起業家になる理由

によって書かれています。

メキシコでは、新しいビジネスの創出がさまざまな利益を生み出すため、公的機関や民間企業など、さまざまな機関が起業を後押ししています。 富の創造のためだけでなく、ビジネスを始めることは、問題やニーズを解決するための手段でもあります。 しかし、外部のエージェントから与えられる衝動よりも、それも重要であり、プロセスを促進するものであるが、起業家を動機付ける理由は、その人を行動させるものである。 この記事では、将来の起業家の主な原動力となると思われる、起業する理由を紹介します。

1.ファミリー

私が知っている中小企業や大企業の多くは、創業者が家族の生活費を確保するために始めたものです。 収入源を見つけなければならないという必要性と緊急性から、さまざまな起業家がビジネスを作るためのあらゆる選択肢を探すことになる。 時間、努力、そして仕事によって、これらの起業家たちは、求めているニーズを満たすだけでなく、他の重要な側面も達成するような、さまざまなタイプの組織を構築してきたのです。
ある人は、どんな形であれ、家族が強いモチベーションになります。 家族は、個人が最初に所属する集団です。 個人主義や集団主義の傾向がある社会もありますが、本人が仲良くしてもしなくても、家族は必ず存在します。 起業家にとって家族が重要な要素であるならば、彼らの中に問題解決のための大きなモチベーションを見出すことができるでしょう。

2.ライフスタイル

起業家になるもう一つの理由は、今までとは違うライフスタイルを追求することかもしれません。 ここでは、ライフスタイルのカテゴリーに分けることができます。 ライフスタイルとは、より多くの時間を自分のために使いたいと思うこと、社会的地位、金額、ビジネスを取り巻く環境や実行される活動などが考えられます。 常に旅をしていたいと思っている人は多いのではないでしょうか。 私の友人であるDror Liebenthal氏のように、彼は記事の中で、フルタイムで働きながら旅を続けていることを語っています。 また、現在の仕事が好きではなく、自分のボスになるためにビジネスを始めようと決めた人もいるでしょう。

いいえ、ビジネスを始めるのは簡単ではありません。 ある人にとっては、その機会は他の人よりも実行可能なものかもしれません。 しかし、自分が置かれている現状を変えたいと思うのであれば、その人が望むものを手に入れることができるビジネスを展開しようとするのは、十分な動機付けになるかもしれません。

3.地域社会への貢献

最後に、市場のニーズを簡単に察知できる起業家がいます。 自分たちのコミュニティを知り、何が自分たちに影響を与えているのか、何が改善されるのかを知ることで、自分たちが何を提供できるのかを知る機会が得られます。 伝統的なアントレプレナーシップであれ、社会的アントレプレナーシップであれ、アントレプレナーはその問題や社会的ニーズに対する答えを見つけることができるという知識をモチベーションにしています。

自分のプロジェクトが市場の真のニーズを解決していると確信し、そのプロジェクトに惚れ込む起業家がいます。 そして、たとえ困難な場面に遭遇したとしても、起業家は目的を継続するために障害を飛び越える知性を持たなければなりません。