Best 2 Text to Speech Online Software Tools.

によって書かれています。

カルロスの意見-。
Text to Speechのオンラインソフトウェアツール。

最近では、ウェブサイト内に別のコンテンツフォーマットを生成するために、Text to Speechオンラインソフトウェアツールを使用するウェブサイトが増えています。

Text to Speechオンラインソフトウェアツールは、アニメーションビデオ、オーディオブック、オーディオブログ記事など、さまざまなコンテンツを作成するのに非常に便利です。

アニメーションを制作する際に、声を出すのが恥ずかしい、人工知能による音声合成を使ったほうが安上がりだ、という人がいることは理解できます。

一昔前の問題は、音声合成のオンラインツールが非常にロボットのように聞こえることでした。

しかし、技術の進歩に伴い、音声合成のオンラインツールの聞こえ方にも改良が加えられました。

試しにいろいろなアニメーションを開発してみたいと思っていたプロジェクトのひとつが、音声合成の利用でした。

いくつかのフリーの音声合成オンラインソフトウェアツールを見つけましたが、実際にはかなりひどい音です。

研究を続けていくうちに、音声合成のためのGoogle Cloud PlatformAWSのサービスを知りました。

どちらのツールも、より高度な技術知識が必要だったということです。 私はプログラマーではないので、どのように動くのかを理解するのに時間がかかりました。

それで結局、Speecheloを見つけました。 また、AWSで構築された音声合成のオンラインツールです。

スピーシーロの声を聞きながら、私は驚きました。

これはオンラインツールで、簡単に使用でき、声自体も人間的に聞こえるので、お勧めです。

また、ビデオやオーディオブック、Wordpressなどに使える音声合成用のオンラインソフトウェアツールも紹介します。

CyberBukitでは、AWSのText-to-Speechを使って独自のSaaSを構築することもできます。 もちろん、Text-to-Speechのオンラインビジネスを始めたい方にも参考になるでしょう。

また、SpeakerとVoicerがありますが、どちらも同じ作者のMerkuloveさんが作ったもので、Google Wavenetを使用しています。

SpeakerはCodeCanyonから、VoicerはEnvato Elementsから入手することができますが、今回はEnvato Elementsのサブスクリプションでより多くのリソースを入手することができるので、Envato Elementsを選択します。

大きな力には大きな責任が伴うことを忘れないでください。 映像や画像におけるAIの先進性を目の当たりにすると、これらのツールはより良い世界のために使われなければならない。

音声合成とは?

音声合成という言葉を耳にしたことがあり、音声合成とは何かを知りたいと思っている方のために、正しい記事をお届けします。 この技術の細部を私たちと一緒に発見してください。

そのほか、Googleの音声合成やAmazon Pollyなど、現在進行形で拡大しているテクノロジーを紹介します。

TTSとも呼ばれる音声合成技術とは、デジタルテキストを読み上げる人工技術のことです。

そのため、”Read aloud technology “と呼ばれています。

ボタンをクリックしたり、指で触れたりするだけで、コンピューターやその他のデジタル機器に入力された言葉が音声に変換されることを前提としています。

書き込まれた言語に関わらず、です。

TTSは、文字を読むことが困難な子供や大人に特に有効です。

しかし、それは、書くこと、編集すること、そして正しく使えば、子供たちの注意を引くことなど、他の面でも有利なツールであることが証明されています。

音声読み上げツールの種類

音声合成ツールの種類は、使用されているデバイスと密接に関係しており、今日では、必要とする人にあらゆる意味での機会を与えるために、様々な空間をカバーしようとする多くの異なるTTSがすでに存在しています。

統合されたテキスト読み上げ機能

現在、音声合成を搭載している機器は数多くありますが、その中でもデスクトップPC、ノートPC、レンジを問わないスマートフォン、デジタルタブレット、さらにはGoogle Chromeなどのブラウザが音声合成を搭載し始めていることはすぐにわかります。

