Elementorレビュー2021|最高のWordPressウェブサイトビルダー

によって書かれています。
読みたくない?
記事を読む

カルロスの意見-。
Elementorのレビューです。

Elementorは、Wordpressのページビルダーを語る上で欠かせないプラグインとなりました。

Elementorはインストールが簡単で、使い方もとても簡単です。

私はElementorを3年以上使っていますが、Wordpressのテーマを使うよりもはるかに優れていると言えます。

私がWordpressでウェブサイトを構築する際に直面した問題の一つは、ThemeforestでWordpressテーマを購入し、そこからWordpressウェブサイトを構築していたことでした。

私は本物のプログラマーではありませんし、HTML、CSS、Javascriptsなどの知識もありませんので、Wordpressテーマの改造は私にとって複雑に思えます。

もちろん、ITのスキルはあまり必要ないかもしれませんが、最初は複雑でした。

Elementorを知るにつれ、私のウェブサイト構築の方法が変わりました。

elementorを使えば、数分でホームページを構築することができます。

また、プラグインのEnvato Elementsと組み合わせれば、より簡単に作業ができます。

Elementorの良い点は、複数のWordpressプラグインと互換性があることですが、複数のプラグインを使用することでウェブサイトがクラッシュすることもあります。

そうしないと、最終的にはプラグインを無効にしたり有効にしたりしなければならなくなりますが、その間に問題が生じる可能性もあります。

さらに、ページビルダーはウェブサイトに余分なコードを追加することが知られているため、遅いウェブサイトになるかもしれませんが、それでも読み込み時間は1.5秒以下です。

このElementorレビューでは、Elementorとは何か、Elementorの利点と欠点は何か、そしてElementorとDiviを比較した場合でも、ElementorがWordpressのページビルダーとして最も優れている理由について詳しく説明します。

ElementorがあなたのWordpressウェブサイトのためのプラグインであることを確信するために、読み続けてください。

エレメンターとは

Elementorといえば、WordPressのビジュアルビルダーのカテゴリーに入るプラグインを指しています。 無料版とPRO(有料)がありますが、あなたのサイトを預けようと思えば、誰でもアクセスできます。

このプラグインは、ユーザーがリアルタイムで段階的にサイトを構築できる機能を備えていることから、その名が付けられました。 技術的には、最初は真っ白なページに沿って、ブロック(ウィジェット)をドラッグ&ドロップしていくことが基本です。

Webサイトのデザインやプログラミングの経験がなくても、思い描いた通りのWebページを作ることができるWordPressプラグインの一つです。

Elementor WordPressの主な利点は、ユーザーに最適なプロセスを提供することで、記録的な速さでサイトの構造を完成させ、時間の大部分を質の高いコンテンツの作成に集中させることができる点です。

Elementorの機能。

このプラグインの特徴を理解するために、Elementorの主な機能をいくつか紹介します。

その結果をリアルタイムで見ることができます。 このプラグインを使えば、何が問題で何が問題でないかが即座にわかり、それを変更することができます。

カスタマイズが可能です。 つまり、多数のウィジェットが用意されており、それらを自由に設定して、必要なページの隅々まで配信することができるのです。

多数のテンプレートに対応しています。 これは、他の多くのビジュアルビルダーが動作するためには、独自のテンプレートを購入する必要があるという考えを得れば、非常に大きなメリットです。 互換性が高いので、そのようなことはありません。

テンプレートのインポート、エクスポートが可能です。 テンプレートをインポート・エクスポートすることで、複数のプロジェクトでテンプレートを使用することができます。

独自のテンプレートを作成することができます。 つまり、自分のアイデアに合ったものがなければ、自由に作ることができるのです。 また、何度でも使用できるように保存する機能もあります。

Elementorと他のPageBuilderの違いは何ですか?

WordPressのビジュアルレイアウトに関しては、少なくともこの製品と同じくらいの性能を約束するものがいくつかあることは周知の通りです。

しかし、Elementorには、選択する際に有利になるような小さなディテールがあります。

例えば、すでに完全に好転していて、二度とこのプラグインを使いたくないと思ったとします。

アンインストールするだけで逃れられる。

この場合、ページのソースコード中にショートコードが散らばっていることはありません。

テーマを変更したい場合も同様です。

ビジュアルビルダーの多くは、ショートコードをインストールしています。ショートコードは、表示されるべきブロックとその外観を知るために、ビジュアルビルダーが「読む」ために必要なものです。

また、ほとんどの処理で不要なリソースを大量に消費しています。

Elementorの仕組みは、絶対にこの方法ではありません。

これにより、アンインストールやテーマ変更を思い立ったその日に、手動でソースコードを確認して、ショートコードを手動で削除する必要がなくなるという意味で、役立つだけではありません。

また、サイトの読み込み時間も短縮されます。

Elementorの仕組みについて教えてください。

WordPressにおけるElementorの基本的な動作は、さまざまなポイントに分けることができます。

このセクションでは、ウェブサイトの構築をこれまでよりもずっとシンプルにするために設計された、それぞれの詳細について説明します。

Elementorのインストール。

プラグインを使用するための最初のステップは、ダウンロード、インストール、アクティベーションです。

WordPressの公式リポジトリに無料で掲載されています。

PRO版に対応するためには、ベースとして無料版をインストールしている必要があります。

Elementorの無料版とPRO版の違いは何かというと、主に後者には一定のコストがかかるということです。

しかし、PROユーザーになると、ウェブサイトの構築に多様性をもたらし、プロセスをシンプルにするための多くの追加オプションが用意されています。

Elementorに対応したテーマをインストールします。

前述の通り、このビジュアルビルダーは大多数のWordPressテーマに対応しているのが幸いです。

ただし、使用しているテーマにフルワイドのテンプレートが定義されているかどうかを確認する必要があります。

そうでない場合は、プラグインの制作者が開発したTwentySexteenテンプレートを使用したり、Elementor用のEnvato Elementsプラグインをインストールして、使用しているテーマに必要なテンプレートを追加したりするなど、さまざまな解決策があります。

