Carlos-barraza-logo-50

デジタルトランスフォーメーション – ビジネスの未来

デジタルトランスフォーメーションとは何かと考えている方は、おめでとうございます。それは、あなたの未来に対するビジョンが、少なくとも企業が消滅しないために必要な詳細を知ることに集中しているということです。

なぜ企業は変革しなければならないのか、どうすればいいのか、などについてご紹介します。

デジタルトランスフォーメーション - ビジネスの未来
によって書かれています。

目次を見る

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーションの定義は、企業を構成するすべての領域にデジタル技術を統合し、企業の運営方法や顧客への価値提供の進め方を根本的に変えることです。

また、これには文化的な変化が伴い、組織が常に現状に挑戦することが必要であることにも留意する必要があります。

また、勝利を手にしていない時でも、実験してみたいという興味を持ち、快適に過ごすことができます。

デジタルトランスフォーメーションの意味するところは、製品の再生産や、組織内で行われるプロセスや戦略などが挙げられます。

そのためには、デジタル技術を最大限に活用する必要があります。

つまり、このような変革を実現するためには、企業内のひとつひとつの領域、あるいは少なくともほとんどの領域で検証と再発明を行う必要があると定義することができます。

このケースでは、サプライチェーンと組織のワークフローにも良い影響があります。

そのためには、社員の持つスキルや、ボードレベルでの議論のプロセスも忘れてはなりません。

デジタルトランスフォーメーションの範囲内で、もう少し踏み込んで考えると、企業がお客様とどのようなやり取りをしていくのか、また、ステークホルダー一人ひとりがどのような価値を持って進んでいくのか、ということになります。

technology
positive about future

デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスの未来です

デジタルトランスフォーメーションはビジネスの未来だと言われていますが、それは組織が新たな顧客需要に対応するための最良の方法だからです。

このような変革により、私たちが求めているのは、すべての企業が、テクノロジーの進化に伴って常に変化することが証明されている、より良い経済環境が期待される中で競争力を得ることです。

これまで述べてきたように、デジタルトランスフォーメーションの終わりを見るならば、明確に言えることがあります。それは、常に不確実な未来の中で自分たちの力を発揮できるという最も誠実な意思を持つ、あらゆる企業、機関、非営利団体にとって必要なことです。

そして、デジタルトランスフォーメーションなしで企業が存続できるのかと自問します。進歩を恐れる人がまだ何人かいることは知っていますが、実際のところ、このようなことが起こる可能性は0ではなく、もっとはっきりと不可能だと言えます。

なぜ企業は自らを変革しなければならないのか?

この場合の100万ドルの問題は、企業がなぜこのプロセスを遵守したいと思うのかということです。

そして、説明を始めるにあたり、何か目標を設定する際に常に念頭に置くべき、デジタルトランスフォーメーションの利点とは何かについて、少しお話しましょう。

デジタルトランスフォーメーションの利点

このような理由から、今の時代、デジタルトランスフォーメーションはもはや選択肢の一つとは考えられません。

今日の世界では、すべての企業がデジタル化に適応し、市場分野での強力な競争力を維持するために、自らを刷新する必要があります。

デジタルトランスフォーメーションに参加しないと、企業にとってマイナスになる可能性があります。

デジタルトランスフォーメーションに参加しないことによる影響は現実的であり、私たちの時代でも証明されています。

適応しないことで払わなければならない代償は次のようなものです。

デジタルで変身しない場合のデメリット

ここまでの説明で、なぜ企業が変革できるのか、その理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。

今は楽しく過ごしていても、明日には自分の知っていることがすべて変わっているかもしれない、ということを考えてみてください。

企業はどのようにしてデジタルトランスフォーメーションを行うことができるのでしょうか。

もしあなたが今、会社をどのように変革していくべきか悩んでいるのであれば、現在のことだけを考えるのではなく、進歩するだけでなく、将来の市場や世間の関心事の中で生き残っていくためのビジョンを持つことに関して、最もお勧めできる3つの強力なポイントをご紹介します。

1.コンフォートゾーンからの脱却

今の時代、企業として進化していくためには、常に新しいものを取り入れていく姿勢が必要です。

デジタルトランスフォーメーションは、トラウマになったり、混沌としたプロセスではありません。

恐れていると、自分を変えることに賭けた人たちに会社が負けてしまうことになる。

そしてそれは、一見してわからないかもしれませんが、お客様にも簡単な評価で感じていただけるものです。

新しいテクノロジーは、新しい消費者が疑問を解決したり、ニーズを満たすために日常的に使用されています。

考えてみてください。自宅ですべてのことができるのに、銀行に行って事務処理をするでしょうか。何事も同じことです。

2.社員と管理職の両方にデジタルコンピテンシーを育成する

まだお分かりになっていないかもしれませんが、私たちを前進させる新たなデジタルランドスケープを創造するためには、革新的で創造性に富み、デジタルトレーニングを受けることを厭わない人々が必要とされます。

多くの人は、それは従業員だけのことだと思っていますが、管理職には、以下のようなスキルのうち、デジタルコンピテンシーの習得が必要であることもわかっています。

ここでは、まだまだ先の話だと考えられていますが、デジタルトランスフォーメーションは、将来のために必要なスキルを集める絶好の機会でもあります。

3.デジタル戦略の立案

この場合、将来に向けて何をすべきかという話だけではなく、今日では、ビジネスモデルが顧客体験やデジタル環境との連携に焦点を当てていることも必要だからです。

ここでできることは、顧客ライフサイクルマップの設計、実施したプロセスの結果の測定、リアルタイムでのエラー修正、得られたデータに基づいた将来の計画などです。

デジタルトランスフォーメーションはゴールではなく、プロセスとして捉えるべきであり、そのためには常に変化を受け入れ、高いレベルの感情的知性を持ち、変化する環境に適応できることが必要となります。

デジタルビジネスの詳細