Carlos-barraza-logo-50

SMART Objectivesの例|目標を達成するための道筋を設定する。

SMART目標の例を探しているのであれば、アイデアを設定し、それを現実にするためのより良い方法があることを知っているからだと思います。
によって書かれています。

目次を見る

SMART Objectivesの例

なぜ企業でSMARTな目標を立てるべきなのか?

まず、どのような意味で考えても真実である点を指摘します。

そして、目的を明確にすることで、達成したいことに向かって行動や努力をすることができるという事実です。

さて、企業における目標の重要性は、まさにトップと従業員の双方が明確な方向性と戦略を持つ必要があることに由来します。

企業が仕事で成功を収めようとするとき、目標に向かって歩む前に目的を設定しなければなりません。目的とは、企業が進むべき道を示し、企業の全メンバーのモチベーションとコミットメントの源となるものだからです。

毎年、新しい目的を持ちたいと思っても、それを達成するためには、しっかりとした目的に変えることが大切です。

つまり、測定可能、達成可能、挑戦的、期限付き、具体的で、常に前向きなものでなければなりません。
アクションプランは、まず会社の目的を設定しなければ作成できません。

目標を達成するために、どのような行動をとればいいのかを具体的に説明してくれる担当者です。

では、なぜ企業が目的を持たなければならないのかというと、それは、企業が最大の成功を収めるために必要な安心感、モチベーション、組織を提供するものであり、そのために進むべき道を常に見失うことはないということに尽きる。

SMARTな目標とは?

SMART目標とは何かを知っている人に聞いてみると、具体的で、測定可能で、完全に達成可能で、関連性が高く、しかも一時的なものなので、永遠に続くものではなく、常に長距離の目標として残るものでもない、と答えてくれます。

これらは、マーケティングに限らず、体系的かつ効果的な方法で自分の仕事を秩序立てて測定する必要のある企業のあらゆる分野にかかわらず、我々の努力がもたらしたパフォーマンスを分析する可能性を提供する具体的な目標と考えるべきである。

なぜSMART目標と呼ばれているのか不思議に思われるかもしれませんが、これは良い目標が持つべきだと考えられているすべてのものを指す頭文字から来ています。

以下、原語である英語と、その翻訳であるスペイン語の両方でご紹介します。

具体的には

企業の特定の側面、タスク、アクションに限定されているということです。

Measurable.

それは、具体的な目標がなければ、結果が予想の範囲内であるかどうかを解釈することができないということを物語っています。

達成可能です。

利用可能な条件の下で完全に達成可能な目標のことを指します。

関連しています。

関連性のある目標というのは、ビジネスの一般的な目的に沿ったものを指します。 会社の発展計画の中で、これらの目的を助成しない結果のある行動を考えることには意味がありません。

タイムリー

それは、ある時間に限定されているということです。 上記のすべての特性は、それが完了すると想定される時間に依存します。 時間が経過すると、目標が達成できなくなることがあります。

SMART Objectivesの例

私たちが提供する職場でのSMART目標の例は、会社が設定したものであるかのようにアプローチし、目標に到達するために従うべき行動計画を知っているはずの従業員の視点から分析します。

SMART Objectivesの例1

より多くのトラフィックを引き寄せる質の高いコンテンツを作成することで、1,000人から2,000人の購読者を獲得するために、今後5ヶ月間、毎月20%多くのニュースレター購読者を獲得する。

この意味で、5ヶ月間でフォロワーを増やすことを意図しており、そのためには、より多くの訪問者を惹きつける質の高いコンテンツを作ることに専念していることがわかります。

これを社員が読めば、自分が何をしなければならないのか、必要な時間内に達成すべき目標がすでにわかっているはずだ。

SMART Objectivesの例2

より多くの潜在顧客にリーチできるように広告キャンペーンを改善することで、歯ブラシの売上を今後3ヶ月間で20%増加させる。

この場合、仕事で求められているのは、すでに前の目的を達成させた技術を改善して、特定の製品の売上を特定の時間内に増加させることです。 

繰り返しになりますが、労働者がこの目的を読めば、記載された目的を達成するために必要なすべてのことを認識することができます。

リーダーのためのSMARTObjectivesの例

SMART Objectivesの例1

来年の第1四半期末までにマーケティングチームを10%拡大(従業員数100名から110名へ)し、コンテンツ制作チームが完成するまで、3ヶ月ごとに合計3名の従業員を採用する。

この例では、マーケティングチームを成長させ、来年の第1四半期末までにそれを達成したいという主旨が書かれているので、おそらくリーダー向けのSMART目標の中でも最も具体的な例の一つでしょう。

さらに、目的を達成するためのアクションプランは、指示された期間を満たすまで、一度に3人の社員を採用することであるなど、より多くの情報が強調されています。

SMART Objectivesの例2

ブランドの露出度を高め、サプライヤーネットワークを向上させるために、フォーラムを開催し、次の2年間で10件の戦略的提携を行う。

この場合、リーダーは2年間で合計10件の提携を行うことを意図しており、そのツールとしてフォーラムを開催することで、提携を望んでいる潜在的なサプライヤーのネットワークにブランドをさらすことができます。

SMART Objectivesの例3

ソーシャルメディアプランの実施と定期的なキャンペーンにより、より広いターゲットにリーチし、オンラインレピュテーションを向上させることで、Instagramにおける私のブランドのコミュニティを1年で50%増加させる(合計6,000フォロワー増)。

このケースでは、リーダー(起業家)がInstagramでフォロワーを増やそうと考え、1年という期限を設定し、言及されたツールを使ってそれを実行しようとしていることがわかります。 また、オンラインでの評価を高めながら、より高い目標に到達することを意図していると述べています。

ビジネスにおけるSMARTObjectivesの例

SMART Objectivesの例1

新製品の発売に向けて、コンテンツの配信を2倍にすることで、今後30日間でウェブサイトへのアクセス数を50%(1,000→1,500)増加させる。

訪問者数を増やすというアイデアだけでなく、そのための期間を規定し、どのような戦略をとるのか、なぜそれを行うのかを指摘しているという点で、企業のSMART目標の完璧な例となっています。

SMART Objectivesの例2

既存のお客様に当社の新製品を提供することで、今後12ヶ月間の売上を20%(20万ドルから24万ドル)増加させる。

このケースを見てもわかるように、会社は売上高を20%増加させたいと考えており、新たに達成すべき金額とそれを実現するための期間を明示しています。 高額な投資をせずに利益を確保するためには、既存の顧客層に新製品をアピールする必要がありますから、アクションプランは十分に明確です。

SMART Objectivesの例3

5つの新しいコンテンツオファーを作成することで、6ヶ月間で適格なリードの数を300から3,000に増やす。

このケースでは、組織の望みは適格なリードの数を増やすことであり、6ヶ月という期間でこれを達成することを計画していることがわかります。 そのためには、5つの新しいコンテンツ・オファーを作ることが必要です。

実現するために何をすべきかを担当者に伝えることで、ゴールへの道筋を外さないようにするのです。

ビジネスプランニングの詳細