ビジネスモデル・キャンバス|ビジネスモデル・キャンバスとは何か、例、書き方

多くの人にとって、Canvasのビジネスモデルは、ビジネスプロジェクトにするためにアイデアを空けるための仕組みとして機能しています。

そして、それは制作者の意図でもありました。

ビジネスモデルとは何か、その重要性、主な種類、キャンバスモデルの作り方などをご紹介します。

ビジネスモデル・キャンバス
によって書かれています。

目次を見る

ビジネスモデルとは?

ビジネスモデルの定義では、ビジネスプランの前に、市場に提供するものを明確に定義するためのツールについて説明しています。

その際、どのようにオファーするのか、どのような人に売るのか、どのように収入を得るのかが最も重要なポイントになることを理解してください。

そして、自分が何者であるかを知るだけでなく、どのようにしてそれを行うのか、コストはどれくらいか、使用する必要がある手段は何か、さらには上記のすべてに関連して得られる収入源は何か、といった可能性を与える分析ツールであると断言することができます。

多くの専門家は、ビジネスモデルを定義することの重要性は、それがDNAの役割を果たすことにあると断言しています。それは、すべてがどのように行われているかを見ることができるだけでなく、修正への扉を開き、常に磨きをかけ、変化させ、さらには成形することを可能にします。

これらのモデルについて語るときによくある間違いは、アイデアを固定化して「企業が大量のお金を稼ぐための手段に過ぎない」と言ってしまうことです。 また、このように捉えて良いとはいえ、それだけに留まらないのが現状です。

今の時代に通用するビジネスモデルは、お客様のために価値を創造するものです。

つまり、明確なバリュープロポジションを持ち、お客様に届くことができ、違いを生み出すことができ、お客様との強い絆を築き、ロイヤリティを高め、特別な存在だと感じさせることができる。

ビジネスモデル・キャンバス
お客様とのコミュニケーション

ビジネスモデルにおいて、お客様はとても重要です

ビジネスモデルを検証するにはどうしたらいいのかとお悩みの方には、サービスや製品にお金を払ってくれるお客様がいることが正しい方法であるとお伝えします。

お客さまに本当に寄り添うことで価値が生まれる。

最初から親密な関係を築くことで、相手が何を求めているのか、どのような問題を抱えているのかを知ることが重要なのです。

しかし、すでに市場に出回っているビジネスモデルは、一度修正することができます。

実際、専門家によると、常に変化する能力を持っているそうです。

だから、会社にとって厳しいものでなければならないと捉えるのは間違いです。

そして、気をつけること。 全体的に変えるのではなく、変化やバリエーションをつけるということです。 重要なポイントに触れていても

そうしないと、これまで会社が戦ってきたものがあっという間に崩れてしまう。

8 ビジネスモデルの種類

ビジネスモデルには膨大な種類がありますが、これは頭に浮かぶビジネスの種類ごとに作られているからです。 ただし、関連性の高いものについては詳細を説明しますので、あなたの場合は以下のようになります。

1.メーカー

メーカーの仕事は、原材料を最終製品に変えることです。

これらの製品は、お客様に直接販売することもあれば、ターゲットとなる人々に提供することを引き受ける仲介者を介して販売することもあります。

メーカーの例としては、アウディやトヨタなど、自動車製造を担当する大手ブランドが挙げられます。

2.ディストリビューター

ディストリビューターとの連絡体制

ディストリビューターとは、メーカーから製品を購入し、それを小売店や直接販売店を通じて市場に出すことです。 先ほどの例で言えば、カーディーラーが挙げられます。

3.小売店

店内で電話で話す起業家

代理店や卸売業者から商品を仕入れて、直接お客様に販売することを担当しています。

代表的な例としては、WalmartやTargetなどが挙げられます。

4.フランチャイズ

男の人が手で選んだ木のブロックにお店のアイコンがついています。 ビジネス帝国とフランチャイズ・コンセプト

ここで重要なのは、フランチャイズには製造業者、販売業者、小売業者のいずれかになる能力があるということです。

新しい製品を作るのではなく、親会社のビジネスモデルやブランドを利用し、親会社にロイヤリティを支払う。

代表的な例としては、マクドナルドやピザハットが挙げられます。

5.eコマース

おもちゃのショッピングカートの選択的フォーカスとノートパソコンの近くにある小さなカートンボックス, eコマースの概念

オンラインビジネスとも呼ばれています。

これは、従来のビジネスをアップグレードしたビジネスモデルの一つです。

商品をオンラインストアで販売することです。

6.フリーミアムサービス

購読プランを選ぶ女性

この場合、企業は基本的なサービスを無料で提供し、補完的なサービスには追加料金を課すことになります。

そのためには、お客様が興味を持つであろうさまざまな特典に応じて、複数のプランを提供することが必要です。

一般的に、無料のものの場合は、広告やストレージの制限など、いくつかの制限が見られます。

プレミアム(有料のものを指します)では、これらの制限は表示されません。

すべての人がお金を払ってくれるわけではありませんが、それ以上のことをしてくれる人もいます。

7.トランザクション・ファシリテーター

ボヘミアンな服装の女性がリビングルームで本を読みながらくつろいでいる様子

これは比較的最近のビジネスモデルで、ニッチなサービスプロバイダーを複数追加し、自社ブランドでサービスを販売するものです。

収益はコミッションによって得られます。

例えば、AirbnbやUberなどが挙げられます。

8.広告宣伝

バイクのアイコンで広告を表示するバナー

広告に関わるビジネスモデルの進化は止まりません。

しかし、YouTubeのように無償で情報を提供している会社もありますが、そこには広告が溢れていて、完全に提供者側が負担しています。

Canvasモデルとは?