統合型TTSのメリットは何かというと、何かの障害で流暢に読めない人でも、好きなコンテンツを楽しむために、アプリや専用ソフトを購入する必要がないということです。

これは、金銭的な節約と、より大きな包容力を意味します。

オンラインツールです。

このツールを搭載しているサイトもあります。 通常、その人の好みに応じてオン/オフを切り替えることができ、その選択肢は常に画面の横にあります。

クリックすると、ページ上の各要素を読み取ることができるようにします。

ディスレクシアの人たちのために、無料の会員になって好きな本を読んでもらうことができる、エンターテイメント性の高いサイトもあります。

このようなサイトを探すことが大切です。

音声読み上げアプリ。

スマートフォンをお持ちの方なら、音声合成アプリはいつでも手に入ります。

これらのアプリケーションは、カラーテキストハイライトやOCRなどの特別な機能を備えていることが多い。

代表的なものとしては、「Claro ScanPen」「Office Lens」「Voice Dream Reader」などがあります。

お使いの端末のアプリストアからダウンロードしてお試しいただけます。

これは、ユーザーの皆様のご意見に大きく左右されますので、私たちはベストのランキングを決める権利を留保します。

Chrome Toolsです。

その中でも、プラットフォームとしてのChromeの新しさには目を見張るものがあります。

しかし現在では、Google Chromeを志向したRead&WriteやSnap&Read Universalなど、さまざまなTTS機能をすでに備えています。

これらのツールは、正しい使い方をすれば非常に便利なものです。

Chromebookをはじめ、Chromeブラウザがインストールされているコンピュータであれば、誰でも簡単に利用することができます。

また、気をつけていただきたいのは、読書に役立つプラットフォームのツールはこれらだけではないということです。

その気になれば、もっとたくさんの発見があるはずです。

音声読み上げソフト。

このカテゴリーには、読み書きツールの中でも、デスクトップPCやラップトップPC用のリテラシープログラムがまさに含まれています。

中でも人気があるのは、Microsoft Immersive Readerというツールで、その中にはOneNoteやWordなどのプログラムが入っています。

他にもたくさんあるので、このままではリストが無限大になってしまいます。

掘り下げていくうちに、少しずつ発見できる。

音声合成はどこでどのように行われるのでしょうか?

まず、パソコン、スマートフォン、タブレットを問わず、すべてのパーソナルデジタルデバイスに音声合成の機能が拡張されていることです。

ウェブ上のテキストファイルも含め、あらゆるテキストファイルを読み上げることができます。

TTSから聞こえてくる音声はコンピュータで作られたもので、読み上げ速度はユーザーの好みに応じて遅くしたり速くしたりすることができる。

同様に、声の質も変えることができますが、中には非常に人間的に聞こえるものもあります。

ツールによっては、読み上げられている言葉にも下線が引かれるので、聞いているかどうかに関わらず、文章に集中することができます。

TTSツールのもう一つの共通点は、OCR(光学式文字認識)を備えていることです。

これにより、画像内のテキストを読み上げることができるのです。

どういうことかというと、ある写真の中に、一般的な道路標識があるとします。

OCRを搭載したツールであれば、画像で表示された看板の文字が、他のコンテンツと同様に読み上げられます。

Google Wavenetとは?

Google製品(Googleアシスタント、検索、マップなど)に注目してみると、自然な音を再現できる高品質な音声合成機能が搭載されていることがわかります。

Google WaveNet」とは、2014年にGoogleが買収したDeepmind社が開発したニューラルネットワークのことで、他の技術のようにすでに録音された断片を連結するのではなく、音波を直接変調することが認められています。

WaveNetが初公開された当時は、音声サンプルの数が多く、多くの声の特徴を学習できていることがわかりました。

男性、女性を問わず、例えば

これは、どんな言語でも動作するように訓練できるニューラルネットワークです。

また、音楽を生成することもできると結論づけられており、音声合成の技術革新としては大きなステップとなっています。

もちろん、それはGoogleに期待していることでもあります。

その結果、WaveNetを利用するユーザーは、あらゆるコンテンツを読み上げることができる合成音声でありながら、私たちが日常的に慣れ親しんでいる人間の声を正確に再現することができるようになります。

実際、使っている人の心を揺さぶったのは、音声だけではなく、音声も生成されるという点です。

他にも、呼吸や、言葉を発するときの動きなど、細かいところまで気を配っています。

Wavenetは、プログラマーではない人にも簡単なインターフェースを提供することができます。

Googleの音声合成ソフト「WaveNet」は、Googleクラウドサービスに追加のプログラミングが必要なため、残念ながら一般ユーザーには使いにくいものとなっています。

このように複雑なシステムなので、すべての言語で設定できるようにするには時間がかかります。

言語に限って言えば、Wavenetは音声に問題はありませんが、改善を続けています。

信じられないかもしれませんが、最も最近リリースされ、最も期待されていたものの一つがスペイン語モードで、2020年半ばに日の目を見て、Googleが人工知能製品を世界に広めようとする意図を世界に伝えました。

今後も新しいWaveNetの音声が続々と登場し、英語以外の言語の会話エージェントを充実させていくことが期待されています。

このシステムが他の改良された言語に適用されるまでにどのくらいの時間がかかるかは、まだ明らかにされていません。

日、週、月、そして年を経るごとに、標準的なTTSモダリティである合成女声の使用は、コンテンツに馴染みやすい声に置き換えられていきます。

Amazon Pollyとは?

