Carlos-barraza

セールスファネルとは何か、何のために役立つのか?

今日は、セールスファネルとは何か、何に役立つのかについて少しお話しします。デジタルマーケティングに長く携わっている方であれば、すでに耳にしたり、少し知っているかもしれません。

しかし一方で、この世界に入ったばかりの方にとっては、もしかしたら未知の話題かもしれません。

そのため、コンバージョンファネルやマーケティングファネルとも呼ばれるセールスファネルについて、あらゆる知識を広げるお手伝いをします。

セールスファネルとは何か、何のために役立つのか?
によって書かれています。

目次を見る

セールスファネルとは何ですか?

セールスファネルとは何かを理解するためには、まずコンバージョンファネルとは何か、別名セールスファネルとは何かを定義する必要があります。

セールスファネルとは、ユーザーや潜在的な見込み客が当社のサービスや製品の顧客になるまでのステップを示したツールや構造のことです。

より明確にするために、例を挙げてみましょう。コンピュータ市場に特化した企業の場合、コンバージョンファネルは、ソーシャルネットワーク上で実施される広告キャンペーンから始まります。

そして、ネットワークで行われた広告を経由してきた人たちに、製品やサービスの教育を行うというプロセスを経る。 そして、教育プロセスが終わった後、オンラインストアで製品(この例ではコンピュータ)を購入することを決定した人々で終わります。

販売データ
販売チャート

セールスファネルは何のためにあるのか?

セールスファネルとは何か、ということはすでに少しお伝えしましたが、ここでは、セールスファネルをビジネスに導入することの重要性をもう少し理解していただくために、セールスファネルは何のためにあるのかをお伝えします。

信頼の構築

ウェブで販売するための大きな鍵は、「自信を持つこと」だと思います。 私たちのことを知らない特定の人たちに、Hight Ticket製品を販売するのはとても複雑です。

そのためにはまず、潜在的な顧客の信頼を得て、自分たちがいる分野で素晴らしいリファレンスであることを示す必要があります。 それを実現するのが、セールスファネルです。

見知らぬ人をお客様にする

75%の潜在的な顧客は購入する準備ができていないという事実があります。 これは何を意味するのでしょうか? まだ準備ができていない人に販売広告を見せてしまうと、逆の結果になってしまう可能性があること。

また、80%の人がウェブサイトに何のアクションも起こさずに放棄する傾向にあるという重要な事実もあります。 そのためには、お客様の購買意思決定を終わらせるためのインパクトを与える必要があります。

回転率の向上

かなり効果的なセールスファネルを作るとなると、思った以上に多くの要素が必要になります。 しかし、それでもファネルが収益性の高いものになるためには、フロントエンドとバックエンドが必要です。

つまり、目に見えるオファーと、お客さまが一連のステップを踏まないと見えないオファーがあるのです。 そうすることで、メインの商品に関連した補完的な商品を提供することができます。

セールスファネルとはどのようなものですか?

セールスファネルは、見込み客からリードへ、そして最終的に顧客へと転換するプロセスで機能します。

そのため、非常に重要なマーケティングツールとなっています。

では、提供している製品やサービスのコンバージョンプロセスとは何かを説明します。

次に、セールスファネルのフェーズとは何かを説明します。

第一段階見込み客の獲得

このセールスファネルの最初のフェーズでは、見込み客を探すことから始めます。 そのためには、私たちが提供している製品を知らない人たちに向かっていく必要があります。このような人たちを「コールドトラフィック」と呼ぶことにします。

そして、その人たちを見込み客にするためには、主にこのようなトラフィックを持ち、テクノロジーに興味を持っている人たちを対象としたFacebookキャンペーンを実施する必要があります。

Facebookのソーシャルネットワークを介して行うコールドトラフィックのオーディエンスに行う広告内では、広告を介して来た人を受け入れてデータを残す機能を持つランディングページまたはランディングページへのリンクを使用することが最適です。

このセールスファネルの第一段階は、見込み客がランディングページに到達することで終了し、製品を消費したいという欲求を呼び起こすことができます。

第二段階:リード、リード、さらにリード。

ランディングページに入ってきた人は、当社の商品やサービスに一定の興味を持っているので、すべて見込み客になります。

そして、データを残した人は、自動的にリードになります。

リードとは、基本的にはランディングページに登録したすべての人のことです。

ファネルの中で、次のステップは、すべてのリードを分類し、フィルタリングすることです。

まずは、広告キャンペーン後に到着したすべてのリードの教育プロセスから始めることになります。

第3のフェーズMQL

セールスファネルの第3段階に移行するためには、すべてのリードをフィルタリングする必要があります。

これは、タイプフォームやフォームで行うことができ、リードはさらに多くのデータを提供することができます。

リードがより多くのデータを残すと、Marketing Qualified Leads(MQL)となります。 私たちの製品やサービスに一定の興味を示してくれているので

MQLとして認識された後は、次の段階として、リードの緊急性を確認します。

第4フェーズSQL

第4段階では、実際に商品やサービスを購入したいという意思を持っているリードを探す必要があります。

そのためには、どのリードがこの条件に最も適しているかを知るためのアクションを実行する必要があります。

そのためには、緊急性を持たせること、つまり、その商品やサービスをすぐに消費しなければならない理由を作り出すことが必要です。

この新たに作成したリストをSales Qualified leads(SQL)と呼びます。

この第4段階で求められるのは、提供する製品やサービスに対する人々の欲求を呼び起こすことです。

デジタルビジネスの詳細