キャンバスビジネスモデルとは、モデルを簡略化して分析・作成するためのツールと定義されています。

それは、ビジネスに関わる主要な側面に分けられたキャンバスのように視覚化され、提供したい価値提案を中心にすべてが展開されます。

一般的には、アイデアを実際のプロジェクトにしたい場合に使用され、ビジネスモデルと呼ばれるものの中に自分の考えていることを取り込みます。

このモデルは、開発が進むにつれ、お客様の検証を受けたり、新しいアイデアが出てきたりして修正されます。

キャンバスのビジネスモデルの起源は、アレクサンダー・オスターワルダー博士の頭の中にあります。彼は、顧客価値を創造し、提供し、獲得するための新しい方法を見つけるだけでなく、育成することを目的としていました。

ビジネスモデル・キャンバスを作るには?

この時点では、Canvasのビジネスモデルのさまざまなセグメントを理解し、簡単かつ迅速に自分のビジネスモデルを作れるようにします。

9人もいるんだから、そろそろ仕事をしないとね。

1.市場セグメント

この最初のブロックでは、次のポイントで作成する価値提案で到達することを念頭に置いた、人々のグループまたはセグメント、あるいは企業を定義しようとしています。

ここからスタートするのは、ターゲット層の具体的なニーズがわかれば、残りのビジネスモデルを的確に設計できるからです。

2.バリュープロポジション

互いの専門性を尊重する

バリュープロポジションとは、最初のポイントで選んだお客様に対して、企業が提供する一連のベネフィットのことに他なりません。 つまり、特定の市場のニーズを解決するための方法です。

ベネフィットは、そのグループのお客様が繰り返しあなたの製品やサービスを選択する理由として働くことを忘れないでください。

独自の価値提案は必ずしも必要ではありませんが、早く始めたい場合や競合他社が少ない場合には最も推奨されるものです。

3.流通経路

衣料品店の内装

このブロックでは、第1のポイントで選んだ顧客市場に、第2のポイントで定めた価値提案をどのようにして届けるかを分析します。

ここで重要なのは、企業のチャネルにはさまざまな種類があるということで、直接的なチャネルと間接的なチャネル、あるいは独自のチャネルとパートナーのチャネルなどと定義する人もいます。

4.お客様との関係

お客様とテーラー

このブロックは、Canvasのビジネスモデルの作り方のうち、最初のポイントで定義した顧客との関係のあり方に関係しています。

なお、最も一般的な方法は、パーソナルアシスタンス、エクスクルーシブパーソナルアシスタンス(前者よりもパーソナルで親しみやすい)、セルフサービス、オートマチックサービスなどです。

5.インカムストリーム

最近の収入を示すボード

このブロックは、最初のポイントで定義した各市場セグメントから会社が生み出したお金を表しています。 主な例としては、以下のようなものがあります。

  • 仲介手数料
  • ライセンスや特許。
  • ローン、レンタル、リース
  • 購読料。
  • 使用料です。
  • 製品やサービスの販売。

それぞれの収入源に対して、固定的な価格メカニズムを設定する(リストで確立する)こともできれば、ダイナミック(市場に応じて変化する機能を持つ)こともできる。

6.主要リソース

ビジネスパーソンのプランニングリソース

この場合の目的は、ビジネスが機能するために最も重要な要素は何かを検出することです。

キーとなるリソースがあるからこそ、価値ある提案を生み出し、提供し、市場に参入し、関係を築き、そしてもちろん収入を得ることができるのです。

これらは、物理的なもの、知的なもの(ブランド、特許など)、人間的なもの、経済的なものがあることを覚えておいてください。

7.主要な活動

ビジネスマンの仕事ぶり

この場合、キャンバスのビジネスモデルの意図の中で、作成されたモデルを機能させるために企業内で実行しなければならない最も重要なアクションは何かを特定することです。

最もよく考慮される活動としては、生産、問題解決、プラットフォーム/ネットワーク(テクノロジー企業の場合)などがあります。

8.主要なパートナーシップ

ビジネスパートナーです。

このブロックでは、ビジネスを円滑に進めるためのサプライヤーや戦略的パートナーのネットワークを指定します。 アイデアのヒントになるような例としては、以下のようなものがあります。

  • 供給の信頼性を確保するための顧客と供給者の関係。
  • 新しいビジネスを生み出すためのジョイントベンチャー。
  • Coopetitionとは、通常は競争関係にある企業間で結ばれる戦略的パートナーシップのこと。
  • 競合しない企業同士の戦略的提携。

9.コスト構造

ビジネスマンの会計士が、財務を行う報告書にメモを取り、投資のコストについて計算している。

キャンバスのビジネスモデルの作り方に関するこの最後のブロックでは、次のステップとして、作成したモデルの実施に伴うすべてのコストを分析します。

つまり、これまで勉強してきたブロックの一部を数値化する必要があるのです。

キャンバスのビジネスモデルでは、すべてのモデルが常にコスト削減を目指すべきだとアドバイスしています。 しかし、そこには2つのタイプが書かれています。

  • コストを重視したCanvasのビジネスモデル。 この場合、できるだけ多くの利益を得るために、あらゆる点でコストを削減することが目的となります。
  • 価値主導型Canvasのビジネスモデル。 ここで、プレミアムサービスが登場し、優れたユーザーエクスペリエンスがビジネスモデルの一部となります。 例えば、サービスにお金をかけることにこだわらない高級ホテル。
ビジネスプランニングの詳細