バイヤーペルソナとは何か、なぜそれを定義する必要があるのか。

バイヤーペルソナとは何かを知らずに、デジタルマーケティング戦略を立てているのであれば、これ以上時間を無駄にしないでください。

この記事を読んで、何を優先すべきなのかを学びましょう。

また、インバウンド・マーケティングとは何か、その目的は何かについても、もう少し詳しくご紹介しましょう。

バイヤーペルソナとは何か、なぜそれを定義する必要があるのか。
によって書かれています。

目次を見る

インバウンドマーケティングとは?

インバウンド・マーケティングとは、押し付けがましくないマーケティングと広告の手法を組み合わせた方法論のことを指します。

これは、ユーザーが購入プロセスを開始した時点で連絡を取り、最終的な取引が完了するまで同行できるようにすることを目的としています。

つまり、インバウンド・マーケティングの目的は、ユーザーが商品やサービスを手に入れるためのプロセスを始めなければならないと感じた瞬間から、その商品やサービスが頭の中にあり、他の人とは違う、最初の瞬間にユーザーにリーチできることなのです。

その瞬間からお客様に寄り添うためには、購入時の各段階に応じて適切なコンテンツを作成するだけでなく、そのお客様が市場の中でどのようなプロフィールを持っているかを考慮する必要があります。

この場合は、お客様に共感していただけるような親しみやすいコンテンツを作成することが求められるため、押し付けがましくないマーケティングや広告手法を使用するというコンセプトが最も重要であると言えます。 これは、後になって、彼らが忠誠心を持ってくれるというメリットもあります。

インバウンドマーケティングはデジタルマーケティングをはるかに超えたものであり、特に長期的にはそのメリットは明らかであることを理解しておく必要があります。 これは、すでに実践しているすべての企業が証明しています。

インバウンドマーケティング、リードマグネット、集客・リテンション、B2Bコンセプト
マーケティングレポートを聞くクリエイティブビジネスチーム

バイヤーペルソナとは?

バイヤーペルソナの定義は非常に明確で、理想のお客様を架空の人物として表現したものです。

そのため、会社の基準やビジョンなどを考慮して、常に変化させることができるものです。

しかし、お客様が持つ行動や人口統計学的特徴を持つ実際のデータに基づく必要性を考慮する必要があります。 それと同じように、彼らの個人的なストーリー、目的、動機、課題、そして懸念事項などをミックスして作成する必要があります。

バイヤー・ペルソナをどのように定義したらよいか悩んでいる方は、正しい方法で定義するためには、ターゲットとなる顧客の連絡先を確認し、共通の特徴を特定するための分析を行う必要があることを知っておいてください。

すでに顧客を持っている場合は、リサーチを始めるのに適した場所であるため、有利です。 観察してみると、それぞれプロフィールが違っていても、その中には自分が本当に求めているものがあるはずです。

バイヤーペルソナを定義するためには、これまで満足させてきた顧客と、あまり良い経験をしていない顧客の両方に焦点を当てる必要があることを知っておくことが重要です。 自分に有利な面ばかりを見ようとしてはいけません。

両方のケースを考慮すると、製品の認知度や、お客様が購入時に直面している課題などをより詳しく知ることができます。 そのため、分析はより完全なものとなり、お客様にとってより良い結果をもたらします。

デジタルマーケティング戦略において、なぜバイヤーペルソナを定義する必要があるのでしょうか?

バイヤーペルソナを作成することは、デジタルマーケティング戦略の基本的なステップとなります。

これを作る意図は非常にシンプルで、どんなデジタルマーケティング戦略においても、私たちが望むのは、送るメッセージが正しいものであること、そしてそれだけでなく、それが正しい個人に届くことであり、そうすることで生まれる成功の可能性がさらに大きくなるということです。

バイヤーペルソナを定義していないことの結果は、(すべてではないにしても)場合によっては、あなたがまとめている戦略が完全に失われてしまうという事実に直結しています。 アラビア語しかわからない人にスペイン語を話そうとするようなものです。

例えば、お肉のプロモーションを行う場合、自分が考えた戦略がとても良くても(伝えたいメッセージが)、購買意欲のない人に届いてしまっては意味がありませんよね。

バイヤーペルソナを定義する理由をもう少し理解していただくために、このプロセスがあなたやあなたが構築しているキャンペーンにどれだけ関連しているかを考えていただくために、興味深く有益だと思われるいくつかのポイントをデザインしました。

コンテンツマーケティングの詳細はこちら