ニュースレターはスパムかリアルコンテンツか?

によって書かれています。

Eメールマーケティングはまだ有効か?

私が個人的に好きではないもののひとつに、Eメールマーケティングがあります。

また、ニュースレターの中には良いものもありますが、時には、メールで販売やコンテンツを押し付けようとする企業の狙いがあり、私はそれを楽しめません。

企業がリードを得ようとする無料の電子書籍を手に入れることに関しては、効果があるかもしれない戦術ですが、私にとっては、その後、書けなくなる道でもあります。

メルマガを購読する価値が本当にあるのはどんな時?

私がすでに購入した製品に、企業が実際に本物のコンテンツを提供しているとき。

私は、すでに購入している商品やサービスのメールリストだけを利用しています。

だから、私はどちらかというとアフターセールスの関係を重視しています。

そうすれば、最終的には企業がすでに提供している別の製品を購入することができます。

また、「パーソナライズド・メール・マーケティング」を謳っておきながら、うまくいかないと見知らぬ人の名前でメールが届いてしまうのも困りものです。

HELLO, I am not Marco!

では、メールマーケティングやマーケティングオートメーションは、本当に企業とのインタラクションを人間化しているのでしょうか。

エクスポネンシャル・グロースに注力しているSaaSの多くは、大量のユーザーに対応しなければなりません。

確かに、大勢での交流よりも1対1での交流の方がいいと思うこともあります。

それは、お客様や人そのものを本当に知る機会をもたらします。

もちろん、お客様が少ないか、お客様が多いかのジレンマはあります。

ビジネスモデルにもよりますが、きちんとした文章で手紙を送ることをお勧めします。

本当の目的や深みのある内容の手紙

私は、製品のアップデートや会社の将来計画など、視聴者に決定への参加を求めるようなニュースのメールを好んで受け取ります。

カスタマー・エクスペリエンスを向上させるには?

確かに、アンケートを取って全体像を把握するだけでは、あまり意味がないと思います。

お客様は人間であり、感情を持っています。

そして、その気持ちを汲み取らなければなりません。

お客様が購入した商品に満足しているか、お客様の中にまだ解決すべき問題があり、その問題がお客様にさらなるストレスを与えていないか。

お客さまを元気づけることができるものは何か、それを知ることが大切です。

製品に関する簡単なメールで十分ではないでしょうか?

自分の製品がお客様にどんな感動を与えているのか、何を解決しているのか、他にどんな問題を生み出しているのかを知ってください。

もしメールを送り続けるのであれば、まだ解決していない問題があり、それをどのように解決しているのかを一歩一歩記録していきましょう。

また、自社の製品やサービスが十分に活用されていないと思うなら、その製品を使ってさらに成長する方法をお客様に教えてあげましょう。

製品にこだわるきっかけは何ですか?

電子メールは、商品を紹介するだけのものではなく、本当のコンテンツでなければなりません。

メールはカスタマー・エクスペリエンスの一部であり、「お客様は毎週メールを受け取ればいいのだから、どんどんメールを送ればいい」と考えてはいけません。

そして、あなたのメール戦術が価値あるものかどうかを理解するために、アンサースクリプション・レートが必要です。

あなたからもっと情報を得たいと思っている、よく教えられたお客様は、あなたとの経験を助けてくれるでしょう。

コンテンツマーケティングの詳細