Amazon Pollyは、テキストをリアルな音声に変換するクラウドサービスと定義できます。

参加者の増加やアクセシビリティの向上を目的としたアプリケーションの開発に利用することができます。

このAmazonサービスのポートフォリオには、様々な言語と幅広いリアルな声が用意されており、これらを使って作成したアプリケーションを様々な場所で使用し、プロジェクトに最適な声を適応させることができます。

Amazon Pollyに依頼することになった場合、合成されたテキストに対してのみ料金が発生します。

また、このツールで生成されたスピーチをキャッシュして、追加コストなしで再現することも可能です。

GoogleのWaveNetに似ていますが、この場合はAmazon Pollyのニューラル音声合成(NTTS)の音声も含まれており、読み上げられる音声の品質が画期的に向上します。

このAmazonのサービスは、モバイルアプリケーション、ニュースリーダー、eラーニングリソースプラットフォーム、ゲーム、障害者のためのアクセシビリティアプリケーションなど、この種のツールを必要とするあらゆるものに利用できるため、ますます多くの場所で利用されるようになっています。

Amazon Pollyを利用するメリット

高品質なシステムです。 ニューラルTTSとスタンダードTTSの両技術により、頭字語の展開や略語、日時の解釈などに関わらず、自然な音声を合成し、正確な発音を実現しています。

低レイテンシーが特徴です。 このサービスでは、迅速な対応が保証されています。 そのため、ダイアログシステムのように低遅延での使用が求められる場合には、最も有効な選択肢の一つとなります。

音声や言語に幅広く対応。 数十種類の言語に対応しており、本物の男性・女性の声が収録されています。 イギリス英語では3つの声、アメリカ英語では8つの声を選択しなければならず、ストップと言うのは、ニューラル・ボイス・ネットワークの登場により、今後も増え続けることが予想される数字です。

コストパフォーマンスに優れています。 Amazon Pollyの従量制モデルでは、セットアップコストがかかりません。 最初は少ないリソースでスタートし、アプリケーションも限界を超え始めたらリソースを増やしていくことができます。

音声合成と、オンライン上のあらゆるものをよりアクセスしやすく、誰もが楽しめるようにしてくれるこれらの2つのリファレンスについて、少しは理解していただけたでしょうか。

今回は、音声合成のオンラインプロジェクトに役立つ4つのオンラインツールをご紹介します。

AWS PollyとGoogle Wavenetをベースにした最高の音声合成オンラインソフトウェアです。

1.スピークロ。

当社のText to Speechソフトウェアは、ユーザーとAmazon、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、IBMなどのマルチクラウドプロバイダーとの橋渡しをします。

当社のText to Speech Softwareサイトでは、60以上の言語と600以上のアクセントから自由に選択することができます。

また、人間の男女の声に近づきつつある人工知能の声である「ニューラルボイス」を選択できるのも利点です。

1.スピークロ。

Speecheloは、私がこれまでに見つけた中で最も優れた音声合成オンラインソフトウェアです。 

Speecheloでは、必要とされるさまざまな声を実現するために、複数のキャンペーンを行うことができます。

Speecheloから得られる音声は非常に人間らしいもので、これは自然な声による最も近い音声合成です。

Speecheloは主にAWS上で動作しています。

Speecheloの簡単なレビューとして、それは実際に非常に便利な音声合成ソフトウェアであり、一括払いプランの場合は無制限に使用することができます。

ここでは、スペイシーロで見られる声の一例をご紹介します。 

2. CyberBukit.

CyberBukitは、CodeCanyonで購入できるスクリプトで、音声合成ソフトをサービスとして運営することができます。

このツールをテストして、音声合成ツールがどのように機能するのか、オンラインSaaSビジネスを始めるためのヒントを得ることができます。

Google WaiveNetとAmazon Pollyを使用して動作します。

自分自身で使用する場合は通常のライセンスを購入し、SaaSを構築する場合はエクステンダー・ライセンスを購入する必要があります。

また、WavenetとPollyの使用料も支払わなければならないことも考慮に入れてください。

3.スピーカーです。

Speaker Text-to-Speech WordPressプラグインは、あなたのコンテンツをオーディオに変換するのに役立ちます。

本ツールはGoogle Wavenetを使用しています。

また、バッチ処理により、オーディオをより速く作成することができます。

Elementorに対応しています。

最終更新日は2020年9月です。

4. Voicer.

Voicerは別のテキスト-トゥ-スピーチWordpressのプラグインです, それはまた、オーディオにテキストを変換するのに役立つだろう.

このプラグインでは、Wordpressに設定するために、Google Wavenet APIキーが必要になります。

上記の中で、最も使いやすかったのは「Speechelo」で、一回限りの料金なので、設定についてはあまり気にする必要がありません。

最高のマルチクラウド音声合成オンラインソフトウェア

1.スピークロ。

当社のText to Speechソフトウェアは、ユーザーとAmazon、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、IBMなどのマルチクラウドプロバイダーとの橋渡しをします。 

当社のText to Speech Softwareサイトでは、60以上の言語と600以上のアクセントから自由に選択することができます。

また、人間の男女の声に近づきつつある人工知能の声である「ニューラルボイス」を選択できるのも利点です。

BestText to Speech Online SoftwareVideo.

コンテンツマーケティングの詳細はこちら