Hello WordPress Themeは、Elementor PROに含まれるテーマです。

Elementorの機能を追加。

Elementorのウィジェットの大半は、無料版で見つけることができるので、問題なく使用することができます。

しかし、無料で利用するためにはPROバージョンが必要となるものも多くあります。

いずれにしても、オープンソースのプラグインであることの大きなメリットは、開発者モードでアドオンを作成できることです。

つまり、デフォルトではプラグインがカバーしていないニーズを満たす役割を果たす拡張機能です。

ElementorでWordpressサイトを作る。

ここまで来たら、Elementorで新しいページを作る作業に移りましょう。

基本的には、「ページ」から「新規追加」をクリックするだけの簡単な作業です。

上記の指示に従うと、「Edit with Elementor」アクションを呼び出すボタンが表示されることに気づくでしょう。

クリックして旅を始める前に、サイドバーにある属性ボックスから、テンプレートタイプを「全角」に変更する必要があります。

このステップを無視してしまうと、プラグインが全く動作しなくなってしまうからです。

つまり、ページタイプの選択、保存、編集開始(の順)に戻る必要があるのです。

Elementorを使うタイミングは

Elementorとは何か、その特徴、基本的な操作方法がわかったところで、いつElementorを使うのか、どこで使わないのかを定義することができます。

最高だからといって、見栄えを良くするためだけに、むやみにプラグインを悪用することはありません。

これは、ランディングページ、ホーム、コンタクトページ、「私が誰であるか」を示すことを目的としたページなど、これらの特徴に当てはまる場合に、多くの利益を得ることができるビジュアルレイアウトです。 これが限界点だと言いたいわけではありません。

しかし、投稿やカスタムポストタイプなどの場合は、このプラグインを使う意味があまりありません。 これは、ダイナミックコンテンツの投稿であるため、それぞれに書いている文章によって変化する傾向があるからです。

Elementorの主な利点の一つは、サイト構築のプロセスをはるかに高速化できることだとわかっています。

しかし、1つ1つのエントリーを並べていくと、気がつくと時間がかかってしまうほど長くなってしまいます。

Elementorの 価格設定。

おそらく、あなたがこれまでに読んだもので、このプラグインはウェブサイトの構築に来るとき、本当に非常に良いオプションであることを理解している。

最も手頃な価格の一つであることは言うまでもありません。

これは、特に大きな予算を持たないプロジェクトにとっては、重要なことですが、Elementorは本当に経済的なソリューションとして提示されており、同じように認知される可能性のある主要な競合他社よりも先に、効果的であるということです。

プロジェクトのニーズがそれほど高くない場合には、PRO版と同じように使える完全な無料版があることはすでにご存知のとおりです。

しかし、この延長線上にあるツールにお金が必要になったとしても、それはあなたのポケットから出ていく費用ではありません。

Elementorの価格は、どれくらい使用するか、またどれくらいの数のウェブサイトに使用するかによって異なります。

その内容は以下の通りです。

エレメンター
無料

$ 0 年間
  • 無制限のサイト

Elementor Essential

$ 49 年間
  • 1 サイト

エレメンター
アドバンスド

$ 99 年間
  • 3つのサイト

エレメンター
エキスパート

$ 199 年間
  • 25サイト

エレメンター
アドバンスド

$ 499 年間
  • 100サイト

エレメンター
エージェンシー

$ 999 年間
  • 1000サイト

これらのことから、ユーザーはプラグインをどのように使用するかを決定し、自分のサイトに最も適したプランを選択することができます。

まずはパーソナルプランから始めてみてはいかがでしょうか。 あなたが成長し、他のサイトを作りたいと思えば、変更することができます。

1000サイトを構築する機会を得るためにお金を払う必要がなければ、誰もが本当に必要としていません。

あなたもElementorを試してみませんか?

Webサイトを構築するのは難しいと思われるかもしれませんが、これから一歩を踏み出す方、WordPressにサイトを任せることにした方など、上級者の方にも同等の効果が得られるように設計されているプラグインです。

WordPressのプラグイン「Elementor」を使えば、プログラミングのプロでなくても、思い描いていたウェブサイトを作ることができます。

だから、自分で意欲的にプロジェクトを進めたいときには、決して悪いことではないと思います。

サイトに表示させたいコンテンツブロックをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

このプラグインのおかげで、ページの作成には数分しかかかりません。これは他のレイアウトデザイナーには言えないことです。

また、このようなシンプルなプロセスで多くのユーザーに支持されているからといって、ウェブサイトが次々と似たようなものになるわけではありません。

多くのカスタマイズオプションが存在するおかげで、あなたが望むようなユニークなウェブサイトを作ることができるのです。

万が一、すぐにお金を払いたくない場合は、このプラグインがあなたのために何ができるかのテストとして、無料版を利用してください。

その結果、「買った甲斐があった」と思っていただけると思います。

WordPress Blogの詳細はこちら。