Carlos-barraza

コーポレート・アイデンティティ|ブランドのイメージ

今回の記事では、ブランドのイメージを変えるために必要なことをご紹介します。

その上、私たちの人生にずっと影響を与えてきて、それが意図的なものだとは知らなかった例をいくつか紹介します。

Corporate identity
によって書かれています。

目次を見る

コーポレート・アイデンティティとは?

クリエイティブ・アイデンティティの定義は、企業の世界観を構成する価値観の集合体を意味します。

中でも、エンドマーケティング・アクション、さまざまな状況下での姿勢、さらには自社のイメージをどのようにして作りたいのか。また、ブランド・パーソナリティも重要です。

しかし、企業のコーポレート・アイデンティティーは、単に企業の外観だけではなく、企業にとって重要な文化的・組織的な問題にも関係していると考えなければなりません。

この概念に与えられたさまざまな名前の中に、企業のアイデンティティとも呼ばれるコーポレート・アイデンティティがあり、企業の規模やセグメントにかかわらず、企業にとって基本的な側面であるため、非常に人気があります。

アイデンティティは、従業員や顧客との関係に関連する以外にも、その企業が何者であり、どのような価値観を持っているのかを明確に表現し、他の企業との関係を築き、彼らの行動に手掛かりを与えるのに役立ちます。

だからこそ、コーポレート・アイデンティティを構成する要素は、各企業が取り組まなければならない本質的な部分と視覚的な部分が明確に混在しているのです。

これらのどれかが失敗すると、アイデンティティが疑われる瞬間が来ると言えるでしょう。

さて、企業の本質的な特徴を表すものがロゴであると考えている人が多いので、コーポレート・アイデンティティではないものについて簡単に説明します。

本当はそうではなく、これはアイデンティティの一面に過ぎず、概念の全てではありません。

ウッドテーブルの背景に置かれた、企業用の空白のステーショナリーセット。 ブランディングのモックアップ。
コーポレート・ビジネス・オフィス

なぜコーポレート・アイデンティティが重要なのか?

コーポレート・アイデンティティの重要性は、企業が市場に登場するずっと前から認識されていなければなりません。なぜならば、企業の最初の段階でコーポレート・アイデンティティを作らなければならないからです。

これは、会社が達成すべきすべてのことに直接影響を与えます。

また、コーポレート・アイデンティティの目的が次のようなものであることも考慮に入れる必要がある。

従業員やお客様の帰属意識を高める。

競合他社との違いを明確にすること。

新製品の嗜好性を高める。

サービスの最適化を図る。

好評を博している。

コーポレート・アイデンティティの価値

コーポレート・アイデンティティの価値とは、その企業が持っているギャップや欠点を補うものであり、その企業が持っているすべての美点を高める、あるいは拡大することができるようにするものである。

ここからは、その重要性を信じるようになります。

もしあなたが自分のアイデンティティを好ましいものにしたいのであれば、創造性の必要性、つまり平凡なものを他の人の目には常に非凡に映るようにする能力を考慮に入れて創造することが重要です。

このテーマでは、施設内の装飾を重視し、スペースを最大限に活用し、必要に応じて家具を更新することも重要です。

一般論としては、他とは全く違うサービスを提供するということですから。

要約すると、コーポレート・アイデンティティの重要性は、成功するための1つの方法は、競合他社との差別化を図る方法を知っていることであり、顧客、従業員、同盟者が、あなたが誰であるか、何を提供しているか、どのように提供しているかを知っていることであり、あなたが単なる集団の1つではないことを知っていることであるということです。

コーポレート・アイデンティティの例

この記事を読むにあたって、コーポレート・アイデンティティの例をいくつか挙げなければ気が済まない方もいらっしゃると思いますので、ここでは、最も人気のあるコーポレート・アイデンティティの例をご紹介します。

コカコーラ

1885年、司書のメイソン・ロビンソンが、ブランド名を入れるだけでなく、赤色と筆記体のタイポグラフィを採用したことで誕生した、おそらく歴史上最も人気のあるソフトドリンクのロゴマークです。
興味深いことに、このブランドに見られる赤い色は特許を取得しており、同じ色調を他の企業が合法的に入手できないようになっています。 これは間違いなく、企業のアイデンティティを管理するための最も強力な例の一つです。

あなたが市場で目にするものは、すべてコーポレート・アイデンティティの一部なのです。

コーポレート・アイデンティティとは何か、その重要性は何か、そして世界的に有名な事例をご紹介しましたが、ここで少し振り返ってみましょう。

ブランドについて見たり聞いたり知ったりすることは、すべてそのブランドのアイデンティティの一部です。 もちろん、彼らはあなたが認識しているような作り方をしているとは言いませんが、彼らの成功に貢献している裏方の仕事(いわば)なのです。

ビジネスプランニングの詳細