shapely」です。

Step 6: プラグインのインストール

また、他の人がプラグインと呼んでいるものと同じように、アドオンを選んでインストールすることも作業の一部です。

WordPressには、このようなツールが1.5トンもあり、その目的は、ツールで作成されたウェブページに最大限の機能を与えることです。

その中には、管理面での改善をもたらすものや、ウェブサイトのセキュリティレベルを向上させるものなど、必要なものを知るだけで見つけることができるタイプもあります。 だからこそ、他に何を加えることができるかを考えることを怠ってはいけません。

Elementorを使ってウェブサイトを作成するには?

ステップ1:Elementorプラグインのインストール

Elementorを使ってウェブサイトを作成するには、まずElementorをインストールする必要があります。

無料版とプロ版の2種類があることを知っておきましょう。

Proでは、プレミアムテンプレートやブロックなどの機能が充実しているので、思い通りに仕上げることができるでしょう。

このプラグインを入手するためには、https://elementor.com/、トップページですぐに購入できる無料版を見つける必要があります。

Pro版をご希望の場合は、価格が表示されている場所に移動する必要があります。

Step 2: Envato Elementsプラグインのインストール

技術的なセットアップがほぼ完了したとしたら、いよいよEnvato Elementsプラグインをインストールしましょう。これにより、Elementorに対応した多くの既製テンプレートをダウンロードして使用することができます。

elementor wordpress

ステップ3:ウェブサイトのページ作成開始

いつものように「ページ」を開き、「新規追加」をクリックします。

その後、タイトルを入力すると、Elementorでの編集が始まります。 しかし、Envato Elementsを使えば、別の方法でそれを実現することができます。

また、「Elements」にアクセスして、テンプレートキットのオプションでElementorにチェックが入っていることを確認することもできます。

このようにして、自分のウェブサイトがどのようなものになるかの第一歩を踏み出すのに役立ちそうなものを閲覧し始めることができます。

ステップ4: Elementorに慣れる

Elementorでコンテンツを編集するにはどうすればいいのかとお考えかもしれませんが、実際には、ページリストにアクセスして、目的のページの「Elementorで編集」リンクをクリックするのが最も早い方法かもしれません。

別の方法として、編集したいページをクリックして、ページのタイトルのすぐ下にある「Elementorで編集」と書かれたボタンを押す方法もあります。

1つ目のルートを選択しても、2つ目のルートを選択しても、エディターを開きます。

Elementorのエディタには、あなたが修正しているページが表示され、左側には大きなメニューがあります。

その中に出てくるウィジェットはすべて、追加したいときにページ上で簡単にドラッグ&ドロップできるので、難易度はそれほど高くありません。

また、Elementorでは、グローバルスタイル、カラー、フォント、サイズを編集することができます。

オプションを変更すると、右手に表示されるページにリアルタイムで反映されますので、機能的には十分すぎるほどのツールです。

生成された変更内容に完全に満足したら、メニューの一番下にある「公開」アクションを呼び出すボタンをクリックして、作業内容の保存を進めることができます。

WordPressでElementorを使うことの大きな利点は、ページのデザインが非常に簡単になることです。ですから、ビジネス用のウェブサイトを作成する際には、間違いなく必要以上のプラグインです……しかも、使い方を覚えるのにお金はかかりません。

WordPress Blogの詳細はこちら。