Carlos-barraza-logo-50

コミュニティ・マネージャーとは、どのような仕事ですか?

コミュニティを構築し、質の高いコンテンツで育てていくことが、コミュニティマネージャーの主な仕事です。

ソーシャルネットワークを頻繁に利用する人々の注目を集めるだけでなく、価値あるコンテンツを提供することでフォロワー数を増やすことができます。

この記事を読んで詳細を確認してください。

コミュニティ・マネージャーとは何か、その活動内容は何か
によって書かれています。

目次を見る

コミュニティ・マネージャーとは何ですか?

コミュニティ・マネージャーとは、オンライン・コミュニティの構築と管理に豊富な経験を持つ専門家のことで、ブランドのイメージをわかりやすく管理すると同時に、さまざまなインターネット・プラットフォームの中で、お客様やファンとの安定した関係を維持するためのコンテンツを提供する役割を担っています。

コミュニティ・マネージャーになるためには、独学で、またはこの分野の専門的なトレーニングのための特別なプログラムを利用して習得できるスキルとコンピテンシーが必要です。

ソーシャルネットワークが好きで、創造性、創意工夫、そして共感力があれば、ウェブ上で良好な関係を築くことができます。

モダンなオフィスで働くマネージャー

デジタルマーケティングチームにおけるコミュニティマネージャーの役割とは?

オフィスで議論する若い建築家の写真

コミュニティ・マネージャーとして、企業を代表するオンライン・コミュニティの管理・運営を担当します。その機能は、顧客、ユーザー、ファンとのコンタクトを長期的に生み出し、維持することであり、そのためには、戦略設計、プロセスおよびプロジェクト評価、迅速な危機管理、カスタマーサービス、コピーライティング、ウェブ分析、その他多くのツールに関する知識が必要です。

現在、デジタルマーケティングチームの中でコミュニティマネージャーが担っている役割は進化しており、特にソーシャルネットワークに焦点を当て、担当する企業のプラットフォームやそれぞれのプラットフォームで発信されるニュースに精通していることが求められます。

通常の機能としては、以下のようなものがあります。

消費者にとって魅力的で、ニーズに合った商品やサービスを提供するためには、競争の激しい商業市場で発生する様々なデジタル広告戦略に迅速に対応できるように準備しておかなければならないため、コミュニティマネージャーは厳しい職業です。

デジタルマーケティングマネージャーとコミュニティマネージャーの違いは何ですか?

ソーシャルメディアはオンラインマーケティングに欠かせないものなので、日々新たな専門分野が登場し、異なる役割や責任を伴いますが、それらは必ずしも明確ではなく、正確に区分されていません。

デジタル環境における製品やブランドのポジショニングを行うための戦略的・戦術的な開発の各段階には、多くの専門家が関わっています。

その一つがデジタルマーケティングマネージャーであり、その機能は製品やサービスのマーケティング戦略を開発し、監督することです。

つまり、デジタルマーケティングキャンペーンが最初から最後までスムーズに行われるように、お客様との接点となるチームをリードする役割を担っているのです。

しかし、コミュニティ・マネージャーは、デジタル・コミュニティの管理者でもありますので、似たような職業ではありますが、その機能や責任は異なり、その違いは、次のような側面に基づいた、視聴者の前での行動の役割にあります。

つまり、デジタルマーケティング担当者は、コンテンツの作成とプログラム、戦略の確立とその結果の分析を行い、コミュニティマネージャーは、ブランドアンバサダーとして、提供する製品やサービスに興味を持ってもらうために、潜在的な顧客との対話を行います。

両者は、コンテンツ戦略においても、ユーザーの悩みに応えるためにも、しばしば協力し合っています。 例えば、デジタルマーケティングマネージャーのビジョンは、コミュニティマネージャーがどのようなコンテンツを作ることができるかを知るために非常に役立つと述べることは有効です。

この2つの職業の決定的な違いは、公衆の前での役割です。 一方はブランドを代表してコミュニティ内でプロモーションを行い、もう一方は一般ユーザーとして視聴者の参加を促し、企業のマーケティングキャンペーンをサポートします。

コミュニティ・マネージャーの目的が広範で長期的なものであるのに対し、デジタル・マーケティング・マネージャーの目的は具体的で、売上やコンバージョンに焦点を当て、短期間で結果を測定できるような努力をすることです。

ソーシャルメディアの詳細